最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【コスパ徹底比較】安いハイボール缶おすすめ商品まとめ&自宅で作る

毎日の晩酌代、もっと節約できたらいいのになぁ・・・

 

お酒好きのみなさんなら、誰もが一度は考える悩みですよね?

 

で、

いざ!晩酌を節約しよう

と思い立った、お酒好きの多くが、たどる道がおそらくこんな感じ!

 

ビール → 発泡酒 → 缶ハイボール自作ハイボール4Lペット

 

 

だけど、ここで生じる疑問が・・・

 

そもそも家で作るハイボールって、缶ハイボールより安いのか?

 

ブラックニッカや角瓶あたりの安いウイスキー炭酸水買ってきて、なんとなく節約しているように思える自作ハイボール・・・

だけど、月々の晩酌代、大して変わってないように思える・・・

 

と感じている人も多いのでは?

 

ということで今回は、ハイボールと自作ハイボールのコスト比較、そして安い缶ハイボールのおすすめ商品を、ウイスキー好きの筆者が徹底的に紹介しようと思います!

1円でも晩酌代節約したい人必見ですよ!

 

 

コスパ徹底比較】安いハイボール缶おすすめ商品まとめ&自宅で作る

 

f:id:saikootoko:20200705040123j:plain

引用元:https://epark.jp/seven-and-i/article/highball-can

 

【居酒屋・缶・自作 】ハイボールの値段比較!

 

居酒屋のメニューや、スーパーに並ぶ缶を見ても、ビールよりは間違いなく安いハイボール

ちなみにビールとハイボールの値段を比較してみると・・・

 

居酒屋の場合(和民)
   生ビール(中)  角ハイ 
 値段 
490円
450円

 

缶の場合(350ml)
   スーパードライ  角ハイ 
 値段 
196円
178円

 

このように、居酒屋で飲んでも、缶で飲んでも、

ビールよりはほんの少しだけ安いハイボール

 

ただ!

ここでおそらく多くの人が思うのが・・・

 

なんか缶ハイボールって意外と高いなぁ〜

 

あ!自分でウイスキー買ってきてハイボール作れば節約できるや!

 

てことで、

 

ハイボールの値段
   居酒屋    缶    自作  
 値段 
450円
178円
?円

 

多くの人は、ウイスキーと炭酸水買ってきて作る「自作ハイボール」が缶より安いと考え、せっせとハイボール作っていると思いますが、 

果たして本当にそうでしょうか?

 

自作ハイボールのコストをざっくり計算!

 

ということで、缶と同じ350mlのハイボールを、自宅で作るコストをざっくり計算してみようと思います!

 

まず必要な材料はこの2つ!

 

 

 

お値段は、2020年10月現在のamazonで、

 

サントリー ウイスキー角瓶 → 1,476円(700ml)

サントリー 南アルプススパークリング → 83円(500ml)

 

となっています

 

で、ちょっと細かい計算なので最初に結論を書きますが、

ハイボール缶を、自作で作ろうと思うと、

だいたい176.5円のコストで作れます!

 

おい!どうやって計算したんだ!!

 

って、うるせぇ人のために一応計算式を書いておくと・・・

(たいていの人は読み飛ばしてください)

 

ハイボール缶 VS 自宅で作るのコスト計算 

 

角ハイ缶とウイスキー角瓶のそれぞれのアルコール度数は、

 

  • 角ハイ缶:7%
  • 角瓶:40%

 

ということで、角ハイ缶を作るために必要なウイスキーの量は、

 

350ml × 7% ÷ 40% = 61.25ml 

 

小数点の計算が面倒なので、61.25ml ≒ 61mlってことにして、

必要な炭酸水の量は、角ハイ缶(350ml)からウイスキー量を引けばいいので、

 

350ml - 61ml = 289ml

  

以上より、

角ハイ缶は、ウイスキー61ml、炭酸水289mlの割合でブレンドされている

 

で、ここまで分かれば、もう自作ウイスキーの値段は分かったも同然!

