最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

かっこよくスーツを着こなすために鍛えるべき筋肉

彼女にフラれたその日から、

人生今までにないほど筋トレに励んでいる自分。

 

取り組んでいるモチベーションとして、

やはり一番は、

「彼女が筋肉好き」

というのが一番なのだが、

 

もう一つの理由として、

「スーツをかっこよく着こなしたい」

という目的もある。

  

というのも、007やキングスマン好きな僕はスーツに並々ならぬこだわりを持っており、スーツ、ネクタイ、靴に至ってはコレクションという半分趣味的要素もある。

  

しかし、

彼女に会って以来、

良かれと思って、ひたすら痩せた結果、

ほとんどのスーツが借り物みたいにぶかぶかになってしまい、着れなくなってしまった。月収より高いせっかくのフルオーダースーツも、今ではタンスの肥やしである。

 

ということで、

せっかく持っているかっこいいスーツ、

もう一度活用しようというのが、

いまの筋トレのもう一つのモチベーションである。

 

よって最短効率でぶかぶかのスーツをもう一度かっこよく着こなすために、

スーツを着る時見栄えのする筋肉を調べてまとめてみた。

 

 

とりあえず3つの筋肉だけ鍛えておけばそこそこかっこよくスーツ着れる

 

1 スーツを着こなすために必要な筋肉

広背筋:背中に張りを持たせ、スーツが前に垂れるのを防ぐ

大胸筋:胸に張りを持たせ、Vゾーンを美しく見せる

三角筋:肩幅を広げる

 

他にも全身色々大事な筋肉あるのだが、

とりあえず一番重要なのはこの3つの筋肉!

これさえ鍛えておけば、そこそこ様にはなる。

 

特に背中の筋肉、広背筋は重要!

 

というのも、日本人は遺伝的に広背筋が弱く、背中が華奢だ。

だから西洋人の体型に合わせて作られているスーツを着こなすためには、何よりも背中の筋肉を鍛えるのが先決!電車に乗っていると、前側がぶかぶかだったり、やたらVゾーンが下に垂れているおじさんを見かけるが、あれは胸の筋肉の問題ではなく、背中の筋肉不足が原因。背中の筋肉で後ろ側に張りを持たせ、後ろから引っ張ることがスーツのVゾーンを美しく見せるポイント。

みんなスーツというと前側を意識しがちだが、実は一番大事なのは背中の筋肉なので、

「あいつはなんかオーラが違う」と思わせるためには、とにかく背中の筋肉を鍛えるのがおすすめ!

 

 

 

2 大きい筋肉はすぐに効果に出る

どうして鍛えるべき筋肉を3つに絞ったのか?

もうひとつ理由がある。

 

この3つの筋肉は、身体の中でもかなり大きな筋肉であり、

鍛えるとすぐに効果が出て分かりやすいということだ。

 

というのも、彼女にフラれて2週間目、

筋肉痛が治り次第、すぐに筋トレをするという最大効率的に筋トレを行なっている僕は、早くも2週間目で見た目の変化が出てきている。

それも、大きな筋肉をとにかく重点的に鍛えているからだ。

 

だからまずは2週間。

しっかり自分を追い込めば必ず何かしらの変化は実感できるはず。

そして2ヶ月も続ければ、明らかな変化を感じられるはず。

一番効率良いのは、ジムでマシンを使うのが時間的にも最大効率なのだが、

大胸筋に至っては、単純に腕立てだけでも効果はあるので、

是非ともまずは実行あるのみ!

 

 

まとめ

筋トレは一種の自己投資!

高くてかっこいい上質なスーツはお金さえあれば誰でも買うことが出来るが、一朝一夕につなかい筋肉については、一生物の財産。

アメリカのトランプ大統領を見るたびに思うのだが、

彼はイタリア製のブリオーニという世界でも最高級ブランドのスーツを好んで着ている。ちなみにこのスーツ、一昔前の007が着ているスーツと同じブランド。

しかし、あのスーツが1着80万もするスーツにはとても見えない。

電車によくいる、量販店の1着2万円のスーツのおじさんと大差ないぐらいだ。

ということで、大事なのはスーツの価格よりも、まずはスーツを着る本体である自分!

ビジネスマンたるものスーツへの投資は大事だが、まずは自分の身体に投資した方が絶対に効果的!