最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【ウイスキー好きならおすすめ】90点のお酒・ハイランドパーク12年

ウイスキー好きな筆者、

何かおすすめのウイスキー1本紹介して!

って言われたら、迷わず一番最初に紹介するのが、

 

ハイランドパーク 12年


f:id:saikootoko:20200517202715j:image

 

響、マッカラン余市・・・

色々な有名どころのウイスキーがあるけど、

どれも高過ぎ!

 

一方、今回紹介するハイランドパーク 12年なら、

1本5000円世界最高レベルのウイスキーが味わえる!

 

ということで今回は「ハイランドパーク 12年」を紹介してみようと思います!

 

 

ウイスキー好きならおすすめ】90点のお酒・ハイランドパーク12年


f:id:saikootoko:20200517202715j:image

 

著名評論家から「90点」と評価されたハイランドパーク12年

 

筆者が世界最高レベルのウイスキーだと思っているハイランドパーク 12年

 

何も勝手に筆者が言っている訳ではなく、

著名なウイスキー評論家のマイケル・ジャクソンが、

ハイランドパーク 12年を、

 

「全モルトウイスキーの中で、もっともオールラウンダーで秀逸な食後酒」

 

と評価し、ウイスキーの中では割とお手頃な1本5000円のウイスキーに、

90点という異例の高評価を獲得したすごいウイスキーがハイランドパーク

 

f:id:saikootoko:20200517195055j:plain

引用元:https://www.pinterest.jp/pin/130393351681365193/

マイケル・ジャクソン

ベルギービールを世界に広めた第一人者で、

世界的スーパースターと同姓同名であることから、

「彼がポップの帝王なら、私はホップの帝王」

とネタにしていたのは名言

 

ということで、

これからウイスキー詳しくなりたい!

と思っている人は、ぜひとも飲んでみるべき!

 

バーで、

一番好きなウイスキーは?

バーテンダーに聞かれたら、

 

とりあえず

「ハイランドパーク 12年」

って言っておけば、

こいつ分かってる!

って思われること間違いなしなウイスキー

かなりおすすめ!

 

 

世界最北端の蒸留所で造られているハイランドパーク

 

そんなハイランドパークが造られているのは、

スコットランドの北の離島・メインランド島にある蒸留所

実は世界最北端の蒸留所で造られているウイスキーがハイランドパーク

 

f:id:saikootoko:20200517195924j:plain

引用元:https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g190780-d296570-Reviews-Highland_Park_Distillery-Kirkwall_Mainland_Orkney_Islands_Scotland.html


天候は、最大風速60m/sのものすごい風が吹く、

かなりすさまじい土地

 

f:id:saikootoko:20200517200032j:plain

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/メインランド島_(シェトランド諸島)

 


ハイランドパーク蒸留所があるメインランド島は、

海を挟んでノルウェーに面しており、

かつて北欧のヴァイキングが支配していた土地

 

ちなみに・・・ 

2017年にボトルを新デザインに変更したハイランドパーク 12年、

その際、名前も「ハイランドパーク 12年」から、

 

「ハイランドパーク 12年 ヴァイキング・オナー」

 

ヴァイキングスピリットを意識したサブネームが付けられている

 

で、

当たり前だけどイギリスという国の中にあるハイランドパーク蒸留所、

新ボトルにはノルウェーの教会の壁画がデザインされている

 

f:id:saikootoko:20200517200341j:plain

引用元:https://www.amazon.co.jp/Highland-Park


スコットランド特有のイギリス嫌いこれでもか!って現れてて、

なんかイイよね(笑)!

こういうの好きよ!

 

ちなみにスコットランドの人は、

ワールドカップイングランドの対戦相手の外国チームを応援するぐらい、

イギリスが嫌い

 

この前のEU離脱投票では、

スコットランドだけ綺麗に「EU残留」で一致した

 

f:id:saikootoko:20200517170534p:plain

引用元:https://www.kiritachiakari.com/is-scotland-uk/

 

「そもそも俺らは、EUじゃなくて、UKから離脱したいんだ!」

ってジョークはかなり面白かった・・・

 

「ハイランドパーク12年」の特徴と評価は?

 

ということで、そんなスコットランド最北の島で造られる、

ハイランドパーク 12年を飲んでみましょう!

 

ちなみに、筆者が持っているハイランドパーク 12年は、

ボトル変更から3年経つ現在もまだ旧ボトルです・・・


f:id:saikootoko:20200517202758j:image

 

どんだけちびちび飲んでんだよ!

ってツッコミきそうだけど、

 

お金ないの・・・

 

で、そんな話は置いておいて、 

グラスに顔を近づけてみると、

香りはアイラほどではないけど、ほのかに煙くさいスモーキーな香り

 

そしてよーく嗅いでみると、

どこか甘い香りがしてきます

これこそハイランドパークの一番の特徴であるヘザーの香り

 

ウイスキーを造る時って、

原料の大麦を乾燥させるために火を焚くのですが、

その火を燃やす燃料に使う泥炭(ピート)が、

ハイランドパークでは独自の採掘場のものを使用しており、

これがハイランドパークが高い評価を受ける香りの正体!

 

f:id:saikootoko:20200517201122p:plain

引用元:https://twitter.com/highlandpark/status/444440831773003777


世界最北端の蒸留所であるハイランドパーク周辺では、

あまりの強風と寒さで、背の低い植物しか育たず、

泥炭の原料には、ヘザーと呼ばれる草花が使用されています

 

で、

この草花がハイランドパークのウイスキーに良い仕事をしていて、

どこかアロマの香り漂うお花のような甘い香りウイスキーにもたらしてくれている

 

以前、

アイラ島ボウモアを紹介しましたが、

www.piroriro.com

  

あっちは海藻由来の泥炭を使っているので、

磯の香り

 

で、

こっちハイランドパークは草花由来の泥炭を使っているので、

お花の香り

 

こんな感じで、同じ泥炭でも、

成分によって、全く違うスコッチウイスキーが出来上がります

やっぱりウイスキーって面白いですね!(小並感)

 

で、話はハイランドパーク 12年の味に戻って!

 

味は蜜のようなまろやかな甘さが中心!

しかしそれに加えて、舌にじわじわと残るビターチョコのような苦みと酸味もあります

この余韻がとにかく素晴らしく、

「最も秀逸な食後酒」と評価される理由が分かります!


f:id:saikootoko:20200517202847j:image

 

筆者は、

寝る前に何も考えずにボーッとウイスキー飲むなら、

ハイランドパーク一択です!

 

やっぱりボーッと飲む時は、

ハイランドパークみたいな主張の強くないウイスキーに限ります!

 

 

まとめ:ハイランドパークはウイスキー好きなら必ず飲むべきおすすめ!

 

ということで、

とりあえず1本おすすめして! 

と言われたら筆者が一番最初におすすめするのが、

ハイランドパーク 12年


f:id:saikootoko:20200517202828j:image

 

本当はボウモアが一番好きなんだけど、

あっちは10人中7人は、

「なんだこれ!?クッサ!」

ってなるので、

万人受けするウイスキーならハイランドパーク!

 

ということで、

ウイスキー詳しくなりたい!と思っている人は、

いろいろなウイスキーの基準になると思うので、

ハイランドパーク 12年は家に置いておいて損はないと思います!

 

ハイランドパーク 12年を基準にして、

色々な個性あるウイスキーと比べてみると、

きっと味や香りの違いが分かりやすいですよ!