最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

フォアローゼズの味や種類/ブラック・プラチナ・シングルバレル・スモールバッチの違いを解説

ジャックダニエル、ジムビームなどの有名バーボン銘柄に比べて、ちょっと思い浮かべる人も少ないのがフォアローゼズ

バーボンウイスキーとしては歴史あるブランドですが、日本での知名度はちょっといまいちな銘柄のひとつです

ということで今回は、そんなフォアローゼズの特徴、歴史、ラインナップごとの違いを初心者の人にも一から分かるように解説してみようと思います!

 

 

フォアローゼズの味や種類/ブラック・プラチナ・シングルバレル・スモールバッチの違いを解説

 

f:id:saikootoko:20200810112127j:plain

引用元:https://www.kirin.co.jp/products/whisky_brandy/fourroses/?agechk=1

 

フォアローゼズとは?

 

f:id:saikootoko:20200810112037p:plain

引用元:https://www.kirin.co.jp/products/whisky_brandy/fourroses/?agechk=1

 

アメリカ・ケンタッキー州で造られるバーボンウイスキーであるフォアローゼズ

創業140年近い歴史あるブランドで、ボトルには「フォアローゼズ」の名前通り4つのバラが描かれていることで有名です

また、まるで薔薇のような花の香りがするフォアローゼズのウイスキーは、バーボンの中ではかなりマイルドな味わいで、とにかく飲みやすいバーボン銘柄の一つ!

知名度はあまり高くないけど、バーボンウイスキーの中でも屈指のバランスの良さと完成度の高さを誇るウイスキーとして、ウイスキー好きからは評価の高い銘柄です

 

フォアローゼズの歴史

 

f:id:saikootoko:20200810112510j:plain

引用元:https://www.forwhiskeylovers.com/distillery-row/distilleries/four-roses-distillery

 

1888年ケンタッキー州ボンズ・ミル・ロードで創業したフォアローゼズ

アメリカ全土を巻き込んだ南北戦争終了を機に、ポール・ジョーンズという人物とその父が親子二人でウイスキー造りを始めたのが発祥です

そして1920年から13年間に渡って施行された禁酒法では、アメリカのウイスキー業者の多くがダメージを受けることになります

フォアローゼズも同様にダメージを受けますが、薬用ウイスキーの販売で蒸留製造を許可されていたフランクフォート蒸留製造社を合併することで困難を乗り越えました

以後はジムビームに次いで世界第二位の売り上げを誇るバーボンウイスキーとなり、2002年には日本のキリンビール傘下に入り、製造・販売を行っています

また、キリンビールが親会社である縁から、日本で流通するフォアローゼズのボトルは、アメリカで造られた原酒をキリンの富士御殿場蒸留所に輸送してボトリングを行っています

 

フォアローゼズの製法

 

f:id:saikootoko:20200810112222j:plain

引用元:https://liquors-k.co.jp/ec/html/products/detail/561

 

フォアローゼズのウイスキー造りの一番の特徴は、他のメーカーに比べて熟成年数が長いこと

他のバーボンウイスキーメーカーが8階建ての貯蔵庫を使用し、その高さごとの温度差を利用して熟成を進めているのに対して、フォアローゼズは1階建ての貯蔵庫のみを使用しています

そのため、フォアローゼズのウイスキーの熟成には最低6年という長期間が必要

これにより、フォアローゼズ独特の樽由来のウッディな香りと青りんごのような爽やかな香りが楽しめます

また、程よい酸味を伴った上品な雰囲気は他のバーボンとは似ていないフォアローゼズの特徴として人気があります

 

フォアローゼズの種類

 

f:id:saikootoko:20200810112351j:plain

引用元:https://www.pastemagazine.com/drink/whiskey/four-roses-bourbon-recipes-history/

 

フォアローゼズ

 

 

フォアローゼズのラインナップで最もスタンダードなボトルがこれ!

1本1500円ぐらいで買え、花のようなほのかな香りとなめらかな味わいは「薔薇のウイスキー」としても有名です

またハーブのような香味やシナモンのスパイシーな味わいも楽しむことができ、バーボンウイスキーの中でも屈指の複雑な味わいがフォアローゼズの特徴

1本1500円程度のウイスキーとしては、とても完成度の高い1本です

 

フォアローゼズ ブラック

 

 

フォアローゼズのラインナップでちょっとお高めの上級グレードがこれ!1本3000円ほどで購入でき、スタンダードのフォアローゼズに比べてスパイシーな味わいが強まっています

スパイシーな味わいとハーブのような香味がとにかく絶妙で、また樽由来のオークな香りも楽しめます

スタンダードよりもかなり個性的なボトルになっており、熟したような果実の香りと樽の香味をじっくり味わいたい人にはおすすめ!

 

フォアローゼズ プラチナ

 

 

フォアローゼズのラインナップでは最上級にあたるボトルがこれ!

1本7000円ぐらいで、また日本市場向けに造られているボトルであるため、日本人好みの味わいに調整されています

濃厚な果実の味わいやオーク樽をはじめとした、様々な香味が熟成された香りはとにかく上品で落ち着いています

バーボン特有の荒々しさとは無縁で、まるでスコッチウイスキーのように香り高く上品な味わいのフォアローゼズです

 

フォアローゼズ シングルバレル

 

 

単一の樽から取り出した原酒だけをボトリングしたのがフォアローゼズ シングルバレル

ラインナップの他のボトルが、複数の樽の原酒をブレンドしているのに対して、個性的な樽の味わいを楽しめるボトルとなっています

7年以上熟成中の樽の中から、特にフォアローゼズらしい個性が現れている樽のみを厳選してボトリングしており、個性的な香りや味わいが楽しめます

また、アルコール度数が50%程度と高く、パンチのある刺激も特徴のひとつです

 

フォアローゼズ スモールバッチ

 

 

蒸留所のマスターディスティラーが、完璧なバランスを持つ原酒を厳選し、4つの味わいの異なる樽をブレンドしたのがフォアローゼズ スモールバッチ

バーボンらしいバニラやカラメルの甘い味わいはもちろん、バナナ、チェリー、のようなフルーティな味わい、またシナモンのようなスパイシーな味わいなど、とにかく複雑でバランスの取れた味わいが特徴

フォアローゼズの香味のレベルの高さをとことん味わえる、とても完成度高いボトルです

 

まとめ

 

4輪のバラとバーボンウイスキーらしくない上品で香り高い香味の味わいが特徴のフォアローゼズ

荒々しいバーボンが好きな人には物足りないかもしれないけど、マイルドな味わいはバーボン初心者にも飲みやすくおすすめ!

また、プラチナ、シングルバレル、スモールバッチは特に完成度の高いウイスキーとして世界的にも評価が高いです

1本3000円以上とバーボンウイスキーにしては、かなり高いけど、バーボンを初めて飲む人やスコッチウイスキーを普段飲んでいる人にもおすすめですよ!

 

アーリータイムズの味や種類/イエローラベル・ブラウンラベルの違いを解説

「開拓時代=アーリータイムズ」という名前が示すように、アメリカの歴史に常に寄り添ってきたウイスキーであるアーリータイムズ

1860年アメリ南北戦争の前年にケンタッキー州で誕生したバーボンウイスキーは、フロンティアスピリッツの象徴として常にアメリカ開拓者たちに愛されてきたウイスキーです

ということで今回は、そんなアーリータイムズの特徴、歴史、ラインナップごとの違いを初心者の人にも一から分かるように解説してみようと思います!

