最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

金持ちになりたいなら必須の考え「レバレッジ 」

f:id:saikootoko:20200308025006p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2016/10/blog-post_89.html

筆者が目標とする人物が「与沢翼

実生活で、与沢翼を目標としてる!」って言うと、みんなに「こいつちょっとヤバい奴だ・・・」って思われること多いけど、誰が何と言おうと与沢翼はすごい。

こちらも参考>>>【秒速1億男】与沢翼の経歴を大学サークルの後輩がまとめてみた! - 最愛の彼女に浮気された男の努力記

 

で、そんな与沢翼が常々よく使う言葉がレバレッジ

ということで、今回は「人生にレバレッジをかけるべき」という考え方を紹介したいと思います。

 

金持ちになりたいなら絶対に必要な考え「レバレッジ

f:id:saikootoko:20200308025146p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2017/02/blog-post_86.html

与沢翼「成功したいなら世の中全部レバレッジ

 

人間1人が頑張って出来ることには限界がある

 

人間1人ができることって物理的限界があります。

手足は1人につき二本ずつしかないし、時間だって1人1日24時間しか持ってないのは世界の常識。

だけど世の中、とんでもないお金持ちが存在する。

一般人が8時間しか働かない一方、お金持ちが1日18時間働いているから?

 

そんなことはない

 

世の中にはレバレッジを使う職業とそうじゃない職業がある

 

与沢翼「もしレバレッジのない世界なら私は間違いなく成功できてない。」

   

で、レバレッジって何かというと、 

自分以外の力を使って、本来稼げるお金の何倍ものお金を稼ぐこと。

 

ちょっと具体例を見てみましょう。

  • 経営者→従業員の労働で収入が入る
  • 投資家→投資利益で収入が入る
  • 発明家→発明品の特許料で一生収入が入る
  • 芸能人→マスコミの影響力で人気を増やす
  • 作家→作品の印税で一生収入が入る
  • ブロガー→ブログの力で寝てても収入が入る

とまあこんな感じ!

 

ちなみに実は世の中の職業ってレバレッジを使う職業の方が多いです。

時給労働で稼ぐ労働者以外は全てレバレッジを使った職業です。

そしてこれがサラリーマンとそれ以外の職業の超えられない大きな壁。

 

サラリーマンは頑張って働いてもせいぜい1日12時間、年収数千万円ぐらいで限界が来るかと思います。

一方、レバレッジを使う職業なら、たとえ毎日寝てても年収を無限に伸ばすことができます。

 

現代の魔法と言われるだけあって、使わない手はありません。

 

誰でも金持ちになれるレバレッジ「インターネット」

f:id:saikootoko:20200308025510p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2017/01/blog-post_78.html

 

レバレッジを使う職業→筆者はブログを選びました

 

ということで、成功したいならレバレッジを使うことが必須な現代。

筆者はサラリーマンを辞めてブログを選びました。いずれは筆者が寝てる間もこのブログに24時間収入を生み出してもらうことが目標です。

この記事書いている時点で1年3ヶ月ブログを書いている筆者。

いまだに月1000円も稼げていないので、時給に換算したら時給0.03円とかバカみたいな金額になっていますが、いずれ寝ている間もお金入ってくると信じて毎日ニコニコブログ書いてます(笑)

 

YouTuberはレバレッジをフル活用している最たる例

 

最近だとYouTubeも美味しいですよね。

 

一昔前の時代なら、ホールを貸し切って講演会を開いて、「一公演30万円」みたいな報酬を貰うのが常識だったと思いますが、YouTubeに講演動画をアップすれば、24時間半永久的に自分の分身が喋り続けるという、とんでもないレバレッジです。

 

話すのが得意だったり、何か他の人に教えることができる人は、YouTubeに動画上げるだけでサラリーマンの給料あっという間に超えるかもしれませんよ。

 

本来レバレッジを使う職業はリスクと引き換えに大金を稼いでいた

 

インターネットなら誰でも無料でレバレッジが使える!

 

一昔前だと、レバレッジを使う職業は必ずリスクが付きまとい、それが理由でサラリーマンの方が良い。という意見もありました。

  

ちょっと具体例を見てみましょう。

  • 経営者→倒産したら自己破産のリスク
  • 投資家→ミスしたら資産減少
  • 発明家→発明品の開発に初期投資
  • 芸能人→人気なんて水もの
  • ブロガー→???

 

しかしインターネットの登場で、すっかりレバレッジ の敷居がなくなってしまった現代社会。

 

ブログもYouTubeも初期投資0円で始めることができ、失敗しても何も持っていかれることもありません。

   

しかも、動画や記事をネット上に投げまくるという、「量的勝負」で、ある程度どうにかなってしまうイージーモード。

サラリーマンとして1日12時間働くつもりでコンテンツ作れば、どんなに才能がなくてもサラリーマン以上の収入は稼げます。

やらない理由がありません。

 

だけど実際に始める奴なんて1000人に一人もいない

 

とは言っても、ほとんどの人はやりません。

お金もかからなくて、失敗しても何の責任もなくて、今すぐ始められるのに、どうして・・・?

そんなにおいしい話なんてあるはずがない。あったとしても自分には才能がないから無理と思っているから。

月20万円稼ぐためには、毎日8時間汗水流さないといけないという先入観。そしてサラリーマンの方が楽だと思っている人が多い。

 

ま。みんながみんなYouTuberになったら世界は一瞬で崩壊しちゃうので、ありがたいことなのかもしれません。

10人でパイを分け合うのと、100人でパイを分け合うのでは、当然10人で分け合った方がたくさんもらえる。

気付いている人だけで分け合っている方が幸せかもしれませんね。

正直、YouTubeの登録者数10万人で月収100万円行くって異常だと思います。ということでやるなら今がチャンスです。

こちらも参考>>>知り合いがYouTuberになった!年収数千万!ファン多数!まるで芸能人みたいな生活! - 最愛の彼女に浮気された男の努力記

 

筆者は20年後寝ているだけでお金が入ってくる仕組みを作ってます

 

一番最初に述べたこの言葉。レバレッジの意味を理解してから読むと感慨深いのではないでしょうか?

与沢翼「もしレバレッジのない世界なら私は間違いなく成功できてない。」

ある人は年収300万、ある人は年収1,000万、ある人は年収3億。

一見、稼ぐ人は他の人よりも数倍優秀な人だったり、数倍頑張っていると錯覚しますがそうじゃありません。

レバレッジを使うと、才能や努力なんていくらでもひっくり返すことができます。不公平なように思われますが、世の中気付いた人が勝ちです。

あわせて読みたい

www.piroriro.com