 

あとは、ウイスキー角瓶とサントリー南アルプススパークリングを「角ハイ1缶あたりの単価」で計算すれば良いので、

 

1,476円 ÷ ( 700ml ÷ 61ml ) = 128.6円(ウイスキーの値段)

83円 ÷ ( 500ml ÷ 289ml ) = 47.9円(炭酸水の値段) 

 

よって、自作角ハイのコストは、

176.5円!

 

う〜ん・・・

なんとも微妙なお値段(笑)

 

てか!

最初に紹介した角ハイ缶のお値段思い出してほしいのですが・・・

 

ハイボールの値段
   居酒屋    缶    自作  
 値段 
450円
178円
176.5円

 

缶で飲んでも、自作で作っても、

ほぼ値段には変わりないことが分かるかと思います

 

ちなみに、

角ハイ缶には、レモンスピリッツによる風味付けがされているので、

もしも自作ハイボールにもレモンをトッピングしようと思うと、

とてもじゃないが缶の値段には敵いません

 

ということで、

節約のために、毎日せっせと自作ハイボール作っている人が、もしもこの記事を読んでいるなら・・・

 

そんなの嘘だ!

 

って思いたくなるかもしれないけど、

大した節約になっていないので、今すぐ止めるのがおすすめです

 

もしも酔っ払って、ウイスキー注ぐ時に、

「あ!入れ過ぎちゃった!!」

ってなったら、一気にコストが跳ね上がるし・・・

 

何よりも、

それ無駄な努力ですよ?(煽り)

 

f:id:saikootoko:20201004135014p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2016/12/blog-post_139.html

 

安いハイボール缶おすすめ商品はこれだ!

 

f:id:saikootoko:20200705035853j:plain

引用元:https://www.suntory.co.jp/news/article/13619.html

  

はい!

ということで、

こういう余計なことを、このブログでも職場でも遠慮なく周りに言うから、

 

気にくわねぇ奴だ!

 

って敵が多い筆者・・・

 

あわせて読みたい

↓職場では「異端児・モンスター・宇宙人」いろいろなあだ名がある筆者です!↓

www.piroriro.com

www.piroriro.com

www.piroriro.com

www.piroriro.com

 

 

ここまでの記事内容だと、

毎日せっせと自作ハイボール作って節約しているつもりの人の気持ちを逆撫でしているだけなので・・・

(こういうことを書くから敵が増える)

 

ということで、そんな人に朗報! 

ここからは節約におすすめのなるべく安いハイボールを紹介しようと思います!

 

TaKaRa 焼酎ハイボール レモン(119円) 

 

 

2020年現在、amazonでもっとも安く買えるハイボールがこれ!

ちなみに、原酒はウイスキーではなく製造元の宝酒造が得意とする焼酎

 

で、「安い焼酎のハイボールと聞くと、

 

本当に大丈夫なの?

 

って思う人も多いだろうけど・・・

大丈夫!

 

これ、そこらのウイスキーベースのハイボールより、

よっぽど美味しいです!

 

ちなみに、味はレモンの他にも全10種があり、

筆者はシークヮーサー味」が好きです!

 

 

ウイスキーじゃないけど味の美味しさでいったらこれが一番!

 

ニッカ淡麗辛口ハイボール缶(131円)

 

 

ウイスキーベースのまともなハイボールで、もっとも安いのがこれ!

炭酸を強めに仕上げた淡麗辛口な味わいが特徴で、爽快なのどごしとキレのある後味を楽しめます!

また、アクセントに瀬戸内産レモンエキスが加えられており、かなり強めのレモンの味わいも特徴の一つ!

なんだかあまりにもレモンが強すぎて、ハイボールというよりも、レモンサワーっぽく感じる人もいるみたい・・・(笑)

 

ちなみに、プリン体ゼロ、人工甘味料ゼロと意外と健康志向なハイボールなので、検診や人間ドッグの数値ヤバい人におすすめです!(失礼)

 

とにかく爽快なハイボール缶を飲みたい人におすすめ!

 

ウィルキンソンハイボール(150円)

 

 

アサヒ傘下のウィルキンソンタンサンとニッカウヰスキーの2つを混ぜ合わせたハイボールがこれ!

