最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

僕の命は余命1年。だからいまを必死に頑張らないといけない。

あなたの命は残り1年です。

来年の今頃にはあなたはこの世界にはいないでしょう。

 

もし、いまあなたがこのように宣告されたらどうしますか?

 

人生でやり残したことを必死にやることでしょう。

会社から帰って、「あー疲れた。」とリビングでダラダラビール飲みながらテレビを見る?

通勤電車で揺られながらなんとなーくスマホをいじって時間を潰す?

やりたくもない残業を終電間際までやる?

 

そもそも余命宣告されたら、今の仕事なんてスパッと辞めてしまっているかもしれませんね。

 

今回は、あなたの命がもしも残り1年で終わるとしたら。

と想像して、1年の間に出来るだけ多くの幸せを掴む方法を考えてみましょう。

 

 

僕の命は余命1年。もし1年後自分がこの世界にいないなら。

1 もしあなたが余命1年だったら?

僕はいま切羽詰まった状態で毎日過ごしています。

だって、余命1年だから。

 

僕はある決心をしています。

1年後、

自分が目指す良い男になっていようがいまいが、

彼女と定期的に連絡を取れる仲になっていようが音信不通の状態が続いてようが、

フラれてちょうど1年後の11月に彼女と再会する。

 

そこが僕の人生で一番の勝負の時。

 

復縁出来たら最高。

 

もし復縁出来なかったら、

彼女がいないその先の未来なんて生きててもしょうがない。

死んだも同然の何も面白くない未来が待っているだけ。

 

ということで、

彼女に1年後に再会するという期限を決めてから、

何かに追われるように必死に毎日を生きています。

 

失敗の先にあるのは僕にとっての「死」だから。

 

 

2 いまやりたいことは今すぐにやるべき

もっと分かりやすいたとえで考えてみましょう。

 

あなたがもしも今日死ぬとしたら、

あなたは何をして過ごしますか?

 

ダラダラとスマホを見て何となく時間を過ごしますか?

 

いや。自分が一番やりたいことを1秒でも早くやりますよね。

 

そうです。

スマホをダラダラいじることや、何となくテレビを見ること。

これが無駄で自分の人生に何の得にもならないということは、

誰もが無意識に知っているはず。

しかし多くの人は、

無駄に時間を潰してしまう。

 

彼女にフラれる前の自分もそうでした。

しかし、彼女に1年後再会すると決めて気付きました。

 

 

なぜ死ぬ間際にならやることを、いまはやらないのか?

 

 

3 死ぬ気になれば、出来ないことなんてない

 

死は遅かれ早かれ、誰にでも必ず訪れます。

 

ただ、あなたは実際に今日死ぬわけではない。

おそらく、まだ何十年と生きることでしょう。

 

そして多くの人は、

ここで安心してしまう。

「なーんだ。まだまだたくさん時間あるじゃん。」と。

 

しかし、僕は思います。

「死ぬ気でやれば、どんなことでも出来る」

よく言われる言葉ですが、本当にその通りだと思います。

 

だって、世の中の大多数の人が、

「死」なんて意識せずに、のほほんと過ごしているんだもん。

 

そりゃ、死ぬ気になった人間は負けるはずがありませんよ。

 

だから、僕は1年後負けない。

彼女がどんな男と付き合っていようが、

必ず彼女はもう一度僕に振向く。

 

 

まとめ

・好きな女性を振向かせたい

・起業して年収1000万が欲しい

・貯金は無いがどうしても欲しい車がある

・2ヶ月で10kg痩せたい

・東大に入りたい

 

などなど、色々な願望があると思います。

どれも誰にでも達成可能です。死ぬ気になれば。

 

世の中の大多数の人は、願望は持ったとしても、

「どうせ自分には無理」

「いまが楽しければそれでいいや。」

と楽な方に逃げます。

しかし、死ぬ気になって達成したあなたは、絶対にこんな人たちには負けない。

そして、少数ながら実際にこの夢を実現している人も世の中には存在します。

だったら、死ぬ気になったあなたに出来ないはずがない。

 

もし何か叶えなたい夢を持っているなら、

一度本気で夢と向かいあって欲しいです。

 

始める前は辛い道のりに見えますが、

一度始めてみると、自分の大好きな夢へ全力で向かう道のりは案外楽しいものです。

 

始めるならいま!もうあなたには時間がないのですから。