最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

同じ夢見てた大学の知り合いがいつの間にか手の届かない次元に行っていた

今年自分は就職2年目、

一旦、世間でいうレールに乗ったものの、

最近そのレールから降りようとしている。

 

そして、これは彼女にフラれた最近の思いつきなんかではなく、

大学入学の頃から思っていたことでもあった。

 

分かりやすく言うと、

夢だけはずっと昔から持っていたが、

奈落の底に落ちることにビビって、

安定のレールに一度乗ってしまった。

 

しかし、その安定のレールは乗ってから気付いた。

 

「あまりにもつまらな過ぎる」

 

そして、このレールは、

2km先どころか、40km先まで見える。

その40km先は、僕の目指す目的地ではなかった。

 

よって、レールを降りると言う選択をした。

 

 

就職して、しばらく目を背けていたが、

久しぶりに大学時代の知り合いを調べてみた。

 

起業していたことは知っていたが、

20歳で起業した会社を22歳の時に、

12億で売却という、

別世界の人になっていた。

 

一緒にサークルで会っていた時は、

まさかこんなすごい人になるとは思ってもいなかった。

そして、あの頃は自分も同じ世界に居たはずなのに、

いまや、もうどんなに足掻いても手の届かない世界に行ってしまった。

 

そんな大学の先輩が、

インタビューで語っていたことがとても深かったので、

備忘録として書く。

 

 

東大に入学し、外資金融に就職、

その後、ハーバードでMBAを取得し、20代後半で起業する。

というのが、元々先輩の思い描いていた、

道のりであった。

 

しかし、「起業と経営は違う」ことに、

大学在学中に気付く。

 

確かに、経営者になるためには、

MBA外資金融での経験が生きるかもしれない。

しかし、経営は事業を継続・発展させることが目的である一方、

起業にはそのような能力はあまり役に立たない。

 

それなら、回り道してないで、

とっとと起業しようと思ったのが、

先輩の起業したきっかけだという。

 

 

これが、

先輩から得た一番の気付き。

 

いまの会社を辞めて、転職するつもりは僕も全くない。

所詮、どんなに優秀な人が集まっていようが、

どんなに入るのが難しい会社に行こうが、

所詮は雇われ人。

結局は、企業の歯車になっていることは、

どこに行っても同じ。

企業の歯車でいる限り、

僕の目指す夢は、絶対に叶わない。

 

よって、サラリーマンであること自体が、

僕の夢を達成する上で遠回りなので、

いまの会社を辞めた後は、

自分で事業を起こす。

 

しかし、やはり事業を起こすとなると、

少しでも安全ネットを張っておきたいものだ。

 

ということで、僕は、

いまの会社の給料と副業で起業前にすこしでも、

貯蓄を増やしておこうと考えている。

そして、いざという時に手に職付けるために、

1年間留学して、英語と中国語を自在に使えるようになろうとも思っている。

 

だけど、先輩の話から考えると、

これって回り道なのか?とも思えてきた。

 

副業で稼ぐためには、

それなりの副業に対する勉強が必要だが、

これはあくまで資金を作るための勉強であり、

起業には直接結びつかない。

 

いや。副業をそのまま事業にするという可能性もありなのだが。

現状では、いま目指す副業を一生の仕事にしたくはない。

 

そして、語学留学。

これは起業のためではなく、

完全にいざという時のための逃げである。

 

国内で順調に軌道に乗るかすら分からないのに、

海外進出なんて全く考える訳もなく、

もし事業に失敗した時に、

語学を活かして再就職しようという完全に逃げの考え方から、

目指す海外留学である。

 

しかし、これも無駄な気がしてきた。

だいたい、成功するために起業するのに、

最初から失敗の可能性を考えている。

これってモチベーション的にどうなのだろうか?

 

と言っても、

やはり安全ネットがあると、

自分の性格的に精神衛生上、非常に楽になる。

 

結局、先輩の言葉を読んでもいますぐの答えは得られなかったが、

いまの自分の考えに疑問を投げかけ、

再考してみる機会にはなった。

 

本当はもう一度会って、アドバイスもらいたいのだが、

僕が立ち止まっているうちに、先輩はもう手の届かない人になってしまった。

 

そして、もし1年、2年といまの会社を続けているのなら、

さらにどんどん差は開いていくのだろう。

 

まだ26歳!

なんとか方向転換して追いつけると自分では思っている。

 

5年ぶりに昔の知り合いのことを知り、

焦りを感じると共に、夢と決意が固めることができた。