最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

塾生注目!!!日吉でおすすめのラーメン屋一覧まとめてみた!

じゅ〜くせーい!ちゅーーも〜〜く!!!!

今日は日吉のおすすめラーメン屋を全て紹介しようと思う!!

これを読めば、慶應に入りたての新入生はもちろんのこと、誰もが日吉のラーメンマスターになれるぞ!ということで、慶應生御用達のラーメン屋ランキングスタート!!!

 

慶應生なら知ってて当然!日吉でおすすめのラーメン屋一覧!

 

武蔵家 日吉店

f:id:saikootoko:20190923223246j:plain

引用元:https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13013524/

ラーメン並 650円

慶應生に日吉のラーメン屋は?と聞いたら十中八九一番最初に返ってくる答えが「武蔵家」!それぐらい慶應生から愛されている店。さすが大学生御用達なだけあって、15時とか23時とか中途半端な時間に行ってもいつも行列が出来ている。またライスおかわり自由。慶應生の大半は「家系ってライスおかわり自由だよね?」って思ってるけど、完全に武蔵家に侵食されている。普通の家系ラーメン屋はライスは有料。おかわりもできない!ということで、店内は慶應生ばっかり、壁には体育会の写真や旗が所狭しと飾られている。晴れて慶應に入学し、新歓で飲み会行った後に先輩にここに連れてきてもらうのが慶應生の一番最初の儀式。そしていつかまた自分が後輩をここに連れて行くという一生続く三田会の結束はこの武蔵家から始まると言っても良いぐらい。ちなみにそいつが本物の慶應生かどうか判別する方法は「日吉のラーメン屋は?」→「武蔵家」!と言えるかどうか。世間的には三田のラーメン二郎慶應というイメージ強いが、本物の慶應生がラーメン屋と言って思い浮かべるのは間違いなくこっち!

肝心のラーメンは、机上のにんにく、しょうが入れてご飯に豆板醤乗せて食べるとまじで美味い。カタメ・コイメ・スクナメ!店員が慶應女子には異様なほどに優しい。飴くれる。

 

日吉 大勝軒

f:id:saikootoko:20190923223344j:plain

引用元:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140204/14033593/

中華麺 850円

三菱UFJ銀行手前のビルとビルの間のすごく狭い路地にある。+150円で大盛りにすると麺が一気に3玉に増えるので日吉で一番と言えるすごい量のラーメンが出てくる。どんぶりの大きさがまじで洗面器レベル。永福町系大勝軒で、味は古き良き日本の中華そばと言った感じ。店内はカウンター6席ととても狭いが、なぜか慶應生ここにはほとんど来ないので、それほど待たずに入れる。店外に3席カウンター席もあり、本人が嫌じゃなければ外でも食べれる。どうしても待ちたくなくて店外の席空いてるなら、ここで食べるのもあり。店主が一見強面だが、一度話すといつもニコニコ本当に良い人。余談だが店主の奥さんがびっくりするぐらいの美人で、実は大河ドラマにも出ていた俳優のお姉さん。

 

麺場 ハマトラ 日吉店

f:id:saikootoko:20190923223448j:plain

引用元:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140204/14004981/

醤そば 700円

武蔵家の項目で書いた「家系ラーメンってライスおかわり自由だよね?」と同じぐらい慶應生あるある「ハマトラって日吉だけじゃなくて横浜駅にもあるの??」そう!慶應生はみんなハマトラは日吉のものだと思っているけど、ここ本当は横浜が本店、日吉は分店。で、慶應生みんな「ハマトラのラーメン=炭練り込まれた真っ黒なラーメン」当たり前だと思ってるけどあれも日吉店だけ。わたあめ作れるのも日吉店だけ。ということで、麺が真っ黒だったり、店内でわたあめ作れたり、夏にはラーメンにスイカ乗ってたり、日吉の中で随一の変わり種のラーメン屋。ただ味は他にはないラーメンでまじで美味い!大盛りが無料なので、食券渡すときに忘れずに店員に言うの必須。あと地味に水じゃなくてジャスミン茶が机上に置いてあったり、味は本当に間違いない店!「サークルのみんなでラーメン食べに行こう!」となったら慶應生が武蔵家の次に選ぶのはこのハマトラで間違いなし!

