最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

猫を飼うのにお金はいくら必要?初期費用と準備すべきグッズまとめ

猫が我が家にやってきてから1ヶ月が経ちました

そして、猫を飼う前に気になるのは、やはりお金の問題!

ということで今回は、筆者が猫を飼うのにかかった初期費用実際に買ったグッズを紹介したいと思います!

人生で初めて猫を買った筆者目線で紹介しますので、これから猫を迎えようと思っている方のお役に立てればと思います!

 
f:id:saikootoko:20200313022628j:image

 

猫を飼うのに必要な費用は1万〜3万5000円

 

まずは猫を迎える前に必ず用意しておきたいグッズと費用の目安を紹介していきます。  

準備すべきグッズと費用の目安
  • 食器   :500〜20,000円 
  • トイレ  :1,500〜75,000円
  • ケージ  :2,000〜30,000円
  • 爪研ぎ  :1,000〜5,000円
  • キャリー :2,500〜20,000円
  • ブラシ  :500〜3,000円
  • 合計   :8,000〜153,000円

注意:153,000円は超高級ブランドと最新のハイテクガジェットで揃えた場合です!

普通の人は1万〜3万5000円ぐらいで収まると思います

 

食器

 

猫がキャットフードを食べるための食器です。100均のプラスチック食器や紙皿でもいいのですが、猫の食べやすさを考えて作られた専用食器がおすすめです。

うちの猫は猫壱の「脚付フードボウル 猫柄 」を愛用しています。身体の構造上、食物が逆流しやすい猫の食べやすさを考えて設計されたおすすめ食器です。

 

ちなみにお金持ちの方は、ティファニール・クルーゼの高級食器もあります。ヒカキンの猫はお値段2万円のティファニーの食器を愛用しているみたいです。

ル・クルーゼは意外とお手頃な価格で、他の猫用食器とは一味違うおしゃれな食器なのでおすすめですよ!色も形もたくさん選べます!

 

トイレ

 

猫のトイレは大きく分けて「普通のトイレ」「システムトイレ」「全自動トイレ」の3種類があります。おすすめは臭いもほとんどなく、飼い主の掃除も楽な「システムトイレ」です。普通のトイレとあまり価格も変わらないのでおすすめです。

そして我が家ではシステムトイレでシェアNo.1の「ニャンとも清潔トイレ」を使っています。ニャンとも清潔トイレについてはこちらの記事で詳しく紹介していますのであわせてご覧ください。

www.piroriro.com

 

ケージ

 

「猫にケージは必要ない」という人もいますが、子猫時代にケージに慣れさせておくと後々楽です。普段の生活で、猫と人間のエリアを完全に分けることで脱走や危険なものへのいたずらを防止できると共に、もしもの災害時に避難所へ猫を連れていく際もストレスが少ないです。 

筆者はアイリスオーヤマの「ペットケージ 3段 ホワイト PEC-903」を使っています。市販されているケージの中でも最大レベルに大きく、お値段も約13,000円とリーズナブルなのでおすすめです。

 

爪研ぎ

 

意外と忘れがちですが、猫の日常生活にとって爪研ぎは食事やトイレ並みに重要です。飼い主の家具を守るためにも、しっかり爪研ぎグッズを用意して対策しましょう。段ボール、麻、カーペットと猫の好みに応じていろいろな種類の材質があります。

あまり高いものでもないので、筆者は猫を迎える前に全種類揃えました。全部買っても5,000円以内に収まり、おそらく家具で爪研ぎされる心配もなくなるのでおすすめです。

 

 

 

 

キャリー

 

病院や外出の際に必要になるのがキャリーです。いざという時にすぐに病院に連れて行けるよう、必ず準備しておきましょう。

筆者は、リュックサックタイプのキャリーケースを買いました。デザインもおしゃれで、両手が空いてお水や濡れティッシュなどお出かけグッズも持ちやすいのでおすすめです。

このモンスターボールみたいな見た目のキャリーは猫飼う前にTwitterでバズってて筆者が一目惚れしました!かなり気に入って使ってます!!

3,000円ぐらいのノーマルタイプではなく、4,500円の2019年最新型を買うと、猫の快適装備がかなり改良されているので、筆者一押しです!

 

ブラシ

 

我が家の猫はペルシャ猫なので毎日のブラッシングは必須。ということで、コーム、スリッカーブラシ 、獣毛ブラシと3種類を揃えました。

 

 

 

特に長毛種の場合、ブラッシングを怠ると体に毛玉が発生し、最悪の場合、トリミングしないといけなくなるので、必ずブラッシングはしましょう。

また、獣毛ブラシ「豚毛」「猪毛」がありますが、長毛種は毛の硬い猪毛の方が、しっかりアンダーコートまでブラッシングできておすすめです。

 

合計:筆者は上のリンク全部揃えて33,000円でした!

 

以上が猫を迎えるにあたって最低限揃えるべきグッズです。筆者は全て揃えて、33,000円でした。全てamazonで買うことができるので、猫を迎える前にまとめて注文しておくのがおすすめです。思ったよりも安いと思った人も多いのではないでしょうか?

特にキャリーケースとシステムトイレは結構大きいので、通販で買うのがおすすめです。

 

まとめ


f:id:saikootoko:20200313022640j:image

猫を飼うのに必要な費用についてまとめてみました。筆者は最低限必要なグッズ6種類を揃えて33,000円でした。ほとんどの人はこのぐらいの金額で収まると思います。

どれも猫を迎える前には必ず用意しておきたい必需品なので、これから猫飼おうと思っている方は買い忘れないよう、しっかり揃えておきましょう!