 

 

アーリータイムズの味や種類/イエローラベル・ブラウンラベルの違いを解説

 

f:id:saikootoko:20200809214353j:plain

引用元:https://www.adforum.com/creative-work/ad/player/34518703/the-golden-hour/early-times

 

アーリータイムズとは?

 

f:id:saikootoko:20200809214246j:plain

引用元:https://www.pinterest.jp/pin/443252788322459765/

 

アメリカの歴史に何かと登場するウイスキーであるアーリータイムズ

おそらく一番有名なエピソードは、アメリカ国内で1920年から13年間に渡って酒類の販売が禁止された禁酒法時代に、政府の特別許可を受けて販売を独占したこと

ジャックダニエルをはじめとする多くの有名蒸留所が休業や閉鎖に追い込まれる困難の中、アーリータイムズは「医療用ウイスキー」という裏技を発見し、困難な時代をむしろ利用してシェアを一気に拡大します

 

アーリータイムズの歴史

 

f:id:saikootoko:20200809214921j:plain

引用元:https://www.breakingbourbon.com/review/early-times-bottled-in-bond-bourbon

 

1860年に、ケンタッキー州アーリータイムズ・ステーションという村で誕生したアーリータイムズ

「開拓時代=アーリータイムズ」という名前通り、開拓者が数多く住む村で、ウイスキー造りの本場であるイギリスからの移民開拓者がこの地でウイスキーを造ったのが発祥と言われています

また、事業拡大後はケンタッキー州最大の都市であるルイピルを拠点としているアーリータイムズ

ルイピルはアーリータイムズだけでなく、多くのウイスキー蒸留所が集まるバーボンの聖地として有名な都市です

このように創業に「フロンティアスピリット」が息づくウイスキーであることから、現在もアメリカ国内では根強い人気を誇るブランドとして在り続けています

 

また、アーリータイムズの転機となったのが、1920年から13年間に渡って施行された禁酒法

酒類業者にとっては存亡の危機とも言える禁酒法、しかしアーリータイムズはこの困難を上手く利用して乗り切ってしまいます

まず、ジャックダニエルをはじめとした他のアメリカの大手ウイスキーメーカーと同様に、禁酒法施行直後は蒸留所存続の危機に立たされたアーリータイムズ

しかし、アーリータイムズの従業員であったサールズ・ルイス・ガスリーという人物が私財を投げ打って、アーリータイムズの商標権と在庫ウイスキーを買い取ります

そして、隠れ家に買い取ったウイスキーを隠し、いつかアーリータイムズが再び販売できるチャンスを待ったルイス

そして禁酒法実施から3年後の1923年、医師が処方する薬用酒は政府から販売が許可されることに目を付けたアーリータイムズは、医師が処方する薬用ウイスキーとして政府から許可を取り、禁酒法時代の中、堂々と販売を開始します

そして、飲酒すら禁止されている禁酒法時代に堂々とウイスキーを販売することに可能性を見出したブラウン・フォーマン社がアーリータイムズを買収

アーリータイムズは、一気にアメリカ国内トップの販売数を誇るバーボンウイスキーとなり、その後30年間に渡ってアメリカのトップシェアを守り続けることとなります

 

アーリータイムズの製法

 

f:id:saikootoko:20200809215044j:plain

引用元:https://www.whisky.com/whisky-database/distilleries/details/early-times.html

 

数あるバーボンウイスキーブランドの中でもかなり異質なウイスキー造りを行っているアーリータイムズ

簡単にポイントをまとめるとこんな感じ!

 

  • 実は"バーボンウイスキー"の基準を満たしていない
  • アメリカ国内用と輸出用で製法・味わいが異なる
  • 自社で樽の製造を行う数少ない蒸留所

 

順番に見ていこうと思います! 

 

実は"バーボンウイスキー"の基準を満たしていない

 

アメリカの重要な特産品であるバーボンウイスキー

実は「バーボンウイスキー」を名乗るためには、厳格な基準が政府により定められています

そんなルールの一つに「内側を強く焦がしたホワイトオークの新樽に入れて熟成させる」というものがあります

しかし、アーリータイムズは伝統的に、新樽だけではなく、一度使用した中古の樽であるリフィル樽の使用も行っており、その比率は政府の基準である20%を超えています

ということで、新樽の使用率が低いために「バーボンウイスキー」と名乗れないアーリータイムズ

アメリカ国内では「ケンタッキー・ウイスキー」という独自の名称で販売されています

ちなみに、中古の樽というと、なんだかコスト削減のためのケチな印象を持ちますが、ウイスキーの熟成においては、実は中古樽の方が味わいに深みが出ることも多く、世界中多くの蒸留所があえて中古のリフィル樽を使用しています

おそらくアーリータイムズウイスキーの風味を優先して、「バーボンウイスキー」という肩書きを捨ててでも、中古樽の使用にこだわっていると思われます

 

アメリカ国内用と輸出用で製法・味わいが異なる

 

そんな「バーボンウイスキー」を名乗れないアーリータイムズ

しかし、さすがにアメリカの特産品で絶大な知名度を誇る「バーボン」を輸出で名乗れないのは、販売戦略上かなりの不利を被るので、輸出用のアーリータイムズは、製法を変えて"本物の"バーボンウイスキーにしています

 

  • アメリカ国内用 → 新樽80%以下・リフィル樽20%以上
  • 輸出用 → 新樽80%以上・リフィル樽20%以下

 

このように、海外向けのアーリータイムズは新樽の使用率を上げているのが製法の違い!

ということで、海外向けアーリータイムズの方が、 バニラの甘みが強くなめらかな味わい、また甘口のシェリーのような華やかな香りがすると言われています

一概にどちらが良いかは判断できないけど、アメリカ旅行行ったら現地のアーリータイムズ飲んでみると面白いと思います!

 

自社で樽の製造を行う数少ない蒸留所

 

たいていのバーボンウイスキーメーカーは樽の製造は、樽専門の業者に依頼しています

というのも、バーボン樽は「内側を火で炙り焦がすこと」というチャーリングと呼ばれる製法を行うことが、政府のルールにより定められており、これが意外と面倒・・・

多くの蒸留所は、樽の焦げ具合をこと細かに外注業者に指示しているのが通例です

ちなみに、同じくバーボンウイスキーの有名メーカーであるメーカーズマークが販売する「メーカーズマーク 46」の"46"はこの業者への焦げ具合の発注番号に由来しています

 

 

メーカーズマークについて詳しく知りたい人はこちら!

www.piroriro.com

 

一方、アーリータイムズは自社で製造した樽を100%使用

ケンタッキー州で自社製の樽工場を所有する唯一の蒸留所です

これにより、樽の焦げ具合も自由自在に調整できるアーリータイムズ、実は他のバーボンメーカーにはない強みだったりします

 

アーリータイムズの種類

 

f:id:saikootoko:20200809215208p:plain

引用元:https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/liquorworld/brand/earlytimes/

 

アーリータイムズエローラベル

 

 

アーリータイムズの最も主力のボトルで、150年以上の伝統を受け継ぐボトルがイエローラベル!