 

ラーメン どん

f:id:saikootoko:20190923223537j:plain

引用元:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140204/14014795/

ラーメン 680円

日吉で唯一の二郎系。ラーメン激戦区の日吉、たまに新しい二郎系オープンするけど、たいていは1年持たずに消えていってる。そんな中10年以上営業している日吉二郎系の代名詞。店も年季入っており、強風が吹いたらガラス割れるかと思うほど。日吉住み慶應生にとって地味に便利なのが、深夜2時まで営業していること。夜中に突然ラーメン食べたくなったらどん一択!地味におすすめなのが、「みそラーメン」(780円)二郎系の味噌ラーメンって日吉以外探してもなかなか無く、ここどんのみそラーメンはかなり珍しいし美味しい。結構脂っこいのか、お腹痛くなる可能性高いので昼の授業の合間に行くのはあまりおすすめじゃない。

 

極楽汁麺 らすた

f:id:saikootoko:20190923223632j:plain

引用元:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140204/14000095/

ラーメン 620円

「日吉で武蔵家以外の家系は?」と慶應生に聞くと7割ぐらいは「らすた!」と答えるはず。ちなみにちょっとおかしな慶應生は「銀家」って言う。ということで、日吉で武蔵家の次にくる家系ラーメン屋なのだが、慶應生はあまり行ってないイメージ。というのも武蔵家の人気が絶大過ぎて、ラーメン食べるって言ったら、多少並んででも武蔵家に行く。ということで、いつ行っても絶対に並ぶことなく入れる店。ライスは1杯だけ無料。ちなみに店の前に行けば分かるが、ダシの匂いがかなり強く、個人的には店の前通るだけでもちょっとキツいと思うほど。分かりやすい例えは、全国にあるあの山岡家の匂い。新歓終わりに新入生の女の子らすたに連れて行こうものなら大変な顰蹙を買うので、慶應生は大人しく武蔵家に連れていってあげよう。ちなみに銀家もダメよ!

 

がッとん 日吉店

f:id:saikootoko:20190923223718j:plain

引用元:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140204/14050746/

釜焚きとんこつらーめん 680円

日吉で豚骨ラーメンが食べれる唯一の店。しかも九州出身者がこれは本物!と言うほど本格的らしい。深夜3時まで空いているのが地味に便利。いつ行っても替え玉1玉無料!ただらすたほどじゃないけど、やっぱり匂いがキツい。いや、九州豚骨ラーメンがそういうもので、14時間炊き込んでダシ取ってるってのも分かるんだけど、女の子連れて行くのはかなりの一か八かの賭けになると思うぞ慶應ボーイ。やっぱり女の子とラーメン食べに行くなら武蔵家一択!それか東急のおしゃれなイタリアンにでも行っとけ!実はあの有名ラーメンチェーン町田商店が運営している豚骨ラーメン屋。慶應経済生っぽく話すと、町田商店というのは本来セントラルキッチン方式を取っており、スープのだしなどは毎朝工場から送られてくるのだが、このがッとんは町田商店の新形態店舗の実験的意味合いがあるらしく、日吉店でだしを作るという異例の試みを行なっている。絶対デートで女の子にこんなつまらない話しちゃダメよ(笑)!

 

銀家 日吉店

f:id:saikootoko:20190923223804j:plain

引用元:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140204/14015064/dtlphotolst/1/smp2/

ラーメン 650円

「日吉の三大家系を上げるなら?」「武蔵家、らすた、銀家」これが慶應生の答え。というかこれ以外の家系ラーメンはオープンしたり潰れたりの繰り返しで、なかなか日吉に安定しない。昔からずっとある日吉の老舗家系がこの3つ。で、そんなベスト3家系に入っている銀家。特徴は、ライスおかわり自由、朝5時〜夜2時まで営業というほぼ24時間営業。ということで、飲み終わりとか朝に大学行く前とか変な時間にラーメン食べたくなったらこの銀家一択になると思う。というか普段は銀家行かないけど、この時間空いてるのが銀家だけだったのでしょうがなく行ったことある。という慶應生も多いのでは?4年前に銀家の隣の店舗に「銀家あねっくす」だかを出店してたった500円で豚骨ラーメン食べ放題やってたり、あねっくす閉店したと思ったらその跡地をお得意様専用VIP席にしたり、ちょっと変わった店員いたり、何かと変化球的な店。肝心の家系の味は普通。武蔵家じゃ食べれない塩ラーメンや激辛ラーメンとライス食べ放題食べるために行く店。

 

日の出らーめん 日吉店

f:id:saikootoko:20190923223849j:plain

引用元:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140204/14056041/

ガッツ麺DX 690円

オープンから5年、しょっちゅうラーメン屋入れ替わってる場所にオープンしたので最初はすぐ潰れるだろと思っていたら、日吉の中でも老舗の部類に入ってきた。日吉だけじゃなく関東あちこちにあるラーメンチェーン店らしい。で味はむちゃくちゃジャンク!ガッツ麺とかまぜそばとか汁なし系がおすすめなんだけど、化学調味料使いまくりってのが一瞬で分かるほどジャンク!どんが油と量のジャンクだったら、ここは完全に正統派ジャンクフードと言える味。ということで、中毒性がある。ここもいつ行っても並ぶことなく入れる。あまり慶應生いるのも見かけない。日吉のラーメン屋にしては珍しく、東南アジア系のバイトがいることがある。

