最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

転職に成功する人の思考。目先の年収なんかより経験の方が貴重

僕はずっとBMWで働きたいと思っていた。そして大学生で就活をしていた僕はとりあえず日本の自動車メーカーで働くのが一番の近道だろうと思い、何となく自動車メーカーに入社した。しかし、2年働いたいま気付いた。この選択が明らかな間違いだったことに。ということで、今日は転職してどんどんステップアップしていくための秘訣を考えたい。

 

転職の最重要ポイント=前の会社での経験

BMW中途採用ページを見ていると、

・英語が堪能な方

・マネージャー(管理職)の経験がある方

・自動車メーカーでマーケティングなどを5年以上経験された方

と書いてある(ドイツの会社なので実際の記述は英語)

そして大学生の僕は思った。

一番目の英語に関しては、「僕英語割と得意だし、現状TOEIC700点超えてるから、ま。5年後には900点も超えてるだろう。問題なし!」

我ながら大層な自信だが、英語に関しては努力次第で誰でも基準に達することができると思う。

そして二番目。「管理職?10年も働けば管理職なんて誰でもなれるだろう。いやもしかしたら7年ぐらいでなれるかも?」

この二番目が運命の分かれ道だった。入社して気付いたのだが、弊社は管理職に登用されるのがかなり遅い。45歳で課長になって初めて管理職の称号を得るというのが普通。ということで、大学生の僕が思い描いていた7年でBMW転職計画からするとかなりの遅れを取ることになる。こんなはずじゃなかった・・・。

 

目先の年収や会社の看板を捨てる勇気。長い目での利益を考えよう!

募集要項に、前者での経験が条件にあるなら何が何でも身に付けておかないと、面接で足切りだ。しかし、弊社で働いていたらスキル習得まで20年はかかる。どうしよう?そこでいっそのこと、いまの会社を飛び出してみるのはどうだろうか?

いつまでも管理職のポストが空かないなら、今の会社にとっとと見切りをつけて人材不足のベンチャー企業に入り、若いうちに管理職を経験してくる。確かにベンチャー企業に入るとなると、目先のお金や地位、安定性など色々捨てないといけないものもあるだろう。しかし、あなたの人生の最終目標は何だろうか?自分がやりたい仕事があるなら、いまの会社の規模や年収を捨ててでもチャレンジしてみる価値はあるのではないだろうか?そして、大企業からベンチャー企業に転職するとなると、確かに一時的にお金や安定性は下がる。しかし何よりも今後の自分のキャリアアップに役立つ経験が得られる。

 

 

まとめ

人生はリスクを取った者が成功する。とよく言われる。

起業家、自営業なら当然だが、スキルアップを狙うサラリーマンにおいても、やはりリスクを取らなくてはいけない場面が出てくる。そして、多くの人は目先の年収や安定を捨てることにためらい、チャレンジ出来ずに終わってしまうが、年収や安定を捨てた代わりに手に入る経験。そしてその経験を使って得られるであろう未来。それを想像すると、捨てる勇気が湧いてくるのではないか?ちなみに僕はサラリーマン自体に嫌気がさし、BMWで働くという夢に代わり、起業したいと思っている。そして脱サラ起業においても同じ。いまベンチャー企業に行って、社長の側で会社経営を学んだ方が、メリット多いのではないかと考え、いまの仕事と天秤にかけているところだ。