1本1600円程度と比較的お手頃で、バーボン特有のバニラやエステル香を楽しめる、世界中で人気のボトルです

 

アーリータイムズ ブラウンラベル

 

 

エローラベルをベースに、さらに専用の原酒をブレンドしているのがブラウンラベル!

日本市場向けに1996年から販売されているボトルです

エローラベルに比べて、原料比率が変わっており、とうもろこしの割合が下げられ、代わりにライ麦の使用率が高くなっているのが特徴のブラウンラベル

また、通常は1回だけのろ過作業を、ピートを使用した活性炭でもう一度行っており、少し焦げくさい濃厚な味わいを楽しめます

ライトなイエローラベルに比べて、濃厚でコクがあるので、力強くまろやかなウイスキーが好きな人にはおすすめ!

 

アーリータイムズ ミントジュレップ

 

 

ミントジュレップという、ミントの葉とバーボンを中心にしたカクテルを家でも手軽に味わえるように造られたのがこれ!

アーリータイムズウイスキーに、ミントの香り付けがされており、ソーダで割ると、かなり絶品のハイボールが出来上がります!

ちなみにミントジュレップは、ケンタッキー州の1年に1回の一大イベントである、ケンタッキーダービー観戦のための公式飲料に認定されており、競馬場ではアーリータイムズを使用したミントジュレップを手にした人がそこら中で観戦を楽しんでいます

 

f:id:saikootoko:20200809215311j:plain

引用元:https://www.luxuriousprototype.com/slider/recipe-official-mint-julep-kentucy-derby/



シングルモルト宮城峡の味や種類/10年・12年・15年の違いを解説

ニッカウヰスキーの2つある蒸留所の一つである宮城峡蒸留所

宮城県仙台市の森の中にあり、豊かな自然に囲まれた風光明媚な外観が特徴の蒸留所です 

また、ニッカの蒸留所というと余市蒸留所が有名すぎて影に隠れがちですが、実はニッカのウイスキーの風味には欠かせない役割を果たしている宮城峡蒸留所

力強くクセのある余市蒸留所の原酒とは対照的に、華やかなで上品な風味が宮城峡蒸留所で造られたウイスキーの特徴です

ということで今回は、そんな宮城峡の特徴、歴史、ラインナップごとの違いを初心者の人にも一から分かるように解説してみようと思います! 

 

 

シングルモルト宮城峡の味や種類/10年・12年・15年の違いを解説

 

f:id:saikootoko:20200804032225j:plain

引用元:https://www.nikka.com/distilleries/miyagikyo/

 

宮城峡とは?

 

f:id:saikootoko:20200804032336j:plain

引用元:https://www.asahibeer.co.jp/products/whisky_brandy/nikkamaltwhisky/miyagikyo/

 

宮城県仙台市にある宮城峡蒸留所は、ニッカウヰスキーが全国に2つ持つ蒸留所のひとつ(もう一つは北海道・余市蒸留所)

余市」のスモーキーでクセのある味わいとは対照的に、華やかな味わいが「宮城峡」の特徴

ウイスキーのちょっと詳しい人からは、スコットランド・スペイサイド地方のウイスキーによく似た特徴だと言われています

決して個性が強いウイスキーではないけど、フルーティでほんのり甘く絶妙なバランスの良さを兼ね備えた宮城峡の原酒は、実はかなり香り高い香味が隠れているマニア好みのウイスキーだったりします

 

宮城峡蒸留所とは

 

f:id:saikootoko:20200804032617j:plain

引用元:http://www.sendaimiyagidc.jp/sight_pps/d_tourist.php?id=0000001064

 

仙台市中心部から、西に約20kmほどの、仙台市・新川という場所にある宮城峡蒸留所

近くには、宮城有数の名泉として有名な作並温泉があります

また、ほぼ宮城県山形県の県境に位置しているため、山形からのアクセスも便利です

蒸留所付近は、山と森に囲まれたとても自然豊かな場所で、冬はかなりの雪が積もる場所

また、年間を通して霧に包まれることも多く、かつてマッサンこと竹鶴政孝が修行したスコットランドの気候によく似ていると言われています

 

宮城峡蒸留所の歴史

 

f:id:saikootoko:20200804033057j:plain

引用元:https://sightseeing.jrnets.co.jp/detail/spot/25093.html

 

ニッカウヰスキーの2番目の蒸留所の建設地候補が探されたのは、日本高度成長期の1964年ごろ

マッサンこと竹鶴政孝は、以下の条件に合致する蒸留所建設地を探すため、東北地方のあちこちを視察していました

 

  • 北海道より南であること(余市蒸留所がある為)
  • 平坦な土地であること
  • 付近に水質の良い河川があること

 

 

そして、候補地の一つである、仙台市・新川に立ち寄った時、ふと近くを流れる新川川(にっかわがわ)の水で、ブラックニッカの水割りを作ってみたところ、とても美味しいウイスキー水割りになり、即決でこの場所にニッカウヰスキー第2の蒸留所が建てられることが決まりました

ちなみに、竹鶴は後日、自身が水割りを作った川の名前が「新川川(にっかわがわ)」だと知り、ニッカウヰスキーと名前が似ていたことに、大変驚いたと言われています

 

宮城峡の種類

 

f:id:saikootoko:20200804032410j:plain

引用元:https://www.nikka.com/products/malt/yoichi_miyagikyo/sp/products/index.html

 

シングルモルト宮城峡

 

 

2020年現在販売されている唯一の宮城峡

ノンエイジのボトルで、定価は1本4200円。ただ、売っていることを見かけることはほぼありません

りんごや洋ナシのようなフルーティで甘い香りを中心に、後味には樽由来のバニラのような香ばしい香りを楽しめる宮城峡

スコットランドのスペイサイド地方のウイスキーにそっくりな、とても上品で華やかな味わいが特徴です

また甘いだけではなく、余韻にはほのかにビターな味わいも感じられ、とにかく複雑な味わい

クセと個性の強い余市の影に隠れがちですが、ニッカウヰスキーの真価が分かるとても完成度の高いボトルです 

 

まとめ

 

軽い飲み口ながら、上品で華やかな香りをまとい、とても飲みやすいウイスキーである宮城峡

原酒不足で滅多に売っていることは見かけませんが、1本4200円のウイスキーとしてはかなりコスパの高いウイスキー

ちなみに、仙台の宮城峡蒸留所に実際に行くと、蒸留所限定ウイスキーや珍しいウイスキー売っていることも多いので、通販で割高なボトル買うなら、宮城峡に行ってみるのおすすめ!

宮城峡蒸留所の限定ボトルだけでなく、余市などの限定ボトルも置いてあり、しかも定価で買える!

ウイスキー好きにはたまらない観光スポットで、おすすめですよ!

シングルモルト余市の味や種類/10年・12年・15年・20年の違いを解説

ニッカウヰスキーの2つある蒸留所の一つである余市蒸留所

1934年の誕生以来、ニッカウヰスキーの聖地として、多くの人が足を運ぶ、北海道の一大観光地となっています

そしてそんな余市蒸留所の名前を冠したウイスキーが「シングルモルト余市

良い意味で日本のウイスキーらしくない、クセのある力強い味わいは多くのウイスキー好きから一目置かれる銘酒です

ということで今回は、そんな余市の特徴、歴史、ラインナップごとの違いを初心者の人にも一から分かるように解説してみようと思います! 

