最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

わずか30万円台から買える!コスパの良いスポーツカーまとめ

スポーツカーって高いというイメージありませんか?そんなことない!むしろ2019年の現代においては、燃費が悪くて、あちこち維持費かかって、実用性ないスポーツカーは不人気の象徴。中古車を見渡してみると30万円ぐらいで買えてしまうスポーツカーも結構あります。ということで今回はわずか50万円前後で買えるスポーツカーをまとめてみたので紹介したいと思います!

 

わずか30万円台から買える!コスパの良いスポーツカーまとめ

 

マツダRX-8

f:id:saikootoko:20191013033304j:plain

引用元:https://option.tokyo/2018/12/30/14773/

筆者の愛車。RX-8、軽自動車でもコンパクトカーでもないのに中古市場は想像を絶するほど安い!オートマなら30万円以下の個体もザラ。MTでも50万円ぐらいで問題ない個体買える!で、何でこんなに人気無いのかというと、大して速くないくせに維持費高いから。いや!スポーツカーの中で見たら速くないけど、そこらのミニバンなんかよりは十分速い!そしてコーナリングスピードだけは日本車トップレベルに速いので、峠ではグイグイ曲がるし何より面白い。ということで、初めて車買う人、大学生、峠で遊ぶセカンドカー、とりあえずミサイル欲しい人には最高におすすめのコスパ良い車がRX-8

 

トヨタセリカ

f:id:saikootoko:20191013033442j:plain

引用元:https://www.gtnet.co.jp/usedcar/detail/00510000011000930423.html

これまたコスパが良い!というのも、RX-8と違ってさすが安心と安全のトヨタ車、20万km走っても壊れない安心感。ということで、とりあえず安く車買って、買った後も安心して乗りたい人はセリカがおすすめ。しかもセリカのすごいことが、最終型の1999〜2006年生産のZZT型だけじゃなく、1993〜1999年のST200型も選択肢に入ってくること。普通の車だったら約30年前の車なんて故障ばかりで乗れたもんじゃない!ってのがイメージだと思うけど、セリカは何でか知らないが壊れず、普通に乗ってる人多い。しかも4つ目のヘッドライトは今見てもかっこいいデザインの良さ。ということで、とにかく壊れない普通車スポーツカー欲しい人にはぜひおすすめの最高コスパ車!

 

スズキ・スイフトスポーツ

f:id:saikootoko:20191013033557j:plain

引用元:http://navi.carsensorlab.net/news/15_17429/

コスパ最強スポーツカー。コンパクトカーのスイフトと同じ見た目ということさえ気にならなければ、速い・安い・かっこいい?が揃った最強にコスパ良い車。先代モデルであれば6年落ちの車がわずか30万円代から狙えるという驚きの安さ。世間的には少し速いコンパクトカー程度のイメージしかないが、先代モデルは世界ラリー選手権にも出場していたほどの本格派。新車価格200〜300万円のフォルクスワーゲン・ゴルフやルノー・メガーヌと真っ向から張り合うことを前提に作られているので、そりゃ遅いわけがない。ということで見た目さえ気にせず、実用性あって速いコスパ良い車欲しいならスイスポが一択! 

 

スズキ・アルトワークス

f:id:saikootoko:20191013033657j:plain

引用元:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17029423

軽自動車=低性能をひっくり返す軽自動車最強の速さを誇るコスパ車。峠からサーキットまで問題なく楽しむことができる。また軽自動車のため、税金やタイヤ代、ガス代などもかなり安く抑えることができ維持費も最強にコスパ良い。1リッターあたり117馬力という信じられない値を叩き出した初代ほど過激な性能は無いが、現行モデルでも5MTで操る楽しさは健在。先代にパワーは劣っても670kgという軽自動車ならではの超軽量ボディは何よりも速さにプラスになる。ということで、車両価格、維持費共にとにかく安く済ませられるコスパ良い車欲しいなら真っ先に選択肢に入れたいのがアルトワークス

 

