最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

良い男になるために。金と恋愛

突然彼女に振られたことから始まった、

自分改造計画。

 

一言で言うと、

良い男になりたい。

そして、良い男とは何か?

今の自分に足りないものは何か?

必死に考えた結果。

 

・金

・恋愛に対する正しい知識

 

この2つがあれば彼女をもう一度振り向かせられると考えた。

 

 

金持ち=モテる?

愛する人さえいれば、たとえ貧乏でも幸せ。

確かに彼女と付き合っていた時は僕もそう思っていた。

 

しかし、やはり金はあるに越したことはない。

 

言葉は悪い。

 

しかし、狙った好きな女性を手に入れる時、

少しでも自分の印象を良くするためには、

金はやはり大きな武器となる。

 

 

物理的な安定=経済力

 

 

何よりも分かりやすい、

男の価値を測る上での指標であると思う。

 

しかしこの悔しい気持ちをバネに、

ガツガツ金を稼ごうと決意したものの、

特に高給取りでもない、普通の会社員である自分にとって、

突然、収入を上げることは不可能だ。

 

よって、

副業で1年後に月収50万円を手に入れる

これが第一の目標。

 

1年後、月収50万円に達したらもう一度彼女にアタックする。

 

現在の会社員収入の2倍。

彼女と二人で十分に暮らせる額だ。

 

 

よって何の知識もない僕が、

手探り状態で、金儲けの方法を探していき、

徐々に収入を作っていく過程をブログで報告していきたいと思う。

 

1年後、月収50万円を達成できた暁には、 

いまの会社を辞め、

物理的な余裕を手に入れて彼女を迎えに行く。

 

僕の大好きな映画、『ウルフ・オブ・ウォールストリート

僕と同じ26歳で年収49億円を作り上げたジョーダン・ベルフォートのセリフから。

 

「貧乏は美しいものなんかじゃないぞ。

俺にも金のある時期とない時期があったが、

金はあった方が良いに決まっている。

 

 

俺を軽薄だとか俗物だとか思う奴がいるなら、

さっさとうちを辞めてマクドナルドで働け。

お前はうちにはふさわしくない。

 

だがこの素晴らしい会社を去る前に、

隣にいる奴の顔をよく見といてくれ。

 

これからそう遠くない将来、

おんぼろ車で赤信号に止まった君の隣に、

その顔を見ることがあるかもしれないぞ。

新型のポルシェに乗って。

助手席に座ってる妻はエロい巨乳の美人だ。

一方君の隣にいるのはヌーみたいな化け物だ。

ムダ毛の手入れもせず髭を生やして、

袖なしのムームーを着てる女。

車の中は業務用スーパーで買った食べ物でぎゅーぎゅーだ。

 

それが君の将来だぞ。

それが嫌なら俺の話を聞け。

 

カードの支払いが溜まっているって?

大家に部屋を追い出されそうだと?

恋人からどうにもならないクズだとバカにされている?

悩みなんか全部解決できる!

リッチになれば!」

 

 

 恋愛に対する正しい知識

前述した金=物理的な安定だとすると、

他に何が必要か?

 

やはりどんなに金を持っていようと、

人間的に欠点がある男がモテることは難しい。

 

よって、

彼女を精神的に安定させる力を身に付けたい。

 

具体的には、

たくさんの恋愛論、恋愛学について書かれたサイト、本を読み、

実践してみる。

 

僕にとってほぼ始めて付き合った、いまの彼女。 

女性経験も乏しい僕にとって、

恋人関係は手探りの毎日だった。

 

もちろん、長い時間一緒にいると、

会話が続かず気まずい沈黙が起きたりすることもしょっちゅうだった。

 

だから、人付き合い、コミュ力、話術、振舞い、

など一から女性との付き合い方を勉強する。

目指すは、誰もが羨むモテ男。

 

しかし、 めでたくモテ男になれたとして、

万人にモテる必要はない。

ただ彼女が一人だけが振り向いてくれれば、それで良い。

 

 

 

まとめ「良い男の条件」

 

・物理的な安定

・精神的な安定

 

を誰よりも彼女に与えることが出来る男。

 

 

今日が始まりの日。

1年後、良い男に生まれ変わり、必ず彼女を迎えに行く。