 

 

シングルモルト余市の味や種類/10年・12年・15年・20年の違いを解説

 

f:id:saikootoko:20200804024918j:plain

引用元:https://www.nikka.com/distilleries/yoichi/

 

余市とは?

 

f:id:saikootoko:20200804025020j:plain

引用元:https://sp.asahibeer.co.jp/products/whisky_brandy/nikkamaltwhisky/yoichi/

 

ニッカウヰスキーが一番最初に作った蒸留所である余市蒸留所

名前の通り、北海道・余市にあり、ドラマ『マッサン』を見ていた人は、物語終盤に登場する、マッサンの夢が詰まった蒸留所という記憶がある人も多いのではないでしょうか?

 

f:id:saikootoko:20200804022147j:plain

引用元:https://www.sankei.com/west/news/150314/wst1503140005-n1.html

 

そんな余市蒸留所の名前を冠したウイスキーである「余市

日本のウイスキーの中では、かなりクセが強いウイスキーで、本場スコットランドウイスキーのよく似ていると言われています

煙くさいピートの独特な香りが「余市」の特徴で、サントリーの山崎や白州には感じられないとても個性ある香りを楽しめます

 

ピートについて詳しく知りたい人はこちらの記事!

www.piroriro.com

 

余市蒸留所とは?

 

f:id:saikootoko:20200804025116j:plain

引用元:https://www.nikka.com/distilleries/yoichi/

 

JR小樽駅から電車に乗って、約30分ぐらいで到着するJR余市駅

JR札幌駅からは約1時間ぐらい、新千歳空港からは約1時間半ぐらいで来ることができます

そんな余市蒸留所、JR余市駅の改札ほぼ目の前にあるので、駅からは徒歩1分ぐらいで到着!

ちなみに、蒸留所までの道は、竹鶴政孝の妻、リタにちなんで「リタロード」と名付けられています

 

f:id:saikootoko:20200804022400p:plain

引用元:http://yoichi-cho.com

 

ここ余市が蒸留所建設の地に選ばれた理由は、スコットランドに気候や風土がよく似ていること

竹鶴は自身がウイスキー造りを学んだスコットランドと、できるだけ同じ気候の場所に蒸留所を造りたいと考えていました

また、モルトウイスキーには欠かせない原料である「大麦」や、ウイスキーのスモーキーな香りを出すための「ピート(泥炭)」が余市付近に豊富にあったことも、蒸留所の建設を大きく後押ししたと言われています

 

余市の歴史

 

f:id:saikootoko:20200804025302j:plain

引用元:https://www.nikka.com/distilleries/yoichi/

 

1989年の発売以来、国内のみならず海外でも人気が広がっており、2001年にはイギリスのテイスティング大会(WWA)で「シングルカスク余市10年」が最高得点を叩き出して一気に有名になりました

そして、2014年にはイギリスのISCで「シングルモルト余市12年ウッディ&バニリック」が金賞を獲得

このように世界中に人気が広まったことで、需要が急増してしまった余市。現在は深刻な原酒不足に悩まされ、ラインナップを減らしたり、休売することで、原酒の回復を待っています

 

余市の種類

 

f:id:saikootoko:20200804025600j:plain

引用元:https://whisky-highball.com/?p=805

 

シングルモルト余市

 

 

2020年現在、販売されている唯一の余市がこれ!

ノンエイジのボトルで、1本4200円ぐらいで買えます。しかし、定価で売っているのは幻レベルで、唯一のラインナップであるこのボトルですらどこにも売っていません

日本のウイスキーとしては珍しい味わいである、力強い煙の香りが漂う余市

ほのかに塩味も感じることができ、まさにスコットランドのキャンベルタウン地方やアイランズ地方のウイスキーにそっくりな味わいです

また、原料の麦芽由来の甘さとフルーティな香りが絶妙に合わさり、余韻に残る樽の木の香りと煙の香りが心地よい味わい

1本4200円で買えたら超ラッキー!レベルでとても完成度の高いウイスキーです

 

まとめ

 

現在、ノンエイジのボトルを1本残すのみで、ラインナップのほとんどが休売中の余市

だいたい2025年ぐらいには回復すると言われていますが、日に日にジャパニーズウイスキーの人気が高まる現在、もしかしたらしばらくこの状態が続くかもしれません

また、余市蒸留所の売店に行ってみると、蒸留所限定ウイスキーをはじめ、色々と珍しいウイスキーが売っているので、もしどうしても余市が欲しい人は、北海道の蒸留所に行ってみるのがおすすめ!

ちなみに筆者は蒸留所限定販売のニッカ アップルブランデー 弘前がかなり好き!ウイスキーじゃないけど、りんごの香りがまるで香水のように広がりとても美味しいです! 

ということで、余市の紹介でした!余市蒸留所はウイスキーとニッカの歴史を学ぶには最高の場所なので、北海道観光行ったら立ち寄るの必須ですよ!

ワイルドターキーの味や種類/8年・13年・レアブリード・ライ・スタンダード・ケンタッキースピリットの違いを解説

バーボンウイスキーのイメージといえば、バニラやキャラメルのように甘い風味と焦げた樽由来の香ばしい味わいが特徴です

そんなバーボンの中でも、ピリッ!と辛口で通好みの味わいで有名なのがワイルドターキー!

万人受けする甘くてライトな味わいとは言い難いけど、アイゼンアワーはじめ、多くの歴代アメリカ大統領が愛飲したことでも有名な格式高いバーボンウイスキーでもあります

ということで今回は、そんなワイルドターキーの特徴、歴史、ラインナップごとの違いを初心者の人にも一から分かるように解説してみようと思います!

 

 

ワイルドターキーの味や種類/8年・13年・レアブリード・ライ・スタンダード・ケンタッキースピリットの違いを解説

 

f:id:saikootoko:20200803151115j:plain

引用元:https://rarebird101.com/2019/07/09/wild-turkey-101-comparison-2013-v-2019/

 

ワイルドターキーとは?