ウィルキンソン特有の強炭酸が前面に押し出されており、炭酸の爽快さは最強レベル!

また、同じくアサヒが販売しており、ひとつ上で紹介した「ニッカ淡麗辛口ハイボール缶」のようなわざとらしいレモンの風味がないので、すっきりと美味しい!

 

安いハイボール缶飲みたいけど、味にもこだわりたい人におすすめです!

 

炭酸がとにかく強いハイボール缶を飲みたい人におすすめ!

 

甲州韮崎 ハイボール(152円)

 

 

たまにコンビニに置いてある「甲州韮崎ウイスキー」という銘柄を使ったハイボールがこれ!

缶のデザインはシンプルでありながら、なんだか美味しそうと思える良いデザインだと思います

ただ、味わいが・・・

まるでハイボール缶をさらに水で割ってるかのように薄っぺらい

 

お酒嫌いな人でも「これなら飲める!」ってするする飲めちゃうほどに薄いです

ということで、まずくはないんだけど、とにかく薄いが特徴のこのハイボール

大学生がサークル合宿でイッ●飲●するには便利かも?(やめましょう)

 

罰ゲームにおすすめ!

 

サントリー トリスハイボール 缶(153円)

 

 

サントリーウイスキーラインナップで、角瓶のひとつ下のクラスにあたるトリスウイスキー

ウイスキー自体の風味はかなり薄いですが、代わりにレモンの風味がかなり強められており、これはこれで美味しいです!

 

もしも目を瞑って飲んだら、

お世辞にもハイボールとは言えないぐらいウイスキーの味が薄い

けど、爽やかなレモンサワー的味わいで、不思議と美味しいハイボール缶です!

 

薄いけどなぜか美味しいハイボール

 

サントリー トリスハイボール 缶(おいしい濃いめ)(154円) 

 

 

ひとつ上で「薄い!薄い!」と書きまくった、トリスハイボール缶の濃いめバージョンがこれ!

これ、実はノーマルのトリスハイボール缶よりも、売上数では上回っている人気商品で、2010年の発売以来たびたび改良が重ねられ、2020年3月からの新バージョンは<おいしい濃いめ>として売られています

味が濃いのにトリスハイボール缶同様の飲みやすさを維持しており、9%の度数を感じさせないほどするする飲めちゃいます!

予算150円程度で買うなら、これが一番おすすめ!

 

150円程度でもっともバランスの良いハイボール缶!

 

ジムビーム ハイボール 缶(158円)

 

 

角ハイと並んで、居酒屋でよく見かけるジムビームハイの缶バージョンがこれ!

中身は、居酒屋で飲むものとほぼ同じ味わいを実現しており、家でも気軽に居酒屋の雰囲気を楽しめます!

バーボン特有の甘みと香ばしさが強めで、ウイスキーの風味でいったら安いハイボール缶の中ではイチオシ!

ウイスキー・炭酸・レモン全ての味わいが強めなので、ガッツリ系のハイボールを楽しみたい人におすすめ!

 

 

とにかくウイスキーの風味を味わいたい人におすすめ!

 

まとめ

 

ということで!

ハイボール缶と自作ウイスキーのコスト比較から始まり、

安いハイボール缶のおすすめ紹介でした!

 

ちなみに

そもそも安いハイボール缶を紹介するというこの記事の趣旨からは外れますが、

もっともコスパよく美味しいハイボール缶を飲むなら、

ハイボール缶<濃いめ>が圧倒的に美味しいのでおすすめです!

 

 

ウイスキーの風味、飲みやすさ、爽快感

どれをとってもハイボールとして優秀なバランスを保っており、さすが時代を超えて愛される商品なだけあります!

 

てことで、

この記事では安いハイボールに絞って紹介しましたが、 

こちらの記事では、全価格帯のハイボール缶を比較しているので、あわせて読んでみてください!

www.piroriro.com

 

【余談】

もしも「業務用角瓶 5Lペット」で自作ハイボールを作ると、

152.1円で作れます!(700mlビンより24.3円安い)

これなら節約にもってこいですね!(悪魔のささやき)