最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【初心者向け】メーカー開発社員が教える!自動車の改造講座【必修編】

毎日おかしなことばかり書いているこのブログ

 

いつも変なことばかり言ってるもんだから、

このブログを読んでくれている人が持つ筆者のイメージといったら、

 

変人!

社会不適合者!

ガチやべー奴!

 

こんな感じだろうけど、

実は昼間は日本のどこかの自動車メーカーの開発担当でもある筆者

 

ということで今回は、自動車メーカー開発担当の筆者が、

たまには真面目な記事を書いてみよう!

ってことで、

 

「初心者でも分かる自動車の改造講座」を紹介してみようと思います!

 

え?

変なこと書いてませんからね?

 

 

【初心者向け】メーカー開発社員が教える!自動車の改造講座【必修編】

 

f:id:saikootoko:20200609003918p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2016/10/blog-post_753.html

 

車を改造する目的って、

  • 速く走れるようにしたい
  • 見た目をかっこよくしたい

 

ほとんどの人はこの2つのどちらかの理由だと思います

ということでこの記事では、なるべくこの2つを両立した改造を、

優先度の高い順番に紹介していこうと思います!

 

車高を下げる

 

とりあえず自分の車を改造したい!

って思う人に一番最初におすすめするのはこれ!

 

というのも、

車高を下げると、

車がとてもかっこよくなる!

だけじゃなく、

車がそこそこ速く走れるようになる!

と良いことづくめ!

 

f:id:saikootoko:20200609201704j:plain

引用元:https://www.ancar.jp/channel/28011/

 

で、

車高を下げるには大きく2つの方法があって、

  • 車高調
  • ダウンサス
  • (サスを切る)

 

え?

3つ書いてあるじゃねぇーか!

だって?

 

いや、

見間違いじゃないですかねぇ?(すっとぼけ)

 

そんな感じで順番に説明していこうと思います!

 

車高調

 

車高を下げる方法として一番のおすすめがこれ!

よくドン・キホーテの駐車場やみなとみらいの赤レンガ倉庫あたりに、

ゴ●ブリみたいな車がいると思いますが、

あれがまさしく車高調が入っている車!

 

f:id:saikootoko:20200609194606j:plain

引用元:https://www.carsensor.net/contents/editor/category_849/_2453.html

 

で、車高調を入れると、車高を地面すれすれギリギリまで下げることができるのはもちろんのこと、

スプリングの硬さ、減衰力調整などといった車の性能に関わる細かな調整も可能で、

超簡単に言うと、車の乗り心地を硬くしたり、柔らかくしたり自由に調整できるようになります

 

f:id:saikootoko:20200609194808j:plain

引用元:https://matome.response.jp/articles/2283

 

車好きならついついハンドルをクイッ!と動かして、

車がひっくり返りそうになることが多々あると思いますが、

それも車高調を入れて重心を下げて、硬めのセッティングにすると、

車が左右に傾く力が弱まり、横転しにくくなります!

 

f:id:saikootoko:20200609195040j:plain

引用元:https://movie.walkerplus.com/news/article/8703/image23644/

 

ただ!

車高調のデメリットが・・・

 

とても高いこと

 

カー用品の中でも屈指に高いパーツである車高調、

相場としては10万〜30万円ぐらい

これに工賃が3万〜6万円ぐらい

 

で、消耗品でもある車高調、

ヤフオクで中古を買うと、使い古されて機能が全く失われているものも多々あるので、

できれば新品の方がおすすめ・・・

 

てことで、そんなお金がネックな人におすすめなのが次に紹介するダウンサスです!

 

ダウンサス

 

10万円も払えないけど、車高は低くしたい!

って人におすすめなのがダウンサス!

超簡単なイメージで説明すると、

車高調がサスペンション一式を交換するのに対して、

ダウンサスはサスペンションの部品の一つであるスプリングのみを交換します

 

f:id:saikootoko:20200609195142j:plain

引用元:https://www.auto-acp.com/crown/products/espelir.html

 

そして、肝心のお値段はなんと!

ダウンサス本体:2万〜4万円ぐらい

工賃:2万〜3万円ぐらい

で取り付けられます!

 

むちゃくちゃ安い!

 

となると・・・ 

なーんだ(笑)だったらダウンサスでいいや!

って思った人もいるかもしれませんが・・・

 

ダウンサスってただ見た目が下がるだけ

性能面ではノーマルよりも走行性能が下がるなんてこともザラ

 

しかも!

地面すれすれのゴ●ブリみたいな限界ギリギリまで下げるのは無理!

車のオーナー本人にしか分からない程度にちょぴっとだけ車高が下がる

ってのがダウンサスの効果

 

てことで、それぞれの車の使い方によるけど、

アホみたいにスピード出したりする人は、ダウンサス入れると跳ねまくってとんでもないなんてことにもなりかねないので、

むしろノーマルのままの方が良いかも・・・

ってのが筆者の個人的な意見

 

(サスを切る)

 

ダウンサス買う5万円もない・・・

車高調買えないけど地面すれすれまで車を下げたい・・・

って人がやる最終手段がこれ

 

サスペンションのスプリング部分をぶった切るという原始的方法

 

f:id:saikootoko:20200609195630p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2019/08/blog-post_9.html

 

切ったら切っただけ車高を下げることができます!