 

f:id:saikootoko:20200803150618j:plain

引用元:https://mbuchert10.wordpress.com/multimodal-literacy/

 

ワイルドターキーはアメリカのケンタッキー州ローレンスバーグで造られているバーボンウイスキー

「とうもろこしを51%以上使用する 」というバーボンウイスキーのルールを守りながら、極限までライ麦の比率を高めた、他のバーボンにはないかなり個性的なウイスキーです

ライ麦の比率を高めていることで、ピリッとしたスパイシーでドライな味わいを実現しており、独特の香り高い風味は世界中に熱狂的なファンが存在する銘柄

なぜか歴代のアメリカ合衆国大統領に愛飲者が多いバーボンとしても有名で、特にアイゼンハワールーズベルトケネディがお気に入りだったウイスキーというのはワイルドターキーの有名エピソードとなっています

 

ワイルドターキーの歴史

 

f:id:saikootoko:20200803150322j:plain

引用元:https://visitlawrenceburgky.com/listing/wild-turkey-distillery-tour/

 

1869年にケンタッキー州ローレンスバーグに創業したワイルドターキー

元々はケンタッキー州でコーヒー、紅茶や酒類の販売を行っていたトーマス・リピーという人物により設立されました

そんなワイルドターキーの名前が一躍有名になったのは、創業から20年近く経った1893年

シカゴで開催されたワールド・フェアで「ケンタッキーを代表するバーボンウィスキー」に選ばれ、これがワイルドターキーの名を全米に広げるきっかけとなりました

また1920年から13年間に渡って実施された禁酒法時代は、元々食料品店を営んでいた経験から、ウイスキー製造を取りやめ、食品卸業者として困難を乗り越えました

またなんとか禁酒法を乗り切った後は、ウイスキー業に専念し、現在はイタリアの大手酒類メーカーカンパリ・グループの一員として、バーボンウイスキー造りに励んでいます

 

ワイルドターキーの製法

 

f:id:saikootoko:20200803150249j:plain

引用元:https://www.pinterest.jp/pin/47639708531351569/

 

ワイルドターキーの特徴は、なんと言っても、

とうもろこしの原料比率を極力下げて、ライ麦の使用率をギリギリまで高めていること

これにより、他のバーボンウイスキーとは一味違う、香り高いフレーバーのウイスキーとなっています

また、原料の風味と味わいを何よりも重視しているワイルドターキー

風味を最大限に引き出すために、アルコールの度数を極力下げて製造を行うという、かなり独特な製法を採用しています

バーボンウイスキーのルールでは、「蒸溜の際のアルコール度数を80度以下とする」となっていますが、ワイルドターキーのアルコール度数は60〜65度程度と、かなり基準を下回る値で製造を行います

これにより、原材料の穀物の豊かな香りを最大限に引き出し、ワイルドターキー独特の香り高い味わいが実現されています

また、原料は、とうもろこしは地元ケンタッキー州産、ライ麦はドイツ産など、自社で定めた極めて高い水準を満たしたもののみを使用しており、とにかく素材の風味に何よりこだわるワイルドターキー

ちなみにワイルドターキーのこだわりの強さが現れているエピソードとして、生産したウイスキーは全て2年間サンプル保存しており、万が一トラブルが発生した際の調査に備えているというのは有名な話

豊かな風味と他のバーボンには無いコクの強さ、そして徹底した品質管理にこだわるワイルドターキーは、歴代大統領に愛されるのも納得の完成度の高いウイスキーとなっています

 

ワイルドターキーの種類

 

f:id:saikootoko:20200803150428j:plain

引用元:https://mybottleshop.org/wild-turkey-launches-masters-keep-decades-in-time-for-fathers-day/

 

ワイルドターキー スタンダード

 

 

ワイルドターキーのラインナップで最もお求めやすいボトルがこれ!

6年、7年、8年熟成の原酒をブレンドしており、価格が抑えめになっています

ただ、安いワイルドターキーだからといってあなどることなかれ!

2011年にはIWSCにて金賞、2013年にはSWSCにて銀賞を受賞した実績のある実はすごいボトル!

手頃にワイルドターキーの味わいを楽しむにはもってこいの入門的ボトルです!

 

ワイルドターキー 8年

 

 

ワイルドターキーのラインナップで最も中心的なおすすめボトルがこれ!

アルコール度数50%とかなり高めの度数でありながら、不思議と繊細な味わいで飲みやすいとても完成度の高いボトル

バニラやキャラメルのような程よい甘みと、重厚でガツン!とくるスパイシーでドライな味わいのバランスが絶妙で、これぞワイルドターキー!と言える、とても香り高い風味を楽しめます!

1本3000円ぐらいと、他のバーボンウイスキーブランドに比べると、ちょっと高いけど、値段の価値は間違いなくあるおすすめバーボンです!

 

ワイルドターキー 13年

 

 

13年以上熟成した原酒を使ったワンランク上のワイルドターキーがこれ!

バニラやキャラメルのような甘み、穀物のドライな味わい、焦げた樽由来のビター感がさらに強まっており、長期熟成ウイスキーらしい風格ある味わいとなっています

また、バーボンウイスキー特有の接着剤のようなエステリーな香りは抑えられているので、かなり飲みやすい!

1本7000円ぐらいと、バーボンウイスキーにしてはありえないぐらい高いけど、他にはない上品で繊細な味わいが楽しめるプレミアムバーボンウイスキーです!

 

ワイルドターキー レアブリード

 

 

ボトリング前のウイスキーでは一般的な加水によるアルコール度数調整が一切行われていないワイルドターキー レアブリード

樽から取り出した原酒がほぼそのままボトリングされているので、58.4%とかなりのアルコール度数です

しかし同時に、ワイルドターキー独特の風味も失われることなく、そのままボトリングされており、ワイルドターキーの本質を知るにはもってこいのボトル!

生産量が限られており、ボトル1本1本にラベルナンバーが与えられている、かなりプレミア感がある、マニア好みのワイルドターキーです

 

ワイルドターキー ケンタッキースピリット

 

 

ワイルドターキーのラインナップで最上位に位置するボトルがワイルドターキー ケンタッキースピリット

8年以上熟成した原酒樽の中でも、特に出来の良い樽を選別して使用しており、ボトルに入る原酒は単一の樽から取り出した原酒のみを詰めるシングルバレルとなっています

ワイルドターキーのフラッグシップの味わいにふさわしいとても重厚で複雑な風味を実現しており、まさにバーボンウイスキーの真骨頂と言える味わい

ワイルドターキーが好きな人は、必ず一度飲んでみるべきおすすめボトルです!

 

ワイルドターキー アメリカンハニー

 

 

ワイルドターキーに使われる原酒に蜂蜜をブレンドしたのがワイルドターキー アメリカンハニー

蜂蜜による甘みが、バーボンウイスキーのバニラやキャラメルのような風味と絶妙にマッチングしており、誰にでも飲みやすい滑らかな味わいとなっています

アルコール度数35%程度とかなり低いので、ストレートはもちろん、ロック、ハイボールなど幅広い飲み方に対応できる万人受けするワイルドターキーです

 

ワイルドターキー ライ

 

 

ワイルドターキーの隠れた裏の顔的ボトルがこれ!

とうもろこしを主原料とするバーボンウイスキーのルールを外れて、逆にライ麦比率を51%以上にした、ダークホース的なボトル

元々、ライ麦にとてもこだわりのあるワイルドターキーが作ったライウイスキーなので、とことんライ麦のスパイシーでドライな風味を楽しめます

バーボンウイスキーに比べると特徴は薄く感じるけど、ライ麦スペシャリストであるワイルドターキーのこだわりが詰まったボトルは、ワイルドターキー好きには必見です!

 

まとめ

 

バーボンウイスキー特有の甘さが控えめで、ドライで辛口なワイルドターキー

決して万人受けするバーボンとは言えないけど、ハマる人はきっとどハマりする通好みの銘柄です

値段も他の銘柄に比べるとちょっとお高めだけど、バーボンウイスキーの味わいの真骨頂を知るにはもってこいの銘柄

アイゼンハワールーズベルトケネディなど数多くの歴代大統領にも愛されたワイルドターキー

バーボン好きならぜひ一度は飲んでみたいおすすめウイスキーですよ!

