最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【自信がない人必見】自分に自信をつける方法まとめ。根拠のない自信こそが強い!

何か達成しなければいけない目標がある時、例えばスポーツ、受験、プロポーズ、勝負などなど・・・。

周りの人はあなたに「自信を持ちなよ」という言葉をかけてくれるでしょう。しかし!

自信ってどうやって持てば良いんだ?

意外と知らない自分に自信をつける方法、今回は一生使える自信をつける方法を考えてみたので紹介します!

【自信がない人必見】自信って何だ?どうやったら自分に自信がつくのか?自信を持つための方法まとめ

人によって違う自信をつけるまでの過程3つ

まずは自信とは何か?自信がどのような時に生まれるのかを考えてみましょう。ここでは自信が生まれる具体例を3つ考えてみました。

経験を積む

初めてやることに対して自信を持って取り組める人はなかなかいないでしょう。しかし、それを何十回、何百回と繰り返したらどうでしょうか?きっと失敗する確率も初めてに比べたらグンと減り、余裕も生まれてくることでしょう。そして100%の力を発揮しなくてもそれをこなせるようになっている状態、これが自信が生まれる具体例一つ目です。

自分と他人を比較する

自分の能力や知識が他者より優れていること、例えば大学受験において模試でA判定を取り続けてきた大学の入試は特に緊張することもなく取り組めるでしょう。そしてその根拠というのは、周りの受験生に比べて自分が勝っているという自信。ということでこれが自信が生まれる具体例二つ目です。

周りの人から褒められる

周りの人から「あなたは凄い」と褒められる。この状況を考えてみましょう。一体何と比較してすごいのだろうか?この場合、自分と比較対象となる人物が存在し、その人物と比べて自分が凄いと思われているのでしょう。ということで、これも前述の自分と他人の比較により勝っているという自信の一種。

 

自信には他者によってつけられる自信と自分が生み出す自信の2種類がある

前述したように自信をつける過程には、

・自分の経験によって身に付くもの

・他者からの評価によって身に付くもの

の2パターンがあります。

そして僕はもし自信をつけるなら、自ら生み出した自信の方が強いと思っています。他者からの評価によって生まれる自信なんか必要ないと思っているぐらいです。

というのも他者から生まれる自信は、所詮は相手があっての自信。

要は自信がうまれるかどうかなんてことは相手次第であり、言ってしまえば運の要素にかなり左右されます。そして、こんないつ生まれるか分からないような自信に頼るぐらいなら、根拠がなくてもどんどん自分で自信を作り出してしまった方が、建設的だというのが自分の考え。以下で他人によって作られた自信と自分が勝手に作り出した自信の強さを比較してみましょう。

 

人の評価を元に作られた自信は脆い

他人によって作られた自信は脆いです。なぜなら、自信を生み出すのも壊すのも全ては他人に左右されているからです。ずっといつまでも他人が自分を評価してくれれば問題ありませんが、もし他人の評価が一転、自分に対して批判に変わったらどうでしょうか?きっと他人の評価を頼りに自信をつけていた人はガタガタと崩れていくことでしょう。だからこそ、僕は他人の評価に依存する自信なんて必要ないと思います。そんな自信はむしろ依存していると、急にガタがきて崩れる危険がありますから。

 

根拠のない自信は強い

一方、自分が作り出した自信は他人の評価の影響を受けにくいです。何を言われても動じないし、「知らんがな」の一言で片付けることができます。そして、もしその根拠のない自信が妄想だっとしても別に構いません。自信をつけた状態にはなれているのだから、あとはその根拠のない自信を元に自信を確実にするための行動や努力をすれば良いだけです。だから僕は根拠のない自信を持つことをお勧めします。自信というのは揺るがないものであればあるほど強いです。だったら自分自身で揺るぎのない自信を作ってしまいましょう。自信の根拠がなければ、他人からの評価なんて影響も受けません。絶対に崩れない自信は、他人が作るのではなく自分によって作られるのです。

 

まとめー自信をつけるための方法ー

ということで自信つける過程には、

・経験を積む

・自分が他人より優れていると認識する

・根拠がないけど思い込む

この3つがあることが分かりました。

そして、僕は最後に紹介した根拠のない自信

ぜひこれをおすすめします!

自信の根拠なんて自分以外の人たちの評価や自分の自己認識に過ぎません。そしてこれは目に見える者でも数値で測れるものでもありません。要は存在しないも同然のもの。だったら根拠なんか無くても自分で作り出してしまっても問題なし。自信をつけることというのは、あくまで目標を達成するための手段であり、本当の目的は受験やプロポーズなどの目標を達成すること。だから手段なんかどうでもいいんです。とにかく自信を生み出すことが大事なので、根拠がなくても自信を作り出す。この考え方を持つときっと人生上手く回り始めます。

自信は自由につけれるもの

他人から「自信過剰だ」なんて思われても構いません。あなたの目的は自信をつけたことにより100%の力を発揮し、その先の目標を成し遂げることなのですから。