最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

サラリーマンでも買える!中古価格の安いフェラーリランキング!

新車価格3000万円以上、高級車の代名詞的存在であるフェラーリ。車好きなら誰もが憧れる世界最高峰のスーパーカーである特別な存在。

かと思いきや、意外と安く買えてしまうモデルもあったりする!一番安いフェラーリだったら400万円ぐらいから買えちゃうという驚愕の安さ!

てことで今回は安いフェラーリを紹介したいと思う!

 

サラリーマンでも買える!中古価格の安いフェラーリランキング!

 

フェラーリ・モンディアル

f:id:saikootoko:20191201112150j:plain

引用元:https://www.autocar.jp/firstdrives/2019/05/16/370560/

中古価格:約400万円・1980年〜

2019年現在、新車・中古含め最も安く買えるフェラーリがこのモンディアル。わずか400万円ぐらいで買える。安さの理由は実用性を重視しすぎて、フェラーリらしさがないかっこ悪いデザインだから。確かにこの車がフェラーリだと誰が思うだろうか?ぱっと見80年代の日産車みたいな安っぽいデザイン。2+2シーターの4人乗りのスポーツカーであるモンディアル、モンディアルという名前は「世界の」という意味があり、実は以前フェラーリがF1ワールドチャンピオンを獲得した記念に付けられたレーシングカーに付いていたすごい名前。だけど時を経て同じ名前を付けられたモンディアル、特に速くないし、あまり見た目も美しくないし、エンジンのシリンダーはV8と少ないのになぜか座席は多いというフェラーリヒエラルキーの中で最下層に位置するモデル。たいてい年数が経ちクラシックカーになるにつれて価格が上がってくるはずのスーパーカーなのに、登場から40年経った現在も中古価格は400万円台ととても安い。ちなみに後継は2008年にデビューしたカリフォルニアで、こっちは世界的な大ヒットを樹立した。

 

フェラーリ・348

f:id:saikootoko:20191201112240j:plain

引用元:http://www.carsensorlab.net/car/FES0043513113VU002898431500.html

中古価格:約500万円・1989年〜

先ほど紹介したモンディアルと同じ、フェラーリの中では廉価版のV型8気筒エンジン搭載のスポーツカーでありながら、2人乗り、当時のフェラーリのフラッグシップであったテスタロッサに似ていることから、結構人気はあったのが348。ただフロントシャシー剛性が低くまっすぐ走らないことや、タイミングベルトがずれるだけでエンジンが一瞬でオシャカになるなど、色々と致命的な欠点があり中古では極力手を出さないようにしている人が多い。中古価格は500万円台とこれまた安く、壊れたら廃車にするという使い捨て感覚で買うことができ、なおかつフェラーリらしいかっこいい見た目の車が欲しいと思う人にはお買い得かも。

 

フェラーリ・456

f:id:saikootoko:20191201112320j:plain

引用元:http://intensive911.com/?p=126397

中古価格・約500万円・1992万円〜

V型12気筒搭載の2+2シーターの4人乗りモデルのフェラーリである456。イタリアの名門デザイン企業ピニンファリーナによるデザインは、フェラーリとしては落ち着いた優雅なイメージのあるデザインでファンも多い。が、ミッションに致命的な欠陥があり、修理代がかなり高く付くということで不人気車種となっている。ということで、中古価格は約500万円とこれまた安い。特に日本の渋滞などはかなりの苦手で、渋滞によるアイドリングでオイルの温度が上昇するとその熱でミッションが壊れるというほどのか弱さ。たとえ200万円で売られていても、日本で乗るなら買うのはやめておいた方が無難と言えるフェラーリ

 

フェラーリ612スカリエッティ

f:id:saikootoko:20191201112435j:plain

引用元:https://www.webcg.net/articles/gallery/11850

中古価格・約600万円・2004年〜

2004年登場と上に書いたフェラーリに比べたらかなり新しいフェラーリなのに安いのがこの612スカリエッティ。スカリエッティという名前は以前フェラーリに所属していた人物名から取られている。安さの理由は、フェラーリの中では亜種的存在であり、あまり周りに自慢できるような特徴がないから。というのも上に書いた456の後継である612スカリエッティV型12気筒搭載の2+2シーターの4人乗りモデルであり、大人4人が余裕を持って乗り込めるというのがウリだったが、そもそもそんな用途に使うならフェラーリ以外にもっと良い車がたくさんある!ということで見事に不人気車の代表となる。また456同様、ピニンファリーナの日本人デザイナーによりデザインされた見た目は、フェラーリらしくないを通り越して、いかにも普通なデザインであり、これまた不人気に拍車をかけた。ということで新車価格は3660万円したはずなのに、現在中古で約600万から購入可能という異例のバーゲンプライス。

 

フェラーリ360モデナ

f:id:saikootoko:20191201112532j:plain

引用元:https://www.amazon.co.jp/TEZZO-F-SUS304-360-軽量ステンレスマフラー-(-フェラーリ360モデナ)/dp/B00DWNS7H0

中古価格・約700万円・1999年〜

やっと登場したフェラーリっぽくてかっこいいのに安いフェラーリがこの360モデナ。2人乗りのクーペモデルの360モデナは誰もがイメージするフェラーリの形であり、上に書いたような亜種的存在のフェラーリと違い、普通に速い。安さの理由は古いから。というのも現行モデルのF8トリブートからさかのぼると、4世代前のフェラーリにあたるのがこの360モデナ。20年前という中途半端な古さが不人気となっており、わずか700万円という安い値段が付いている。しかし、上に書いたような変なフェラーリとは違って、新車時は人気があった正統派フェラーリである360モデナ。もうちょっと経つとクラシックカーの領域に突入し、価格が反転!上昇に転じる可能性が高い。一世代前のF355が一時期サラリーマンでも買えるほどの安値から、一気に暴騰と言えるほどの価格上昇をしたのと同じように、360モデナもそろそろ暴騰に転じるかも?とても丈夫でトラブルも少なく、フェラーリらしい高音サウンドやじゃじゃ馬感も持ち合わせている360モデナ、サラリーマンが現実的に買うとなったら一番おすすめのフェラーリ

 

まとめ

世間では高級車と思われているフェラーリ、確かに高いっちゃ高いけど、モノによっては意外とサラリーマンが買える価格で売られていたりもする。ということでどうしてもフェラーリが欲しい!という人には一世代前の中古のフェラーリはおすすめかもしれませんよ!