トヨタMR-S

f:id:saikootoko:20191013033744j:plain

引用元:https://www.carsensor.net/contents/editor/category_849/_8704.html

わずか50万円で買える車としては珍しいミッドシップ車。運転にクセがあり、正直操作は難しいが、慣れれば手足のように使いこなしてる感が味わえ、他のスポーツカーにはない独特のコーナリング感覚が楽しめる面白い車。実は2人乗りオープンカーなので、キャラクターとしてはマツダ・ロードスターにかなり近い。ポルシェをパクったようなデザインはともかく、ロードスターみたいに楽しい車が欲しくて、ミッドシップを操る楽しさを味わいたいという人にはかなりおすすめなコスパ良い車。

 

三菱・FTO

f:id:saikootoko:20191013033831j:plain

引用元:https://car-me.jp/articles/10355

40万円ぐらいで買える正真正銘のコスパ良い車。可変バルブを搭載し、ホンダのVTECが登場するまではFF車最速の車だった。が!シビック TYPE Rの登場により、一気に過去の遺物に。三菱の不人気車の代名詞的な車になってしまった。ただ走行性能はシビックより低いけど、見た目はやたらとかっこいい。とてもじゃないが40万円のスポーツカーには見えない見た目、もしかしたら高級外車に見間違えられるかもしれないと言っても良いほど。ということで、他の人と被りたくなくてそこそこ速くてかっこいいスポーツカーが欲しいならかなりコスパ良い車。

 

マツダ・ロードスター

f:id:saikootoko:20191013033922j:plain

引用元:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17255286

4人乗れて馬力も高いRX-8が30万円で買えるのに、2人しか乗れなくてRX-8より100馬力も少ないロードスターが50万円もするのかよ!高い!!と思うかもしれないが、ロードスターの良さは速さじゃない!この世で最も運転する楽しさを味わえると言えるほど面白い車!とにかく運転が大好きで楽しい車が欲しいという人には最高にコスパ良い車。というのも馬力が低いからこそのメリット、制限速度内でもアクセルベタ踏みしまくれて、ブンブン回るエンジンはスポーツカーを操っているという雰囲気はピカイチ。ということで高くて遅くて一見コスパ悪いように見えるけど、乗ってみると評価が一転する何より楽しいコスパの良い車。

 

86/BRZ

f:id:saikootoko:20191013034023j:plain

引用元:https://gazoo.com/impression/guide/161222.html

なんだかんだ日本のスポーツカーと言ったらこの車。水平対向エンジンのフィーリング、MT車、207馬力というそこそこのパワーなどスポーツカーとしてはそこそこにまとめられているコスパ良い車。そしてカタログ上は大したことないと思うような値だけど、乗ってみると評価が一転する。値段やスペックとは違うスピード感、フィーリング、良いデザインなどとにかく雰囲気だけは抜群に良いスポーツカー。ついに最近100万円以下で買える中古車も出始めてきたし、価格面でもかなりお得感が出てきた日本を代表するスポーツカーであり、コスパの良い車。

 

アメ車全般

f:id:saikootoko:20191013034149j:plain

引用元:https://bestcarweb.jp/feature/column/2780

価格あたりの馬力においては最高のコスパを誇るのがアメ車。新車でさえ600万円ぐらいで400馬力以上の車買えるという最強のコスパを誇るのに、日本ではアメ車全然人気ないから中古だと暴落価格、100万円で400馬力以上の車が普通に買えてしまうという馬力においては驚きのコスパ!上に書いた国産スポーツカーと違って、峠に持っていってもあまり面白くはないけど、高速道路でアクセルベタ踏みした時や信号待ちダッシュでの爽快感は100万円で買える車としては異次元レベル。ということで、とにかく何でも良いから速い車欲しい人には最高のコスパになるのがアメ車。

 

まとめ

どうでしたか?30万円台のスポーツカーなんてかっこいいのないでしょ。と思っていた方、意外とかっこいいスポーツカーありませんでしたか?ということで買おうと思えば意外と安く買えてしまうスポーツカー、乗りたいと思った時が乗り時かもしれませんよ!

あわせて読みたい

www.piroriro.com