 

ちなみにほぼ99%やったことを後悔すると思うので、

絶対におすすめしません!

車好きな筆者でも、サス切ってる知り合いいたらドン引きして友達やめるレベル・・・(笑)

 

多少のお金を節約できる以外に何も良いことありません!

てか違法改造はいけません(棒読み)

 

アルミホイール

 

車高の次にやる改造として筆者おすすめなのがこれ!

最近のスポーツカーはほとんど最初からアルミホイールが入っているので、

性能面ではそれほど効果ないかもしれないけど・・・

やっぱ社外のホイールは超絶かっこいい!

 

f:id:saikootoko:20200609200018j:plain

引用元:https://car-me.jp/BBS_wheel/articles/10599

 

てことで、

アルミホイール自分が気に入ったデザインのものをなんとなく選んで大丈夫です!

予算も5万〜50万円と幅広いので、自身の予算に合わせて選びましょう!

 

f:id:saikootoko:20200609200222j:plain

引用元:https://cobby.jp/wheeler-manufacturer-list.html

 

ちなみに一つだけ注意点が、

デザイン重視で選んでいると、ホイールがフェンダーからはみ出してしまうということが多々あり、

こうなると、ディーラーはもちろんのこと、オートバックスイエローハットみたいなカー用品店にまでことごとく入庫拒否をくらうので、

ホイールのはみ出しだけは注意しておいた方が良いと思います・・・

超絶面倒くさいです・・・ 

 

f:id:saikootoko:20200609200126j:plain

引用元:https://www.diylabo.jp/column/column-326.html

 

マフラー

 

車の改造として一番に思い浮かぶ人も多いのがマフラー交換!

やっぱりアクセルを踏み込むたびに響き渡るような排気音は最高に気持ちいいですよね!

あ。もちろん車検対応の範囲内ですよ?(棒読み)

 

f:id:saikootoko:20200609200327j:plain

引用元:https://www.webcartop.jp/2017/01/64521/

 

そしてマフラーの排気音も多種多様!

とにかく近所迷惑なうるさい音、まるで楽器のように響き渡る高音、地響きのような低音、下●便などなど・・・

ちなみに筆者個人的な好みは、「フォーンフォーン」となるべく濁点のない音が好きです!

 

f:id:saikootoko:20200609200530j:plain

引用元:https://lexus.jp/models/lfa/gallery/

 

で、実はかなり奥が深いマフラー交換、

エキマニとか触媒とかこだわるとキリがないので、

とりあえず最初は、

車の後ろ側からちょこっと出ている銀色のパイプ部分だけ交換しておいて、

乗っているうちに他の部分も交換していくのがおすすめです!

 

f:id:saikootoko:20200609200620j:plain

引用元:https://magazine.cartune.me/articles/2592

 

予算は大体5万〜50万円ぐらいですが、

おそらく50万円のマフラー入れると、吸気側のエアクリ交換はもちろん、点火タイミングの最適化でコンピューターチューンが必要になるなど・・・

きっとみるみるお金が無くなるループに入ると思うので、計画的にやりましょう・・・

 

f:id:saikootoko:20200609200856p:plain

引用元:https://www.fujitsubo.co.jp/about-exhaust-systems/mechanical/01/

 

【第二段階】お金が余ってたら取り組みたい改造一覧

 

ということで、

ここまで紹介した

  • ローダウン
  • ホイール交換
  • マフラー交換

これで車を速くするための改造はほぼ完了!

きっとここまでの改造だけで50万〜150万円ぐらいは吹っ飛んでるかと思います・・・

 

ここからは車の性能面での優先度は低いけど、

見た目をかっこよくする改造について紹介しようと思います!

 

エアロ

 

車の見た目を一番変える改造といったらこれ!

見た目だけではなく、空力性能もアップ!

なんて宣伝されていることもありますが、制限速度で走っている分にはあまり効果は感じられないかも・・・

制限速度の範囲内では、莫大な予算をかけて風洞施設で事細かに実験・開発を行っているメーカー純正のエアロパーツが間違いなく一番の性能です

 

f:id:saikootoko:20200609201905j:plain

引用元:https://www.webcartop.jp/2017/06/122819/

 

ちなみに空気抵抗は、速度の2乗に比例するので、

速度が高くなればなるほど、空気抵抗を少なくするメリットが生まれます

 

メーカーも想定外びっくりなスピード出す人は、もしかしたら社外エアロの恩恵も受けれるかも・・・?

 

f:id:saikootoko:20200609203358j:plain

引用元:https://goo.to/article/91195

 

てことで!

エアロは細かいこと気にせず、見た目が気に入ったものを選べば良いと思います!