 

柴田商店

f:id:saikootoko:20190923224107j:plain

引用元:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140204/14058110/

とんこつ醤油 600円

オープンから4年、特に大流行する訳でもなく細々と残っている。ということで、慶應生の中でも知らない人が大多数のラーメン屋。まず場所が分かりにくい。あの古いゲーセンの路地をまっすぐ行った場所にある。最近の慶應生は知らないかつての「まりも」の近く。家系っぽいラーメン。ライス食べ放題。ただあまり記憶に残らない味かも。

 

ひよし家

f:id:saikootoko:20190923224146j:plain

引用元:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140204/14000354/

ら〜麺 750円

柴田商店と同じぐらい慶應生にはなじみない影薄い店。多分うるさい慶應生どもが来なくて良いわってことで、地元の人たちから支持されてる。モンゴル産の岩塩使った塩ラーメンや信州味噌にスパイス30種合わせた味噌ラーメンなど意識高い。

 

壱角家 日吉店

f:id:saikootoko:20190923224237j:plain

引用元:https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13173177/

ラーメン並 650円

家系ラーメンチェーン店。一目見ただけでチェーン店だと分かる店のたたずまい。正直日吉でわざわざ食べるまででもないかなー。日吉でしか行けないラーメン屋他にいっぱいあるし。ちなみに昔話をすると、この店元々は「東京チカラめし」という店が昔あって、何か色々とトラブルがあったみたいで、たちまち家系ラーメン屋に業種転換してた。

 

麺屋こころ 日吉店

f:id:saikootoko:20190923224327j:plain

引用元:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131711/13163982/

台湾まぜそば 830円

2018年10月にオープンした新店。あの大岡山で東工大生たちに大人気の麺屋こころが目黒線に乗って日吉に進出してきた!しかし!大岡山の東工大生に大人気!高田馬場の早稲田に大人気!じゃ日吉の慶應生も・・・と行くかと思ったら、なぜか全く慶應生にウケてない。これ本当不思議。コンビニのカップラーメンとコラボするほどの名店で味もめっちゃ美味しい、日吉で台湾まぜそば食べれる店と言ったらこのこころとチェーン店の日の出ラーメンしかない。ということで成功条件これほど揃っているのに、見向きもされていない。本当に不思議でしょうがないお店。もしもこれを見ている東工大生!大岡山で30分並んでるなら目黒線乗って日吉に来れば待ち時間なしで入れるしいいぞ!うろ覚えだけど、この場所、3年ぐらい前はデビット伊東がラーメン屋開いていて、店にも普通に立っていた。ただジェネレーションギャップあり過ぎて、慶應生はだれも店主が芸能人だなんて知らない始末。「花より男子」にも出ているのにね(笑)

 

【番外編:日吉駅からちょっと遠いけどおすすめの店】

元祖ニュータンタンメン本舗 日吉仲ノ谷店

f:id:saikootoko:20190923224436j:plain

引用元:https://chinobouken.com/newtantan/

日吉駅前の通りを武蔵小杉側にひたすら歩くと左側に見えてくるさびれたラーメンチェーン店。別に味も普通。なんなら日吉じゃなくてあちこちにあるチェーン店だからどこでも食べれる。で、なんで紹介したかというと、学生時代の谷原章介が通っていた店。それだけ!多分人気芸能人になった現在、もう来ることはないけど、あの谷原章介がこんな日吉の外れの店に通っていたのかー。と感慨深さを感じられる店。

 

豚星。

f:id:saikootoko:20190923224622j:plain

引用元:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140205/14046936/

神奈川屈指の二郎系の名店。上で紹介した元祖ニュータンタンメン本舗 日吉仲ノ谷店からさらに武蔵小杉側に向かって歩き、スーパーや警察学校の前を越えた先の交差点にある。昭和シェルが目印。味は間違いないけど、店員の態度が悪かったり客同士が喧嘩してたり何かとトラブルの絶えない店。ただ味は間違いない。ここより美味しい二郎は本店含めて知らないと言えるぐらい、本家を超えた味。

 

まとめ

入れ替わりの激しい日吉のラーメン屋、同じ慶應出身であっても世代が少し違うと、自分が日吉にいた頃とは店がまるっきり変わっており、話が全然合わないというジェネレーションギャップは慶應生あるある。慶應生が日吉で過ごす期間わずか2年、その2年は生涯忘れない青春の良い思い出、そんなあの時食べた日吉のラーメンの味はきっと一生忘れないことでしょう。ということで日吉の思い出づくりは大事だよ!