最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

彼女の浮気発覚。そして突然訪れた別れ。

彼女の浮気が発覚

 

「私、おととい同僚たちと5Pしてきたの」

 

いつもの彼女とのデートの食事中、

彼女から突然の告白。

 

血の気が引いてく。

目の前の彼女が段々と視界から消えていく。

人生で初めて気を失いそう。という感覚を味わった。

 

元々は些細な喧嘩から始まったこの彼女の告白。

僕たちにとって、付き合って初めての喧嘩だった。 

 

そして、この告白の後、

僕らは別れることになった。

 

だけど、僕は諦めない。

初めてできた、人生で一番愛した彼女ともう一度幸せな時間を取り戻してみせる。

 

だから彼女と再び恋人になれる、その時まで、

彼女にもう一度振り向いてもらえる良い男になるための日記としてこのブログを始める。

 

 

 

彼女との出会い

 

4ヶ月前、

僕らはマッチングアプリで出会った。

数週間に渡るメッセージを重ね、実際に会うことになった日。

待ち合わせの駅で彼女を見た瞬間、

すぐに僕は一目惚れした。

 

出会って最初は何より彼女の見た目が好きだった。

我ながら街を歩けば振り返るほどの美人だ。

 

そして数回のデートを重ね、

僕らは付き合うことになった。

 

付き合ってからは本当に楽しかった。

25年間生きてきた人生の中で間違いなくもっとも幸せな時間だった。

 

 

付き合って2ヶ月目には、

お互い7連休を取得し、バリ旅行に行ってきた。

 

もう、彼女と結婚するつもりだと思っていたし、

何より自分が彼女を幸せにするつもりだった。

人生で初めて、自分の命を投げ捨ててでも幸せにしたいと思える人だった。

 

 

しかし、その楽しかった日々も今日で終わり。

僕は彼女の衝撃の告白と共にフラれた。

 

事の始まりは付き合って初めての些細な喧嘩だった。

 

 

付き合って4ヶ月目にして彼女と初めての喧嘩からの突然の別れ

彼女との別れの日となったとある土曜日。

この日は彼女といつものように池袋デートに行くはずだった。

 

朝のおはようLINEから始まり、

いつものようにメッセージを続けていた。

 

しかし、どうも彼女の返信が遅い。

メッセージ1行返すのに、毎回30分以上かかり、

結局7時半に起床しメッセージ始めたのに、会ったのは14時。

 

そして待ち合わせのレストラン。

僕のイライラは最高潮。

会うや否や思わず彼女に強く当たってしまった。

 

「何であんなに返信するのに時間かかるの?

 会いたくないなら、無理して会う必要ないよ?」

 

そして彼女から一言

「私たちもう無理だよ。S君重すぎる」

 

予想外だった。

まさかこの一言で今までの楽しかった毎日が終わるとは。

 

今日までどれほど、

あの時彼女に強く当たらなければ良かった。。。

と後悔したことか。

 

そして、そそくさと席を立ち去る彼女。

ついさっきまでの僕の怒りも冷め、

思わず彼女の後を追う。

 

何とか次の店に入るよう彼女を説得し、

話し合いの場を設けた。

 

2件目の店には来たものの、 

放心状態で無言の僕と、完全に吹っ切れた表情の彼女。

必死に彼女を引き止めようと思いつく限りの言葉で色々話していたが、

今となってはその時の記憶が全くない。

我ながら余程、動揺していたのだと思う。 

 

 

そして、彼女から衝撃の告白。。。

 

 

私、一昨日同僚と一晩過ごしたの。

 

 

あー。もうここからの話は思い出したくもない。

あれから彼女のことを思い出す度に涙が止まらない。

そしてこの記事を書いている今も目から大粒の涙がボロボロ落ちている。

 

 

簡単に言うと、

・会社の男性同僚4人が飲んでいた。

・仕事帰りの彼女にちょうどよく同僚達からLINEが来てそのまま5人で飲むことに。

・飲んだ勢いでその中の一人とじゃれあっていた。

・じゃれあううちに彼と良い感じの雰囲気に。

・そのまま5人で一夜を共に。

だと

 

もういま思い出しても血の気が引いてくる。

 

 

結局、そのまま彼女と僕の恋人関係は終わることに。

しかし、僕の必死の説得で何とか友人関係は続けることに。

僕はたとえ浮気されたとしても、

 彼女と付き合い続けたかった。

しかし、彼女がもう僕と付き合うことは無理だと。

 

 

僕は今でも彼女が大好きだ。

今まで会った女性の中ではもちろん、

これからの人生で会う女性の中でも、

彼女ほど素晴らしい人にはもう会えないと確信している。

 

だから、彼女がどんな仕打ちを僕にしようと、

もう一度振り向いてもらうまで諦めない。

ずっと彼女と一緒にいたい 。

 

 

そして、今日から僕は変わる。

彼女が僕を捨てたことを後悔するように。

もう二度と僕以外の男には見向きもしないように。

 

誰にも負けない男になる。

そのためのモチベーション維持と努力の記録をこのブログで発信していこうと思う。