 

ジムビームの味や種類/アップル・ハニー・デビルズカット・ブラックの違いを解説

世界で最も売れているバーボンであるジムビーム

レオナルド・ディカプリオやローラなど有名芸能人が出演するCMを一度は見たことある人も多いのではないでしょうか?

 

f:id:saikootoko:20200803112125j:plain

引用元:https://www.suntory.co.jp/area/tohoku/d/1026/?vp=done

 

そんなジムビーム、230年近い歴史を誇るアメリカの名門ブランドでありながら、1本1000円程度とかなりお手頃な価格ということで、日本でもどこのスーパーやコンビニにも置いてある大人気ウイスキーです!

ということで今回は、そんなジムビームの特徴、歴史、ラインナップごとの違いを初心者の人にも一から分かるように解説してみようと思います!

 

 

ジムビームの味や種類/アップル・ハニー・デビルズカット・ブラックの違いを解説

 

f:id:saikootoko:20200803124455j:plain

引用元:https://www.jimbeam.com/ja/

 

ジムビームとは?

 

f:id:saikootoko:20200803124617j:plain

引用元:https://www.jimbeam.com/ja/bourbons/jim-beam-vanilla/

 

世界で最も売れているバーボンウイスキーであるジムビーム

実は親会社は日本のサントリーで、日本での知名度も抜群に高い大人気のウイスキーです!

バニラのような甘みと花のような香りは誰にでも飲みやすく、特にハイボールにした時の爽やかな味わいは根強い人気を誇ります

また、1本1000円程度とウイスキーの中でもかなり安い価格帯に位置するため、普段の晩酌のお供としても最適!

スーパーやコンビニなどどこでも買える手軽さとコスパの高さから、毎晩ジムビームを飲むのが日課という人も多いのではないでしょうか?

 

ジムビームの歴史

 

f:id:saikootoko:20200803124709j:plain

引用元:https://www.moodiedavittreport.com/maxxium-makes-history-with-jim-beam-campaign-at-european-airports/

 

アメリカのケンタッキー州で1795年に販売を開始したジムビーム

創業者はドイツからアメリカに移住した農民のヨハネス・ヤーコブ・ベームという人物

実家の農園を営むかたわら、ウイスキー造りを始めたのが発祥と言われています

ちなみにジムビームは代々、家族経営が強い蒸留所として知られており、約200年以上のいつの時代もビーム一族がウイスキーの蒸留に関わっています

現在は、7代目のビーム一族がマスターディスティラーを務めており、創業者の血縁を引き継ぐ人物が、常にジムビームの味わいとウイスキー造りを見守っています

 

また、ジムビームが知名度を伸ばしたのは、創業から50年ほど経ったビーム一族3代目による経営が行われていた時

この時に、「オールドタブ」という名のバーボンを販売し大ヒットを掴んだジムビーム

このオールドタブの大ヒットの売り上げで、新たな蒸留所建設などジムビーム蒸留所の事業は急速に拡大することとなります

また、この事業拡大のおかげで、13年に渡るアメリ禁酒法時代の困難も乗り切ったジムビーム

ジャックダニエルを始めとする有名ブランドが蒸留所を閉鎖する一方、ジムビーム蒸留所はなんとか禁酒法の困難を乗り切ることができました

そして1933年に禁酒法が撤廃されると、さらに事業拡大に乗り出すジムビーム

1940年に、「ジムビーム」という名前のバーボンウイスキーが発売され、これが現在まで続くジムビームの歴史の始まりです

ちなみに、ジムビームという名前は、創業家一族の名前の「ビーム」と当時ジムビームを経営していた4代目ジェイムズの愛称である「ジム」から名付けられています

その後は、2014年にサントリー傘下に入ることになりますが、現在も創業家による変わらないウイスキー造りが行われています

 

ジムビームの製法

 

f:id:saikootoko:20200803124937j:plain

引用元:https://www.wallpaperflare.com/united-states-clermont-jim-beam-distillery-photo-drone-wallpaper-exxqd

 

バーボンウイスキーに分類されるジムビーム

ウイスキーの原料にはとうもろこしが51%以上使用されており、また焦げた樽を熟成に使うというバーボンウイスキーの条件に則って製造が行われています

 

ウイスキーに使われる仕込み水はケンタッキー州特有の「ライムストーンウォーター」と呼ばれる石灰岩から染み出る水が使用されています

このカルシウムなどミネラル成分をたっぷり含んだ水が、ジムビームの旨味を引き出していると言われています

 

また原酒の発酵に使われる酵母は、禁酒法終了から75年間受け継がれている酵母を使用

世界中に出回るジムビームの全ての商品は、この伝統ある酵母を使って製造されています

 

そして、ウイスキー造りに欠かせない熟成には、樽の内側を焦がしたオーク樽を使用

樽を焦がす「チャーリング」という手法はバーボンウイスキー特有の方法で、焦げ目をつけることにより、樽の風味がより一層ウイスキーに染み付きます

そしてアメリカ・ケンタッキー州の丘の上で2年以上熟成された原酒は、ジムビームとして世界120ヵ国以上に出荷されていきます

 

ジムビームの種類

 

f:id:saikootoko:20200803125046j:plain

引用元:https://www.suntory.com/brands/jimbeam/

 

ジムビーム

 

 

ジムビームのラインナップで最も人気があり売れているボトル!

1本1000円ぐらいで、日本のスーパーやコンビニなど多くのお店で買える有名ボトルです!

バニラとキャラメルのような甘みと、花のような香りを含んだ味わいを手頃な価格で味わえるバーボンということで、日本だけでなく世界中で人気があるジムビーム

ロックやハイボールにすると、爽やかでライトな味わいと程よい甘みが合わさり絶品!

販売元のサントリーハイボールをおすすめしているので、ハイボール作るならぜひ手元に置いておきたいボトル!

 

ジムビーム ハニー

 

 

通常のバニラやキャラメルのような甘みがあるジムビームに、さらに蜂蜜の味わいを加えたのがジムビーム ハニー!

蜂蜜の上品な香りが、ジムビームの味わいをさらに洗練し、より飲みやすいボトルとなっています

1本2000円ぐらいと、通常のジムビームに比べると高く思えるけど、ウイスキーの中ではかなりお求めやすい価格帯なので、ウイスキー初心者の人にもおすすめ!

 

ジムビーム アップル

 

 

一つ上で紹介した蜂蜜と同じように、通常のジムビームにりんごの味わいを加えたのがジムビーム アップル

バニラとキャラメルの濃厚な甘みと、りんごの爽やかな酸味が合わさりとても絶品!

甘すぎるウイスキーが嫌いな人や、爽やかな香りのするハイボールを飲みたい人にはおすすめ!

1本1500円ぐらいで、通常のジムビームに500円ほど足すだけで買えるので意外とお手頃です!

 

ジムビーム ライ

 

 

ジムビームのラインナップの中でもかなり異質なボトルがジムビーム ライ

通常のバーボンウイスキーは、「とうもろこしを51%以上原料とする」というルールに則って造られるので、ジムビームのラインナップのほとんどはとうもろこしを原料としています

しかし、このジムビーム ライはとうもろこしではなく、ライ麦を原料としているボトル

原料がまるっきり違うことで、他のラインナップとは異質な味わいを醸し出しています

ライ麦由来のスパイシーでドライな味わいと軽い飲み口が特徴で、通常のジムビームに比べると甘さも控えめなため、ちょっと特徴は薄いかも・・・

同じくライ麦を主原料としているカナディアンウイスキーが好きな人や、ドライでスパイシーなアイリッシュウイスキーが好きな人にはぴったり!

