最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【低価格】"中身不明"ウイスキー!アイリークをレビュー!【海苔】

煙くさいウイスキーが大好きな筆者!

 

てことで、

できれば毎日煙くさいウイスキー飲みたいんだけど・・・

 

煙くさいウイスキーって意外と高い!

 

そこそこに強い煙の香りを楽しもうと思うと、

おそらくボウモア 12年の1本3500円最安!

 

 

その上は、

 

タリスカー 10年が1本3800円・・・

ラフロイグ 10年が1本4100円・・・

アードベッグ 10年は1本5000円・・・

ラガヴーリンなんかは1本7300円!

 

って感じで、

どれもやたらと高い!

 

こんなの毎日飲めるはずねぇだろ!(半ギレ)

 

f:id:saikootoko:20201009185208p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2017/12/blog-post_88.html

 

てことで、

毎回思うのが、

1本2000円ぐらいで、煙くさいウイスキー買えたらいいのになー・・・

 

って思ったら、

あった!

 

アイリーク!


f:id:saikootoko:20201010092508j:image

 

ということで今回は、やたらと安い正体不明ウイスキー「アイリーク」を紹介しようと思います!

 

 

【低価格】"中身不明"ウイスキー!アイリークをレビュー!【海苔】

 

f:id:saikootoko:20201010092601j:plain

 

中身不明!?謎に包まれたウイスキー「アイリーク」

 

「ザ・ハイランズ&アイランズ・スコッチ・カンパニー社」

という、なんだか怪しい会社が製造しているアイリーク・・・

 

おそらくウイスキーマニアでも、

 

なんだそれ?

 

って思うような聞いたことない会社

 

で、

それもそのはずで、

この会社、ウイスキーの製造はしておらず、

やってるのはボトリング(瓶詰め)だけ

 

となると、

 

アイリークってどこで造ってるんだ??

 

と思う人も多いだろうけど・・・

 

アイリークの製造元は正体不明


f:id:saikootoko:20201010092521j:image

 

公表されている情報では、

アイラ島のどこかの蒸留所が製造

ということしか分かっていません

 

ちなみに、世界中いろいろなウイスキー好きが推測するところによると、

 

 

のどちらかの蒸留所で造られた若い原酒

と言われていますが、

未だ正体は不明のまま・・・

 

これほど世界中のウイスキー好きが注目する中、

頑なに製造元を隠し通せている「ザ・ハイランズ&アイランズ・スコッチ・カンパニー社」の秘匿技術はすごいと思います(笑)

 

f:id:saikootoko:20201010081111p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2015/08/blog-post_449.html

 

ちなみに、製造元を断固として明かさないのは、

おそらく蒸留所側が瓶詰め業者に樽を売却する際に、

「蒸留所名を明かさないこと」

という契約になっている場合が多いようで、

今回紹介するアイリークもそのパターンだと思います

 

というのも、

たいてい瓶詰め業者に渡される樽って、

熟成が進んでいない未完成の樽

 

てことで、

原酒の特性を知り尽くし、最適な熟成タイミングで出荷する蒸留所とは違い、

業者の技量によっては、とんでもないまずいウイスキーに熟成させられてしまう可能性

また逆に、

予想外に熟成が上手く行き、製造元の蒸留所を上回る味わいのウイスキーが完成し、蒸留所のボトルが売れなくなる可能性

もあることから、

「蒸留所名を明かさない」という条件付き販売にしていることが多いようです

 

ま。

「正体不明のウイスキーって、なんだか夢があっていいと思います!(小並感)

 

アイリークをレビュー!味と評価は?

 

f:id:saikootoko:20201010092634j:plain

 

とにかく焼き海苔と醤油っぽい風味が強い・・・アイリーク

 

ということで!

正体不明ウイスキーアイリークを飲んでみます!

 

ちなみに、筆者が買ってきたアイリーク

信濃屋の月替りセールのおかげで1本2300円でゲットすることができ、

ただでさえ安いアイリークを、さらに破格で手に入れることができました!

