最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

グレンドロナックの味や種類/12年・15年・18年・21年・ピーテッドの違いを解説 

お花やフルーツのような華やかな香りで知られるシェリー酒。そんなシェリー酒の製造に使った樽を使用して、ウイスキーに華やかな香り付けをする蒸留所として有名なのがグレンドロナック

シェリー樽熟成」のエキスパートとも呼ばれるグレンドロナックは、ウイスキーらしからぬ独特の華やかな香りに定評があります

ということで今回は、そんなグレンドロナックの特徴、歴史、ラインナップごとの違いを初心者の人にも一から分かるように解説してみようと思います!

 

 

グレンドロナックの味や種類/12年・15年・18年・21年・ピーテッドの違いを解説 

 

f:id:saikootoko:20200710210400j:plain

引用元:http://www.ryanbenink.com/whiskyworld/2019/03/the-glendronach-1993-master-vintage/

 

グレンドロナックとは?

 

f:id:saikootoko:20200710210320j:plain

引用元:https://www.luxuriousmagazine.com/glendronach-distillery-visitor-centre/

 

グレンドロナックはスコットランドのハイランド地方で造られるウイスキー

ブレンデッドスコッチウイスキーで有名な「ティーチャーズ」のキーモルトとしても使われています

グレンドロナックの一番の特徴は、シェリー樽による熟成を得意とすること

ウイスキー好きの間でもひとくくりに「シェリー樽熟成」とまとめられることが多いですが、グレンドロナックのシェリー樽は、辛口のオロロソと甘口のペドロヒメネスの2種類をしっかりと使い分けています

シェリー樽特有のスパイシーな甘さは、ウイスキー好きからも定評があり、シェリーの香りをするウイスキーとして、マッカラングレンファークラスに並び、思い浮かべる人が多い銘柄です

 

グレンドロナック蒸留所の場所

 

f:id:saikootoko:20200710210500j:plain

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=q-4LGp-cncA

 

スペイサイド地方とハイランド地方の境目あたりに位置するグレンドロナック蒸留所

たくさんの小川が流れる水の名所である、スコットランド・ハイランド地方のアバティーンシャーの郊外、ハントリーという場所に蒸留所は建ちます

緑に囲まれた田園地帯に建つグレンドロナック蒸留所は、他にも川や谷などを望むことができ、豊かな自然環境の蒸留所として有名です

 

グレンドロナックの歴史

 

f:id:saikootoko:20200710210544j:plain

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BTQiP6zkrvE

 

1826年に創業したグレンドロナック蒸留所

地元の地主であるジェームス・アラデスによって作られました

最初は、ウイスキー造りに情熱を燃やしていたアラデスですが、グレンドロナック蒸留所の名声が高まるにつれて、ロンドンの社交界へハマってしまい、挙げ句の果てに、1837年には火事で蒸留所を消失してしまいます

その後、再建された蒸留所は買収され、1960年には、ブレンデッドウイスキーティーチャーズ」を所有するウィリアムティーチャー&サンズ社が買収します

その後、オーナーは次々と変わりますが、2008年に現在のベンリアック・ディスティラリー社の所有に落ち着きました

 

グレンドロナックの製法

 

f:id:saikootoko:20200710210043j:plain

引用元:https://www.pinterest.jp/pin/652177589769602000/

 

グレンドロナックは、スコットランドで最後まで、伝統ある石炭直火焚きによる蒸留を行っていた蒸留所として有名。しかし、2005年に廃止され、現在は様々な蒸留所で一般的な蒸気による加熱に切り替えられています

また原料の大麦は、地元ハイランド産100%にこだわり、近年廃止する蒸留所も多いフロアモルティングという製麦方法を守り続けています

そしてグレンドロナックのウイスキー造りの一番の特徴は、シェリー樽による熟成

シェリー樽を使用することで、グレンドロナック特有のスパイシーな甘さとフルーティ感ある味わいを造り出しています

 

グレンドロナックの種類

 

f:id:saikootoko:20200710210242j:plain

引用元:https://www.causewaycoastwhiskeyreviews.com/2018/10/the-glendronach-original-12-year-old.html

 

グレンドロナック 12年

 

 

グレンドロナックのラインナップの中心に位置するボトルで最もお手頃!1本4500円ぐらい

辛口のオロロソと甘口のペドロヒメネスの2種類のシェリー樽を絶妙に使い分け、シェリー由来のウイスキーの味わいを存分に楽しめます

蜂蜜、チョコレート、バニラなどが味わいの中心でとにかく甘いです

また後味には、クローブのようなスパイシーさや、ビターチョコの苦みがあり、甘いだけではない複雑さも楽しめます

お手頃な価格で、シェリー樽熟成のウイスキーを味わってみたい人にはおすすめのボトルです!

 

グレンドロナック 15年

 

 

一つ下のラインナップである12年と同じく、辛口のオロロソと甘口のペドロヒメネスの2種類のシェリー樽の使い分けはそのままに、さらに3年以上の熟成を経たのが15年

12年の甘く濃厚な味わいがさらに強化されており、予算に余裕のある人や、シェリー樽熟成のウイスキーが好きな人には、ぜひ選んでほしいボトルです

 

グレンドロナック 18年

 

 

12年や15年とは打って変わって、ヨーロピアンオークのオロロソシェリー樽100%で熟成させたのが18年

蜂蜜やバニラのような甘みは減り、カカオのような苦みが味わいの中心で、12年、15年とステップアップするとちょっとびっくりするかもしれません

ただ、シェリー本来の味わいを楽しむには最適で、苦みの奥には、レーズンや柑橘など様々なフルーツの爽やかさも感じることができます

シェリー酒に使われるブドウのうまみも詰まっており、シェリー樽熟成ウイスキーの真骨頂とも言える、マニア好みの1本です

 

グレンドロナック 21年

 

 

ラインナップの一番下の12年同様、辛口オロロソと甘口ペドロヒメネス樽を組み合わせたのが21年

味わいの特徴は12年に似ているけど、21年の熟成期間を経て、香りと味の複雑さが段違いレベルに上がっています

特に、シェリー樽特有のシナモンやクローブのスパイシーな後味を楽しむことができ、いつまでも余韻に浸っていられるような、とても香り高いウイスキーであるグレンドロナック 21年

シェリー樽熟成のウイスキー好きなら、マッカランに並んで一度は飲んでおきたい!

 

グレンドロナック ピーテッド

 

 

グレンドロナックのラインナップでちょっと異質な立ち位置なのがグレンドロナック ピーテッド

グレンドロナックのウイスキーでは、あまり使わないピートを使用しており、またシェリー樽だけでなく、バーボン樽熟成の原酒も使用しています

ウイスキーの煙くささを表すフェノール値では、25ppm程度であり、アイラ島ボウモアよりちょっと弱めといったイメージです

シェリーの華やかさに、煙の香りの荒々しさが加わっており、面白いアクセントを楽しむことができます

1本6000円程度と、製造工程の面倒さに対して意外とお手頃なので、変わったシェリー風味のウイスキー飲んでみたい人にはおすすめ!

 

まとめ

 

マッカラングレンファークラスと並んで、シェリーの香りが漂うウイスキーとして有名なグレンドロナック

一般にはあまり知名度の高い蒸留所ではありませんが、独特の甘く華やかな香りはウイスキー好きの間では、有名なブランドです

ということで、華やかなウイスキー、グレンドロナックはここぞという時の一杯におすすめ!

グレンドロナック 12年なら1本4500円ぐらいで買えるので、12年ものウイスキーとしても割とお買い得ですよ!