最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

仮想通貨・FX・株、投資初心者が始めるならおすすめは?特徴と違いを比較してみた

お金持ちになりたい!

お金持ちになって彼女に会いに行けばもう一度彼女と付き合えると思っている自分。

しかしごく普通のサラリーマンの収入だけじゃ、とてもじゃないけどお金持ちになんかなれない!ということで、最近気になっているのが

投資

サラリーマンがお金持ちになるためには副収入を得ることが第一歩!

そして副収入と言えばやはり投資!

ということで今回は投資の中でも有名な仮想通貨、FX、株の3つについて初心者がお金を増やすにはどれが良いのか自分が調べた結果を発表していきます!

 

初心者が投資を始めるならどれがおすすめ?仮想通貨・FX・株の比較まとめ

仮想通貨の特徴

仮想通貨、億り人という大金持ちが続々と誕生するなど最近何かと話題になることが多いですね。そして投資としての歴史の浅い仮想通貨にはこれまでの投資にはない特徴がたくさんあります。まずはそんな仮想通貨の特徴を一緒に勉強してみましょう!

仮想通貨はデータでありどの国の通貨でもない

仮想通貨とは、インターネット上にデータとして存在する通貨です。データなので、実際の通貨のような硬貨や紙幣はもちろんありません。そして、コンビニとかで使う電子マネーとどう違うのか?という疑問を持った人もいるでしょう。どちらも形がない点では同じですが、電子マネーと仮想通貨の決定的な違い。それは仮想通貨はどこの国の通貨でもないということです。セブンイレブン電子マネーを使うときは、円で支払いますが仮想通貨はどこかの国が発行している通貨ではないため、どの国でも同じように使うことができる通貨であり、これが世界的に仮想通貨がブームになっている理由の一つです。

仮想通貨の種類は1000種類以上

仮想通貨は大変種類が多く、1000種類を超える仮想通貨が存在すると言われています。そして有名なビットコインもその中の一つです。リアルの通貨と比べると、比較のしようもないほど多くの通貨が世界中の企業や個人から発行されています。そしてこの中からこれから価値が上がる仮想通貨を世界中の投資家が探しているというわけです。

取引時間は24時間365日

仮想通貨の取引時間は24時間365日、スマホ1台さえあればいつでもどこでも取引することが可能です。一方、FXや株は限られた時間しか取引ができません。FXは営業日のみ、株は取引所の稼働時間のみなどFXや株式と異なり、時間・場所を選ばないというシステムは仮想通貨取引の最大の特徴と言えるでしょう。

平日仕事で忙しいサラリーマンにとって、夜や土日も取引できる仮想通貨は敷居が低いのではないでしょうか?

資金が少なくても投資を始められる

仮想通貨は少額から始められます!例えばビットコインなら、現在1BTC=約42万円ぐらいです。しかし実際には0.001BTCというとても小さな単位から購入でき、420円から購入できます。

投資額が少なければ増える額も少ないですが、わずか昼食代ぐらいから投資ができるというのは初心者投資家にとって何よりもの魅力ではないでしょうか?

値動きがかなり激しい

現在仮想通貨はちょっとしたバブルになっています。そのためリアルの通過に比べて、値動きがかなり激しい状態が続いている状況です。例えば仮想通貨の代表であるビットコインは当初の10万倍以上の値段で取引されています。そして仮想通貨は何が原因で高騰や暴落するのかを予測するのが極めて困難です。よって、一か八かの賭けで大儲けするという魅力もありますが、同時に価格変動による損失リスクも高いということには注意が必要です。

 

FXの特徴

日本円と外貨のレートは常に変動しています。FXとは日本円を外国の通貨に交換し、その価格差を利用して利益を出す取引のことです。例えば、1ドル=100円で買い、1ドル=110円の時に売れば10円の利益となります。

4000円で10万円分の取引ができるレバレッジ取引

FXには取引単位というものがあり、FX会社によって1万通貨単位や1000通貨単位などがあります。そして、1ドル=100円だとすると1万通貨単位で最低100万円、1000通貨単位でも10万円が必要となります。しかし実際には100万円や10万円も用意しなくても取引が出来てしまいます。それを可能にするのが「レバレッジ

レバレッジとは少ない資金で大きな取引を行うことで、4000円をFX会社に預けて25倍の設定をすることで10万円の取引が出来ます。一方、倍率が大きいほど失敗した時のリスクも大きくなります。例えば、証拠金が10万円でレバレッジが10倍の場合の例をみてみましょう。

1ドル100円の時に10万円をすべてドルに替えると1万ドルの取引ができます。 その後1ドル110円になれば1万ドル×110=110万円。 10万円の利益が発生。 もし1ドル90円になれば1万ドル×90=90万円。 つまり10万円の損失。 そこで資金は10万円しかないわけですから、1ドル90円になれば一気に資金そのものがゼロということになってしまいます。

 

株の特徴

株は投資の中でも一番シンプルです。ある会社が儲かることに期待して株を購入し、儲かれば株価が上昇しその差額で儲けることができます。

市場の値動きが小さい

株の一番の特徴は仮想通貨やFXに比べて市場の値動きが小さいということが挙げられます。基本的に株価が大きく動くのは企業が大儲け出来るような新商品を発表した、倒産に繋がるような不祥事を起こしたなど大きなニュースの時であり、このような大きなニュースはそうそうありません。ということで株価もそこまで大きく上下することはなく、数年かけてじっくりと資金を増やしたいと思う人にはもってこいでしょう。

大きな資金が必要

株には売買単位があり、たいていは100株が基本です。

そして、大抵の大企業は最低20万円ぐらいないと株を購入することはできません。ということで、仮想通貨やFXに比べると、ある程度まとまった資金がないと参加できないという特徴があります。ちなみにソフトバンクの株を買うためには現在93万4000円ほど必要となります。

 

まとめ〜どれが初心者におすすめか〜

余裕資金が少ない、短期的にお金を稼ぎたいとかなら仮想通貨がオススメでしょう。一方、ある程度余裕資金があり、リスクは取りたくないなら株がオススメでしょう。仮想通貨はまだまだギャンブル的要素が強く、一攫千金のチャンスがある一方、トレードの手法が確立しておらず、勉強しても努力が報われない可能性もあります。またFXや株はノウハウが確立されているのでコツコツ勉強を重ね知識を重ねることでお金を増やすチャンスも増えます。おすすめはとりあえず仮想通貨を少額でやってみながら、FXと株を勉強して、資金が貯まった時にFXや株に移行するというのが良いのではないでしょうか?