 

予算はフルエアロ(フロントスポイラー、サイドスカート、リアスポイラー)で大体10万〜20万円ぐらいで、

それに塗装代と取付工賃で10万円ぐらいを見ておけば間違いないと思います!

 

シート交換

 

この先の改造の順番はもう個人の好みになりますが、

筆者が次にやるとしたらシート交換!

 

f:id:saikootoko:20200609203750j:plain

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000034991.html

 

ちなみにシートってたまにヤフオクで鬼のように安いものが出ていることも多いので、

もしも掘り出し物見つけたら、どのタイミングで行っても良いかと思います

 

で、

車好きなら誰もが憧れるバケットシート

公道での安全確認のしやすさなどから、どうしてもホールド性が犠牲になっている純正シートとは雲泥の差があるほどとても運転しやすい!

 

f:id:saikootoko:20200609204140j:plain

引用元:https://magazine.cartune.me


ちなみに自分の身体にぴったりのサイズのシートを選ぶと、5時間ノンストップで運転なんてことも余裕で出来るってぐらいバケットシートは良い!

一度使うと純正シートには戻れません

 

シート交換のデメリットとしては、

乗り降りがしにくくなることと、カーSEOができないぐらいです

大したデメリットじゃありませんね!

 

あともしもバケットシートを実際に購入したら、

無頓着に車に乗り降りしていると、

側面の腰骨をサポートする部分が破れてしまうので、

乗り降りの際はちょっと気を付けて、極力大事に使いましょう!

 

f:id:saikootoko:20200609204253j:plain

引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/667121/car/569531/2002916/note.aspx

 

4点式シートベルト

 

バケットシート入れるのと同時に入れたいのがこれ!

体をシートにガッツリ固定するための4点式シートベルト!

 

f:id:saikootoko:20200609204352j:plain

引用元:https://www.webcartop.jp/2017/03/86786/

 

ただ、公道で使っていると一瞬で捕まるので気を付けましょう!

派手な色しているものばかりなので外からでも目立ちます

 

あと、もしも事故にあった時、4点式シートベルトだけの使用だと、

エアバッグが凶器になったり、首にとんでもない衝撃が加わるなど、

自分が大怪我する可能性もあるので、使わない方がおすすめです

 

f:id:saikootoko:20200609204845j:plain

引用元:https://tama-seikotsuin.jp/blog/20191206-890/

 

筆者も入れてはあるけど、ほとんど使わないただのファッションアイテムと化してます・・・(笑)

 

ステアリング交換

 

安くてお手軽でバッチリ雰囲気出る改造と言ったらステアリング交換!

 

f:id:saikootoko:20200609210006j:plain

引用元:https://www.momojapan.com/products/steering/index.html

 

首都高の某PA行くと、走り屋の人たちが社外ステアリングぶら下げたりしていてすごくかっこいいですよね!

 

f:id:saikootoko:20200609205334j:plain

引用元:https://motor-fan.jp/article/photo/10004576/20180619174058000000


で、そんな社外ステアリングに憧れる筆者、

自分の車はというと・・・

 

どノーマルの純正ステアリング

 

f:id:saikootoko:20200609210911j:plain

引用元:https://www.w-wing5077.com/2019/11/20/

 

え?

だって痛いのイヤじゃん?

 

というのも、

たいていの場合、エアバッグ機能が失われる社外ステアリング、

で、事故の時っておそらくまず最初に顔面を強打するのってステアリング・・・

 

エアバッグないステアリングに顔面突っ込むなんて、想像しただけでもおそろしいビビリな筆者・・・

 

てことで、走り屋ガチ勢からしたら、

この腰抜け!

って感じだろうけど、何より痛いのはイヤなので、どんなにダサいと言われようがステアリングは純正一択!

 

どうせステアリングじろじろ見てるのなんて車オタクだけだし、

やっぱり安全第一!ですよ

 

まとめ

 

そんな感じで、初心者の人にもおすすめな車の改造の紹介でした!

上級者やマニアの人は、

LSDがない!

ECUがない!

ロールバーがない!

なんて声も聞こえてきそうだけど・・・

 

とりあえず上に書いた改造をやっておけば、

結構走れるかっこいい車になっていると思います!

 

一度ハマるとかなり奥が深く、とんでもないお金が消えていく車の改造・・・

純正こそ一番ベスト!

なんて言葉もあり、確かにそれも一理あると思うけど、

やっぱり自分だけの一台を作り上げる車の改造って面白いですよね!

 

そんな筆者も、

どうせ公道では車の性能100%なんて出し切れないんだから、多少性能落としてもかっこい車に乗ってる方が良いと思って、

せっせと車いじりしてます

 

てことで、同じ車好きどうし、

誰かの役に立てたら幸いです

 

あわせて読みたい

 

車の改造にお金を使いすぎてしまった人向け!筆者も履いてます(笑)

www.piroriro.com

 

土日は洗車ばかりしてる筆者が使うギラギラに愛車を光らせる洗車グッズはこちら!

www.piroriro.com

 

なぜかドライブデートでフラれまくった筆者の経験談をまとめてみました! 

www.piroriro.com