最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

夢の無い人には関わりたくない

世の中、2つの人間が居ると思う。

 

「夢は叶う!」とどんなに無謀な夢も追いかける人。

そんな人を「世の中そんなに甘くない」と鼻で笑う人。

 

世の中、後者の人間が多いこと多いこと。

 

そして、僕は後者の人間が大嫌いだ。

どのぐらい嫌いかと言うと、

どんなに仲の良い人でも、

この言葉を発した時点で全ての関係を切るぐらい大嫌いだ。

 

声を大にして言いたい。

世の中が甘いのではなく、お前が自分に甘いだけだ。と。

 

ということで、今回は、

成功者、いつまで経っても凡人

の考え方の違いをまとめてみたいと思う。

 

 

成功者と上手く行かない人の違い=自信があるか無いか

1 いまの自分には無理な夢→どうする?

 

僕はフラれた彼女と復縁したい。

てか、将来絶対に復縁しようと思っている。

この時、

僕の考える思考→「いまの自分では彼女を振向かせることは出来ないけど、頑張れば必ず出来る」

 

一方、フラれて早々に諦める人もいると思う。

そんな人の思考→「いまの自分じゃ彼女を振向かせるのは無理。だから諦めよう。」

 

だけど、これって僕からしたらすごくもったいないと思う。

 

なんで、挑戦するチャンス自分から放棄しているの?

 

彼女を振向かせるというのは、

これから起こる未来の話。

当たり前のことだけど、これから起こる未来なんて、

まだ何も決まってないし、

未来は自分の行動次第でいくらでも変えられる。

一方、彼女にフラれたのは、

もう過ぎ去ってしまった過去の話。

これも当たり前だが、もう過ぎた過去なんて、

絶対に変えることは出来ない。

 

だからこそ僕は、

いくらでも変えられる未来なら、自分の力で変えてやろう。

そして、そのためには死ぬほど努力してやろう。

って考える。

 

要は、成功しない人って、

そもそも最初の思考があっちの方向(過去)に向いちゃってるから、

努力も出来ないんだと思う。

 

 

 

2 辛い経験こそ自分を成長させる試練

彼女にフラれた時、まず僕はこう思った。

「ああ。自分はダメな男なんだ・・・。」

そりゃ好きだった女性に自分を全否定されたんだ。

自分を責めたくなるし、自分への自信も無くなる。

 

しかし、フラれたその日の夜の僕。

ちょうど、このブログを作り始めた時の思い。

「自分はフラれたけど、自分が変われば彼女はもう一度自分を好きになってくれる。

 明日から頑張るぞ!」

 

要は、マイナスだった気持ちをプラスに転換した。

だって、自分責めたり、うじうじ彼女との思い出に浸ってても、

ただ辛い時間が過ぎるだけで、何も解決にならないもん。

 

だったら、この心が引き裂かれそうな今までにないぐらい辛い気持ちを、

逆に利用してやろうと思った訳。

 

我ながら、

こんな辛い経験滅多に無いからね。

この辛さ、悔しさ、悲しさという負のエネルギーを上手く変換してやれば、

とんでもないプラスのエネルギーになれるぞ。って考えた。

 

だから、何か失敗を犯した人に言いたい。

失敗なんて、要は自分の考え方次第。

失敗が起きたと言う事実は事実。

しかし、それをどちらのエネルギーに変えるかは、自分の考え方次第。

 

ということで、僕はここ2週間、

人生で経験したことないぐらい、心の奥から燃え上がり、

やる気が出ているし、現にどんどん良い男になっていると思う。

 

 

まとめ

僕のことを、自信過剰とか世の中を甘く見ているとか言う人はよくいる。

しかし、そんな人々に言い返したい。

自信過剰で何が悪い。チャンスを自ら放棄している弱々しい男より100倍マシだ。

そして、僕はどんな人よりも自分を追い込んで努力できる。

僕の世の中への甘さよりも、

最初からチャンスを無駄にする人たちの自分自身への甘さの方がよっぽど甘い。

 

ということで、

まだ復縁には成功していないけど、

明日からもガンガン自分を追い込んで、

いつかこの僕の理論を証明してみたいと思う。