 

ジムビーム デビルズカット

 

 

ウイスキーの熟成においては、1年間で原酒の2%以上は樽から自然に蒸発して失われるのが通例

そして、蒸発するウイスキーは「天使の分け前(Angel’s share)」と呼ばれています

一方、蒸発だけではなく、樽に染み込む原酒も存在し、こちらは「悪魔の取り分(Devil’s cut)」と呼ばれています

ジムビーム デビルズカットは通常では使われることのない、この悪魔の取り分までも取り出して、6年以上熟成させた原酒にブレンドしたウイスキーです

樽に染み込んだウイスキーを取り出しているので、通常よりも味わいがかなり強く、樽由来の木の香りとバニラやキャラメルのような甘み、また樽の焦げによる苦みが強くなっています

とにかくクセの強いジムビームを飲みたい人には真っ先におすすめ!

1本2000円ぐらいで買えるので、意外と安いです!

 

ジムビーム ブラックバーボン

 

 

6年以上熟成させた原酒を使用しているのがジムビーム ブラックバーボン

通常のジムビームは4年熟成なので、2年多く熟成されています

通常より長い熟成により、ダークチョコレートのような苦みやウエハースのような香ばしい甘みが強まっており、濃厚でリッチな味わいが特徴

バーボンの接着剤のようなえぐい香りも強まっていますが、バーボン好きにはたまらない、とても個性の強いウイスキーです

 

ジムビーム ダブルオーク

 

 

通常のジムビームと同様に4年間の熟成をさせた原酒に、さらに焦げ目を強くつけた樽で3〜6ヶ月ほど熟成させたのがジムビーム ダブルオーク

バーボンウイスキー特有の「チャーリング」という手法によって、火で炙られた樽の味わいを存分に楽しめるボトルです

焦げ目由来のカラメルのような香ばしい甘みと、心地よいビターな味わいが強まっており、チャーリングされたウイスキーの特徴を味わうにはもってこい!

通常のジムビームにちょっと物足りなさを感じている人や、コアなバーボンウイスキーマニアにはおすすめ!

 

ジムビーム ハイボール

 

 

最後に意外と人気のある缶ハイボールのジムビーム ハイボール

本当はジムビームのボトルと炭酸水を買ってきて、自分でハイボール作るのがおすすめだけど、缶を開けるだけで手軽にジムビームハイボールの爽やかな味わいを楽しめます

ジムビーム特有の甘い味わいと、ライトで爽やかな後味がしっかりと再現されており、料理と一緒に飲む食中酒としてはもってこい!

レストランなど飲食店で提供されているジムビームハイボールとほぼ同じ味わいが家でも楽しめます!

 

まとめ

 

世界で最も売れているバーボンであるジムビーム

気軽にバーボンを知るにはもってこいのお手軽ウイスキーの代表的存在です

また、同じアメリカンウイスキーであるジャックダニエルなどに比べて、ライトで誰にでも飲みやすい味わいのジムビーム

ハイボールにすると爽やかな香りが絶品なのはもちろんのこと、普段飲みウイスキーとしてもおすすめ!

1本たった1000円という、ありえないコスパは他のウイスキーがどんなに頑張っても敵わない、超お買い得ボトルでもあります・・・

ということで、手頃な価格で気軽に味わえるジムビームから、コアなバーボン好きまで満足できるジムビーム ブラックバーボンまで多種多様なラインナップを揃えるジムビーム

初めてバーボンを味わう人は、ぜひジムビームを入り口にしてみるのがおすすめですよ!

 

 

ジャックダニエルの味や種類/テネシーハニー・シングルバレル・ゴールド・ブラックの違いを解説

ウイスキー」と聞いて、真っ先に思い出す銘柄といったら・・・

 

 

 

角瓶ジャックダニエル

 

多くの人は、まず真っ先にこの2つを思い浮かべるのではないでしょうか?

ちなみに、スコッチウイスキー大好きで、もっぱらスコッチしか飲まない筆者でも・・・

 

ウイスキーと言えば!?

と聞かれたら、

ジャックダニエル

って答えると思います

 

マッカラン(ドヤ)

なんて言っても、ウイスキーに興味ない多くの人は聞いたこともありません!  

 

ということで今回は、そんなジャックダニエルの特徴、歴史、ラインナップごとの違いを初心者の人にも一から分かるように解説してみようと思います!

 

 

ジャックダニエルの味や種類/テネシーハニー・シングルバレル・ゴールド・ブラックの違いを解説

 

f:id:saikootoko:20200803103552j:plain

引用元:https://www.campaignlive.co.uk/article/sector-insight-dark-spirits/1114631

 

ジャックダニエルとは?

 

f:id:saikootoko:20200803103808j:plain

引用元:https://exame.com/negocios/uisque-com-churrasco-como-o-jack-daniels-dobrou-as-vendas-brasil/

 

ジャックダニエルは、アメリカのテネシー州で生産されるウイスキー

ジャックダニエルはバーボンか?テネシーウイスキーか?

については、ウイスキー好きの間でも宗教論争並みに議論が白熱する話題ですが・・・

このブログでは「ジャックダニエルテネシーウイスキー」ということにしておきます

日本で販売を担当するアサヒビールの公式HPとジャックダニエルWikipediaにしっかり「テネシーウイスキー」と書いてあるのが根拠です。これについては筆者の個人的見解を示すものではないので批判は受け付けません・・・

 

ということで!

話は戻って、ジャックダニエルテネシーウイスキーです!

テネシーウイスキーで最も有名なのはもちろんのこと、アメリカで最も売れているウイスキー銘柄でもあります

日本でもどこのスーパーやコンビニにも置いてあるので、ウイスキー興味ない人でも一度は見たことあるはず!

 

ジャックダニエルの歴史

 

f:id:saikootoko:20200803104843j:plain

引用元:https://guide.alibaba.com/shop/13x16-jack-daniels-tennessee-hollow-whiskey-distressed-retro-vintage-tin-sign-16x13_1000356756.html

 

1863年ごろに誕生したジャックダニエル

創業者は、名前通り、ジャック・ダニエルというアメリカ人により作られました

貧しい家庭で生まれたジャックは、7歳で教会に預けられ、少年時代を過ごすことになります

しかし、この教会の牧師が教会業務のかたわら、ウイスキー蒸留所も経営していたのがジャックの運命の分かれ目

まだ13歳であった少年ジャックに、テネシーウイスキー伝統のウイスキー製法を伝授した牧師は、教会業務に専念するために、そのまま蒸留所の権利をジャックに譲ります

そして、初めて「ジャックダニエル」の名前をボトルに刻んだのが1866年。ジャックがまだ16歳の時に、ジャックダニエルの歴史が始まりました

その後は40年ほど、テネシー州の地方蒸留所として細々とウイスキー造りを行っていたジャックダニエル

転機が訪れたのは、1904年。ジャックが54歳になった時

セントルイス万国博覧会で『ジャック・ダニエルオールド No.7』を出品したところ、参加した世界各国のウイスキーの中で唯一金賞を受賞

これを機にジャックダニエルウイスキー知名度を飛躍的に上げることになります

 

