最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

オールドパーの味や種類/シルバー・12年・18年・スーペリアの違いを解説

1873年岩倉具視使節団が欧米から持ち帰り、明治天皇に献上したウイスキーとしても有名なオールドパー

数あるウイスキーの中でも、昔から日本でなじみ深い銘柄として知られています

ということで今回は、そんなオールドパーの特徴、歴史、ラインナップごとの違いを初心者の人にも一から分かるように解説してみようと思います!

 

 

オールドパーの味や種類/シルバー・12年・18年・スーペリアの違いを解説

 

f:id:saikootoko:20200709181746j:plain

引用元:https://www.mhdkk.com/brands/old_parr/1362

 

オールドパーとは?

 

f:id:saikootoko:20200709181718j:plain

引用元:https://www.mhdkk.com/brands/old_parr/1362

 

オールドパーは、スコットランドを代表するブレンデッドウイスキーのひとつ

最近でこそ、ジョニーウォーカーバランタイン・シーバスリーガルが世界三大ブレンデッドウイスキーになってしまいましたが、実は1870年代に岩倉使節団がイギリスに行った時には、既に一流ウイスキーとして有名だったというぐらい歴史あるウイスキー

スコットランドの様々な原酒をバランスよくブレンドしており、キーモルトにはクラガンモアを使用しています

 

オールドパーの歴史

 

f:id:saikootoko:20200709181900j:plain

引用元:https://www.mhdkk.com/en/brands/old_parr/

 

オールドパーという名前は、イギリス史上最長寿、152歳9ヶ月まで生きた伝説が残る人物・トーマス・パーの名前を冠しています

イギリス国王10人にまたがる時代を生き抜いたトーマス・パー、80歳で結婚し、一男一女を授かり、105歳で不倫でさらに子供をもう一人、122歳に再婚したという、かなり色々な面で強かった人物でもあります

オールドパーは、そんなトーマス・パーにあやかり、いつまでも末長く世にウイスキーを届けられるメーカーでありたいという願いを込めて、名付けられました

 

オールドパーと日本

 

f:id:saikootoko:20200709182011j:plain

引用元:https://rekijin.com/?p=28310

 

オールドパーを初めて日本に持ち込んだのは、1873年に帰国した岩倉使節団。日本初のウイスキーはペリーが黒船で持ってきていたので、最古のウイスキーではないけど、日本に降り立ったかなり初期のウイスキーです

持って帰ってきた岩倉具視が愛飲していたのはもちろんのこと、献上を受けた明治天皇、後の時代の吉田茂田中角栄など、日本を動かした様々な偉人が愛したウイスキーでもあります

 

斜めにしても倒れない!オールドパーのボトル

 

f:id:saikootoko:20200709182552j:plain

引用元:https://lrnc.cc/_ct/16834991

 

背が低く丸っこい独特の形をしているオールドパーのボトル

まるでひび割れたような模様は、創業当時の陶製のボトルのイメージを受け継いでいます

また、この丸っこい変な形、実は斜めにしても立つことができ、ウイスキー好きの間では知ってるとちょっと面白い雑学になりつつあります

もしもバーでやったらおそらく怒られるけど、自分で買ったらぜひやってみましょう!きっとウイスキー飲んでいる間の暇つぶしになります(笑)

 

オールドパーの種類

 

f:id:saikootoko:20200709184553j:plain

引用元:https://www.pinterest.jp/pin/541135711472744008/

 

オールドパー シルバー

 

 

オールドパーで最もお手頃なボトルがこれ!

はちみつのような甘い味わいに、柑橘のすっきりとした香りがアクセントになっており、ブレンドのレベルの高さが伺えます

ソーダで割っても、個性が薄まらないことから、ハイボールの原酒としてもおすすめ!

 

オールドパー 12年

 

 

日本の歴史の偉人がこぞって愛したのがこれ!岩倉使節団が日本に持ち帰り、明治天皇に献上したウイスキーです

上品な甘い香りだけではなく、スコッチウイスキー特有の煙りくさいピートの香りも奥に隠れており、150年の長きに渡って愛されているのが納得のボトルです

岩倉具視明治天皇田中角栄など数多くの歴史の偉人が飲んだウイスキーが、1本3500円ぐらいで買えると考えたら、かなり安い!

かつての最高級ウイスキーを味わってみたい人にはぜひおすすめ!

 

オールドパー 18年

 

 

オールドパーが公式に「これが最高のボトル」と宣伝するのがオールドパー 18年

バニラのようななめらかな甘さに、どこか土くさいようなピート感が合わさり、真逆の味わいをうまくまとめた香り高いウイスキーです

ちなみについ最近、ブレンド方法が変わってしまい、安価なグレーンウイスキーブレンドに加わるようになってしまいました

昔飲んだオールドパー 18年の美味しい思い出がある人は、なんだか薄くなったような感じがあるので注意です!

 

オールドパー スーペリア

 

 

ラインナップの最高峰に位置するのがオールドパー スーペリア

熟成年数を公表していないのは、長熟の原酒にあえて若い原酒をアクセントのスパイスとして加えることで、味わいの奥深さを生み出しているからで、安易に長熟のラベリングで箔付けしないオールドパーはさすがです

まるでメロンのような、芳醇な甘みが口いっぱいに広がる感覚は、スーペリアでしか味わえない極上。後味には、シナモンのようなスパイス感や、オールドパー全てのラインナップに共通する、奥深いスモーキーさが残ります

 

まとめ

 

ウイスキーなんてものが知られていない時代に、日本に上陸した、とても歴史あるウイスキーであるオールドパー

その後、ジョニーウォーカーバランタインなどの有名銘柄に人気は取って代わられますが、数々の歴史の偉人が愛したウイスキーは、やはり別格

歴史の教科書に載っている人物も飲んだオールドパー。130年近い歴史に思いを馳せながら味わってみるのも、面白いかもしれません