最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

怒鳴る上司なんて怖くない!怒られまくった部下が心理と対策を教える!

動物園のサル山、なぜか飽きずにずっと見ていられる筆者です!

 

いまの会社に就職して3年目の筆者、

配属されたばかりの頃は上司に毎日のように怒られていた

 

いや!怒られていたなんてもんじゃない

激昂され怒鳴られていた!

 

で、筆者が怒られると周りの人たちも凍りつく

大変だね・・・

なんて慰めの言葉も投げかけられていた筆者、

 

もう心が痛くて会社に行くのも大変だった・・・

 

 

 

 

 

なんてことはない

 

基本的に怒られようが怒鳴られようが悪口言われようが全く気にしない筆者

 

上司の机に呼ばれたら、

「あー。また始まったか」

ぐらいにしか考えておらず、

上司の罵詈雑言なんて全て右から左に流してた

 

で、怒られている最中何考えていたかというと、

ひたすらその上司のことを考えていた

 

え?

上司に恋でもしてたのかって?

 

バカ!

こういう変な人にはならないようにしよう!

って反面教師にするために一字一句観察してたの!

 

てことで今回は部下を怒鳴りつける上司の心理と対策を教えたいと思う!

 

怒鳴る上司なんて怖くない!怒られまくった部下が心理と対策を教える!

f:id:saikootoko:20191125193530p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2015/07/blog-post_847.html

 

新入社員時代毎日のように上司から怒鳴られていた筆者、観察してたら3つの特徴と心理に気付いた!

 

毎日のように筆者を机に呼びつけ怒鳴りつけていた上司、

新入社員だったあの時の筆者は、

「これが社会人というものかー。大変なんだなー」

なんて上司の怒りを受け入れてたけど、

 

3年目になったいま思う!

あれはパワハラだ!

 

最近でこそ怒られなくなったけど、

もし今あんな怒られ方したら、即行で証拠集めて人事部に突きつける!

って筆者が思うぐらい尋常じゃなく激昂していた上司

 

で、あの頃はなんとか上司と仲良くしようと思っていた筆者、

 

「すみません・・・すみません・・・すみません・・・」

 

なんて下手に出るフリして、

ひたすら上司の言動を一字一句観察していた

 

その観察の結果、

人前で部下を怒鳴りつけるような奴はどうしようもない無能!仲良くする価値すらなし!

という結論に至った!

 

てことで怒鳴られながら筆者が分析した他人を怒鳴りつける人の心理について報告する!

 

特徴① 兎にも角にも自分の感情が先行、合理的な判断なんて二の次

 

筆者を罵倒していた上司、

確かに筆者がミスして怒られた場合もあった

 

だけどそんなの10回中2回ぐらい

残りの8回身に覚えがなかったり、至ってどうでもいいこと

 

てことで、数多く怒られた中でも随一にどうでも良かった例を紹介したいと思う!

 

上司「筆っ者ぁくん!!!!なにこれぇ!!!???」

(筆者が作成した書類を指差し顔を真っ赤にしている上司)

 

筆者「えっ・・・えぇと、どれのことですか?」

 

上司「分からないの!!?ちょっと自分で考えてみな!!!」

 

筆者(もしかしたらこれ?って心当たりを発見・・・だけどまさかこんなくだらないことじゃないだろ〜?と半信半疑で)

「え、えぇと、〇〇自動車株式会社じゃなくて〇〇自動車(株)って書いたことですか・・・?」

 

上司「そっう!てか分かってるならなんで書いたの!!?」

 

筆者(お前がこうやって怒ってるから「もしかして?」って思っただけだよ!書類作った時は別に問題ないと思ってたんだよ!)

「す・・・すみません」

 

上司「だいたい〇〇自動車(株)なんて会社ないでしょ!!!」

 

筆者(え?何言ってんのこいつ)

「すみません」

 

上司「筆者くん決算書とか見たことないの!!!?どこにもこんなこと書いてないでしょ!!」

 

筆者(は?てかこれ決算書じゃないし!ただの社内文書じゃん!てか株式会社→(株)にして誰か困るの?)