しかし、好調はそう長くは続かなかったジャックダニエル

1919年に施行された禁酒法により、50年近く続いたジャックダニエル蒸留所は閉鎖に追い込まれました

また、創業者ジャックはこの世を去り、ジャックの甥に蒸留所の権利が譲られますが、それを最後にジャック一族から蒸留所の権利は離れることになります

一族の手を離れた後のジャックダニエル蒸留所は、ブラウン・フォーマン株式会社という大手酒類販売業者により買収

アメリカで一番売れているウイスキーとなったジャックダニエルは、このブラウン・フォーマン株式会社の戦略のおかげがほとんどだと言えます

 

ジャックダニエルの製法

 

f:id:saikootoko:20200803105017j:plain

引用元:https://vinepair.com/wine-blog/what-are-barrel-char-levels-and-how-do-they-affect-the-way-my-whiskey-tastes/

 

テネシーウイスキーであるジャックダニエル

ウイスキー造りの一番の特徴は、テネシーウイスキー伝統の製法である、サトウカエデ(シュガーメイプル)の木炭でウイスキーをろ過する「チャコールメローイング」というろ過工程を行っていること

サトウカエデから作られた木炭が、原酒の雑味を取り除き、また独特のバニラやカラメルのような甘い風味を与えます

また、サトウカエデはテネシー州原産のもののみを使用するという、地産地消に熱心なのもジャックダニエルウイスキー造りのこだわりの一つです

 

そして、ジャックダニエルウイスキーの原料の80%はとうもろこし

大麦を原料とするスコッチウイスキーとは真逆とも言える、異例のとうもろこし使用率です

 

最後に、ウイスキー造りには欠かせない樽は、使用前に「トースティング」と呼ばれる焼入れ工程を行います

この樽を焦がす作業は、バーボンウイスキーをはじめとしたアメリカンウイスキーでよく見られる手法で、樽の香味がよりウイスキーに染み出しやすくなると言われています

ちなみに、ジャックダニエルの製造に使用された樽は、新品の一度きりしか熟成に使われず、中古の樽は全てスコットランドの蒸留所に譲られて、再利用されています

 

ジャックダニエルの種類

 

f:id:saikootoko:20200803103953j:plain

引用元:https://www.adgully.com/jack-daniel-s-named-one-of-100-best-global-brands-of-2015-63760.html

 

ジャックダニエル ブラック (Old No.7)

 

 

ジャックダニエルの最も中心的なボトルで、100年前にジャックダニエルの名前を世界に知らしめたセントルイス万国博覧会の『ジャック・ダニエルオールド No.7』の伝統を引き継ぐボトルがこれ!

日本のほとんどのスーパーやコンビニに置いてあり、1本2000円ぐらいで買えます

バニラやキャラメルのような独特の甘みを含んだ風味が特徴で、香りも味わいもとにかく甘いです

ジャックダニエルを初めて飲むなら、まず間違いなくこのボトルから買ってみるのがおすすめです!

 

ジャックダニエル シングルバレル

 

 

ジャックダニエルの他のラインナップとは異なり、複数の樽の原酒をブレンドせずに、一つの樽の原酒のみをボトリングしたのがジャックダニエル シングルバレル

ウイスキー通から評価の高いジャックダニエルで、樽の特徴を最大限に引き出した味わいは絶品です!

ジャックダニエル特有の、バニラやキャラメルのような甘さがさらに強まっており、また芳醇なコクも楽しめます

1本5000円ぐらいと、通常のジャックダニエルの2.5倍ぐらいの値段だけど、コアなジャックダニエルファンなら一度は飲んでみたい!

 

ジャックダニエル ゴールド

 

 

テネシーウイスキー伝統の製法であるチャコールメローイングを2回行い、さらにメイプルウッドの樽で熟成させたのがジャックダニエル ゴールド

通常1回のチャコールメローイングが2回行われていることと、メイプルウッド樽の熟成により、甘さの強い味わいが特徴です

どこか武骨で力強い印象のある通常ジャックダニエルに対して、このジャックダニエル ゴールドはとても上品でなめらかな飲み味が魅力!

かなり完成度の高いバランスの良いジャックダニエルです!

 

ジェントルマンジャック

 

 

ひとつ上で紹介したジャックダニエル ゴールドと同じく、チャコールメローイングを2回行っているのが、ジェントルマンジャック

ゴールドとの違いは、メイプルウッドの樽を使用していないので、ゴールドに比べると飲み口が軽く、多少甘みも抑えられています

チャコールメローイングによるろ過工程により、ウイスキーの雑味が極限まで取り除かれているので、とても軽くスムースな飲み口が特徴!

あまり甘すぎないジャックダニエルで、ライトでクリアな飲み口が好きな人は真っ先に選びたい!

 

ジャックダニエル シナトラセレクト

 

 

ジャックダニエルをこよなく愛し、葬儀の棺にはジャックダニエルを入れたというほどの、伝説のシンガー、フランク・シナトラを記念して造られたのがジャックダニエル シナトラセレクト

シナトラバレルという蒸留所秘伝の特別な樽により熟成されており、通常の樽に比べて原酒と樽の接地面積が大きいので、樽の風味がさらに強く染み出しています

イメージとしては、「ジャックダニエルの濃いバージョン」という感じなので、とにかくジャックダニエルが好きな人は一度飲んでみたい!

 

ジャックダニエル テネシーハニー

 

 

実は密かにジャックダニエルで人気のあるボトルがこれ!

おそらく、一番人気のジャックダニエル ブラックの次に売れているはず・・・?

通常のジャックダニエルをベースに、さらに蜂蜜の風味が加えられているのが特徴!

ジャックダニエルの特徴であるバニラとキャラメルの甘い風味に、さらに蜂蜜が加わっており、とにかく甘い!

甘いウイスキーが好きな人は、一番に選びたいおすすめボトルです!

1本2000円ぐらいと、通常のジャックダニエルとほぼ変わらない値段なので、意外と安いです! 

 

まとめ

 

創業150年、アメリカで最も売れているウイスキーで、世界中に熱狂的なファンが多いジャックダニエル

日本ではコンビニでもどこでも買えるお手頃なウイスキーというイメージが強いですが、独特のバニラとキャラメルの甘い風味はやっぱり絶品!

アメリカンウイスキー好きなら必ず飲むであろう、とても完成度の高いウイスキーです!

1本2000円ぐらいと、ウイスキーにしてはかなりお手頃な価格なので、とりあえず何かウイスキー飲んでみたいなー・・・

と思っている人の入門ウイスキーにもおすすめ!

ストレート、ロック、水割り、ハイボール、コーラ割りなど幅広い飲み方に対応できるジャックダニエルは、初心者の人からウイスキー通まで対応できる万能ウイスキー

どでかいポテトにハンバーガー、そしてピザ食べながらジャックダニエル飲むのは最高ですよ(笑)!

 

f:id:saikootoko:20200803105301j:plain

引用元:https://www.pinterest.co.kr/pin/298152437829561683/