最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【金持ち】サラリーマン=水汲み・ブログを書く=井戸を掘る【秘訣】

六本木でフェラーリ乗ってる未来、物価の安い南国で100円のビールを飲んでいる未来、どっちでもいいと思っている筆者です!

 

もし今お金が欲しいと思った時の選択肢

 

・定時後にコンビニでバイト

・ブログを書いてアフィリエイト収入

・ライター業務をクラウドワークスで探す

 

この中に一つだけ仲間はずれなお金の稼ぎ方があります

 

どれでしょう?

 

正解は

 

ブログを書いてアフィリエイト収入

 

ということで今回はまるで現代の井戸掘りであるブログ収入について考えてみようと思う!

 

【金持ち】サラリーマン=水汲み・ブログを書く=井戸を掘る【秘訣】

f:id:saikootoko:20191208172555p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2014/12/blog-post_205.html

水が欲しい!→川に水を汲みに行くか、井戸を掘るか?

 

まずは簡単なたとえ話

 

とある村に引っ越してきたあなた

 

水道なんてないような外国の田舎の村

あなたはまず家に水を持ってこないといけません

 

で、選択肢は2つ

 

・離れた場所にある川に毎日水を汲みに行く

・1週間穴を掘り続け井戸を作る

 

どっちを選びますか?

 

川に水を汲みに行けば水はすぐに手に入る

だけど毎日川まで往復を歩かないといけない

歩くと無駄に喉も渇く

 

井戸を掘ると完成するまで水は手に入らない

穴を掘っている間は川まで歩くなんて比べ物にならないほど疲れる

 

こう考えると多くの人は、

川に水を汲みに行くことを選ぶかと思います

 

確かに短期的には川に水を汲みに行った方が良い

 

だけど長期的に見たらどうでしょうか?

 

川に水を汲みに行っている人が毎日朝早く起きて水を汲みに行っている傍ら、

井戸を掘った人は寝起きでも、昼でも、夜でも、いつでも水が手に入る

しかも残りの量なんて気にせずジャブジャブ使い放題

 

これでも川に水を汲みに行くことを選びますか?

 

ブログ収入は現代の井戸掘り!一度稼げるようになったらジャブジャブお金が入ってくる

 

ブログ収入

簡単に言うと、面白い記事を書いて下の方に貼ってある広告をクリックしてもらうことでお金が発生する

 

このブログ収入が始めてすぐはマジで稼げない

 

筆者の体感だと、

平日6時間、休日15時間以上を3ヶ月間休まず続けて、

月に1万円稼げれば御の字

 

時給に換算すると時給12円とかその程度

 

だけど遊びにも行かず、お酒も飲まず、家から一歩も出ず、

せっせとブログ書き続けている筆者

 

狂ってしまったのだろうか?

 

いや違う

 

ブログ収入は現代の井戸掘りだから!

 

というのもブログって一度月1万円稼げるようになったら、

あとはブログが存在する限り半永久的に月1万円を稼ぎ出してくれる

 

てことでもしブログの更新やめても、

家で寝てても、海外旅行してても、また新しいブログ作ってても、

 

一度稼げるようになった月1万円はおそらく一生入り続ける

 

と考えると、

さっきの時給12円の計算はちゃんちゃらおかしい

 

ブログ収入は時給12円どころじゃない!

この瞬間にお金が稼げないけど、

人生という長いスパンで見たら、

とんでもない額のお金を手にすることができる

 

しかもお金だけじゃない!

 

時間の自由だって手に入れられる

 

一度作ったブログが、

海外でお酒飲みながら現地の変な踊りを踊っている間も僕の富を増やしてくれるのはさっき書いた通り

ブログってネット環境さえあれば、

南国の島国からでもどこからでも更新できる

 

てことで、このブログで月20万円稼げるようになったら、

いま働いている会社を辞めるのはもちろんのこと、

しばらく海外あちこちに行こうと思っている筆者

 

毎月自動的に入ってくる月20万円

もしも東南アジアの物価の安い国にでも行ったら、

超お金持ちな生活だって夢じゃない

 

まとめ

 

てことで現代の井戸掘りであるブログ収入

 

井戸掘りなんてもんじゃないかもしれない!

 

寝てても、遊んでても、地球上どこいても、

一回だけ頑張ればあとはお金が自然と入ってくる

 

こんなにおいしい話ある?

 

ということで、せっせとブログ書き続けて、

どこか物価の安い南国で暮らすことを夢見る筆者

 

あなたが毎日通勤電車に揺られて会社にお金を汲みに行っている間に、

筆者は今日も明日もせっせと記事を掘り続けていますよ