「あまり見たことなかったですぅ・・・」

 

上司「じゃ会社のHPに貼ってあるから見て!!!どこにもこんなこと書いてないから!!」

 

筆者(ダメだこいつ・・・)

 

てな感じ!

 

社内の報告書で〇〇自動車株式会社〇〇自動車(株)って書いたら、

まるで(株)に親でも殺されたかのように怒られた!

 

ちなみにこんなに長々と話しておいて(株)って書いちゃダメな理由は結局未だ分からず

 

てかくだらなすぎ!

 

書類に(笑)とか書いて怒られるなら確かに分かるけど、

社内文書に(株)って書いてここまでヒートアップできる上司、

これは一種の才能だと思う

ということで一度カッとなると自分を制御できない上司

 

結局5分以上怒鳴っておいて、

なぜこれがダメなのか?という肝心の原因は分からず仕舞い

 

特徴② 罵倒することで部下が改善すると思い込んでいる

 

仕事ができるかできないか部下の「やる気」「根性」の問題だと思っている上司、

どうやら罵倒することで筆者の生産性が改善すると考えているようで、

 

さっきの(株)で長々と怒っているのもその一環、

とりあえず恐怖を感じさせて、部下の効率を上げる方針らしい

 

だけど仕事ができるできないって、

まずはスキルとか経験でしょ

そもそもなんの知識もない新入社員をいくら怒鳴りつけても、絞るものも絞れない

 

てことで結局、怒鳴ればどうにかなると思ってたみたいだけど、

答えなんて教えてくれないから、

また同じような失敗を繰り返す

 

特徴③ そもそも成果を出すことよりも、部下に対して自分の上下関係を明確にするのが目的

 

ちなみに毎日のように怒鳴られていた筆者、

見るに見かねた周囲の人が一度上司を止めに入ったことがあった

 

その時の上司

「何言ってるの!!?甘くしたらつけ上がるだけだよ!!」

 

うん?

 

あれ?怒鳴ってるのって、業務を円滑に進めるために怒鳴っている訳じゃなくて、

筆者がつけ上がらないように怒鳴ってるってこと?

 

なんか目的ズレてない?

 

てことでどうやらその上司が怒鳴る目的は、

筆者に対して力を見せつけて、自分の上下関係を明確にすることが目的だったらしい

 

まるで縄張りを守るチンパンジーの威嚇行動

 

てことで観察の結果、筆者はこいつを上司じゃなくチンパンジーだと思うことにした

肝心なのはここから!

怒り狂うチンパンジーをなだめる方法を教えたいと思う!

 

毎日のように上司から怒鳴られていた筆者がピタッと怒られなくなった対策法!

 

職場で怒鳴りつける人ってたいていかなり年上だったり役職ついていたり

いわゆる力ある人だと思う

 

てことで、年下の部下がそんな権力者の行動を修正することは不可能

てかこういう頭が硬直しているバカは、

「自分は絶対に正しい」という強い思い込みを持っている場合が多く、たいてい人の話を聞かない傾向がある

 

つまりどうしようもない

 

そしてこういう上司って、

家庭に問題があってストレスを抱えてたり、そもそも自分に自信がないために虚勢を張っていたり、

別の問題のストレスを部下への圧力で発散している場合が多い

 

ちなみに筆者の上司はそうだった

 

一言で言ったら、

自分に自信がない小心者

 

新人だった筆者が怒られるたびに、

「すみません!・・・すみません!・・・すみません!・・・」

ってぺこぺこしてたら怒られたけど、

とある日から態度を変えてみたらピタッと怒られなくなった

 

その対策についてはこの記事に詳しく書いてあるのでこっちを参照!

saikootoko.hatenablog.com

 

まとめ

 

てことで職場で上司から罵声を浴びせられて苦しんでいる人もいるかもしれないけど、

 

そういう上司って対策可能だし、たいていバカだから長い目で見たらどこかで地雷踏んで、

左遷されたりクビになったりすることが多い

 

ということでバカな上司に苦しんでいる人はなんとかうまく切り抜けて欲しい

 

このブログでは今後ともバカな上司チンパンジーの扱い方を定期的にレクチャーしていくので、

ぜひ心を強くもち頑張って欲しい