 

やっぱり信濃屋はいいね!(宣伝)

shinanoya.co.jp

 

で、

ウイスキーの中では安い部類に入るアイリークだけど、

デザインもしっかりとした箱に入ってます


f:id:saikootoko:20201010092543j:image

 

てことで、

グラスに注いで、香りを嗅いでみると・・・

 

・・・!?

 

なんか薄い・・・

 

あと、なんか海苔みたいな海藻っぽい変な香りがする・・・

 

いや!

もちろん、普通のウイスキーに比べたら、

十分に強烈な香りなんだけど、

なんか薄っぺらいんだよね

 

ラフロイグラガヴーリンが、

鼻の奥にまで染み渡る強烈な香り

ってイメージな一方、

アイリークは、

鼻の表面を滑っていくような強烈な香り

 

そんな感じで、

なんだか軽くて薄っぺらい

ってのがアイリークの香りの第一印象


f:id:saikootoko:20201010092601j:image

 

あと、アイラ島ウイスキーって、

煙の香りの奥には、

 

  • ボウモアビターチョコカカオのような香ばしさ
  • ラフロイグバニラのような甘み消毒液の薬品臭
  • アードベッグ洋ナシのようなフルーティな香りと革製品

 

こんな感じで、

なにかしらサブ的な香りが混ざっているんだけど、

アイリークは、そのサブ的要素が見つからない・・・

 

てことで、香りの印象は、 

なんだか薄っぺらいなー・・・

ってのが正直な感想

 

ま。

1本2300円なのに、あまり期待しすぎたのかもしれません


f:id:saikootoko:20201010092622j:image

 

てことで、

次は味わいをチェック!

 

一口飲んでみると・・・

 

しょっぱい・苦い

 

てことで、

美味しくない!

 

ちなみに、

なんだこりゃ!!!??舌が痺れたぁぁ!!! 

って感じの、「強烈に美味しくない」って訳ではなく・・・

 

なんか薄い・・・

ほのかに「しょっぱい・苦い」を感じる?

って感じの、美味しくなさ

まるでスープの分量を間違えちゃった、薄味のラーメンを食べているみたいです・・・

 

あと、若い原酒を使っているので、

もちろんアルコールの刺激もそれなりにあります

 

そんな感じなので、思い浮かぶ感想は、

やっぱり薄っぺらい

 

しかも、醤油と磯を混ぜたような独特のえぐい香りが混じってて、

ちょっと無理・・・


f:id:saikootoko:20201010092634j:image

 

まとめ

 

1本2300円ということで、

こりゃいいや!

と思って買ってみたアイリーク

 

実際に飲んでみたら、どうも線が細いパチモン感が漂う、

なんだか薄っぺらいウイスキー

といった感想でした


f:id:saikootoko:20201010092644j:image

 

アイラの強烈な香りに不慣れな人の初めての1本にはおすすめだけど、

アイラの強烈な香りが好きな人の代わりのウイスキーにはならない

 

てことで、

煙くさいウイスキー味わいたい人は、

あと1000円プラスして、ボウモア 12年買った方がよっぽど楽しめると思います!

 

 

筆者はアイリークの焼き海苔みたいな香りと、醤油みたいなもったりしたしょっぱさが無理だったので、もう2本目買うことはないかな・・・ 

 

香り:強烈な煙の香りはするけど、他のアイラの銘柄に比べるとパチモン感が漂う・・・。革手袋のような決して美味しそうではない煙の香り。また、海苔と醤油のような変な匂いが煙の奥に混じってる

味:しょっぱい・苦い。特に苦みが意外と強く、後味としてしばらく舌に残り続ける。また、強烈な煙の風味と同時に、やっぱり焼き海苔や焼き貝のような変な風味が混じってる・・・

簡単なイメージ:革手袋のような煙の香りと磯臭いくさみ → しょっぱい・苦い → 強烈な煙の後味と醤油に磯を焼いたような変な匂い

個人的おすすめ度:C