最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【退職決意日記】もう大企業は勝ち組ではない!無能と非効率と思考停止の集団

日本では大企業に入社し、40年間定年まで働くということが一番幸せな選択です・・・。

うん?果たして本当にそう??

 

「大企業就職は安定した勝ち組!退職するなんてもったいない!」←果たして本当にそうか??

僕は現在働いている会社を辞めることにして、家に帰ってはせっせとブログを始めとした副業に取り組んでいます。これを友人たちに話すと、「せっかく入ったのにもったいない」とか「一度辞めたら、もう二度と大企業には戻れないよ」などどいったアドバイスをもらうことが多いです。確かに大企業は高給で安定していて、新卒で入社したというレールを一度外れてしまったら再び戻ることは難しくなります。そして大企業を「絶対に手放すべきではないお宝」だと思っている人は現在もかなり多いと思います。

 

 

大企業の平均年収は年々下がり続け、副業のメリットは年々増加中

しかし大企業の代名詞だった高給は年々下がり続けています。一方、インターネットの出現により、家にいながらパソコン一つで稼ぐことやYoutuberのようにパソコン一つで大企業の社員では一生かかっても稼げないような額を手にすることも可能な世の中になりつつあります。つまり収入で考えたら大企業の年収はそこまでおいしいものではなくなり始めました。またパソコンで副業など考えられなかった20年前のバブルの時代などは、名刺を見せるだけで女の子に「すごい!」と言ってもらえ、自分のお金では行けないような世界の果ての国に行けるなど仕事の面白さもあったかと思います。しかし、現代はパソコン一つあればアフィリエイトや投資などで世界中どこにいても自力でお金を作り出せる時代。ブログやYoutubeを使えば、自分の好きなことをして好きな場所で、そして大企業の社員とは比べ物にならないぐらいたくさんのお金を稼ぐことが出来る時代になりました。今や大企業はやりたくもないつまらない仕事を生活のために馬車馬のようにやらされている「負け組」に入りつつあります。

 

 

世界と勝負する大企業社員の宿命、転勤と単身赴任

また収入は良いけれど、アフリカや中東に派遣され、自宅を買った直後や育ち盛りの子供と一緒にいれる幸せな時間を独りで過ごさなければならないエリートサラリーマンも少なくありません。どんなに高額なお金を貰っても、愛する家族と別れて遠い異国の地で望まない単身赴任の生活はどれだけ辛いでしょうか?また海外赴任は極端な例ですが、大企業の総合職で働いていると全国転勤は当たり前。辞令一つで来月には急に引っ越しという事態も大いにあり得ます。いわば大企業に勤める限り、住む場所の自由は無いも同然です。

 

 

大企業にはびこる思考停止した無能たちとやりがいのない非効率な仕事

そして大企業で働いていると必ず出会うのが、無能な上司や非効率な業務。わざと会社の利益を下げているのではないかと思えるほどの意思決定の遅さや仕事の効率よりも従来のしきたりを重視してくだらない仕事をさせられる。他にも枠にはまった考え方しか出来ず部下にもそれを強要したり、何でも否定から入る癖がついてしまっている上司など、20代の若者からすると、「何だこいつら?」とびっくりするような40代、50代はたくさんいます。そして若者は考える。「こんな無能な人たちがいっぱいいる会社って本当に大丈夫?」って。今まで自分の頭で考えることをせず、会社のしきたりや方法が全てだった40代、50代にとっては当たり前のことが、20代にとっては不可解奇妙な風習、一種の土人文化のように思えてくるのです。そして「こんなとこにいると、もしかしたら自分もあんな風になっちゃうのか?」と不安に思うはず。

 

 

優秀な人ほど大企業を辞める、世界的には優秀な人材は起業する

これらのことに気付いた人から大企業に別れを告げ始めます。いわゆる優秀な人ほど会社を辞めるという状態です。また新卒の学生にこれほど大企業志向が根強いのは日本やアジア諸国特有の現象であり、経営コンサルティング会社アクセンチュアの調査によると、アメリカでは大企業で働きたいという学生はたった15%しかいません。アメリカでは優秀な人ほど起業するという選択が一般的であり、現に誰もがイメージするアメリカン・ドリームはこのように優秀な人材の一念発起により体現されています。

 

変わりつつある日本の大企業志向、【人生一度きり、チャレンジ!】

大企業という安定したレールを降りるという選択。2019年現在の日本では、まだまだ変わった人だと思われるでしょう。しかし決して間違った選択ではありません。むしろ自由とお金を手に入れたいなら間違いなく合理的な選択。人生は一度きりで、これからどんな夢でも叶えることができる20代という時間は今しかありません。ブログやYoutubeを見てると実際に大企業を辞めて楽しくやっている20代がたくさんいます。若者が大企業を辞めるという動きはこれからもどんどんと大きくなるでしょう。もしあなたが今の仕事に不満を持っているなら、まずは動き出しましょう。