最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

それ"サウンドハラスメント"かも?職場での迷惑な音まとめ!

〇〇過敏症・・・多分5個以上あてはまる筆者です!

 

生活音がやたらとデカい人っていますよね

筆者は職場の隣の席のおばさんがこういう人でとても困っています

詳しくはこちら

www.piroriro.com

ということで今回は、職場のとても迷惑な音を色々とまとめてみました!

ちまたではサウンドハラスメントなんて呼ばれているらしく、こんな音出す人は周りの人の恨み買ってるかもしれませんよ・・・ 

 

それ"サウンドハラスメント"かも?職場での迷惑な音まとめ!

 

職場のうるさい音その1:キーボードのタイピング音

f:id:saikootoko:20200312035638p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2018/12/blog-post_82.html

カタカタカタカタッ、ターーーンッッッ!!!

 

はい!これ!!

誰でも一度は聞いたことあるはず

 

会社だから筆者も黙ってるけど、

もしスタバで大学生がMacBook片手に隣でこれやってたらキレます

 

音量のうるささというよりも、

なんか自慢げに仕事してる感じが鼻につくんですよね

 

職場のうるさい音その2:舌打ち・ため息・貧乏ゆすり

f:id:saikootoko:20200312035747p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2013/06/blog-post_4877.html

シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ......

 

貧乏ゆすりがうるさい人って学生時代からいますよね

 

筆者の中学校のクラスでは、

度を越して貧乏ゆすりうるさい人のことを、

××ニー野郎って呼んでました(自主規制)

 

で、職場に来てびっくりしたのが、

年配のおじさんって、やたらと舌打ちしますよね

 

しかも大して悪意もなく、まるで貧乏ゆすりするかのように乱発

 

なんか若者からしたら舌打ちって、

かなりの敵対行為と思ってましたが、職場に来てその常識吹っ飛びました

高齢者にとって舌打ちって貧乏ゆすり程度のものみたいですね

 

で、筆者みたいな反抗的人物は

「・・・(うっせーよジジイ)」って心の中で思ってますが、

心の綺麗な若手女子はガチで舌打ちにビビってるのでやめてあげましょう

 

職場のうるさい音その3:鼻をすする音、咳払い

f:id:saikootoko:20200312035924p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2017/01/blog-post_395.html

かっかっかっか・・・アヴァーンっ!!!!(喉すっきり)

 

まるでプラグが被ったスポーツカーのエンジン始動みたいな咳払いするおじさんいますよね

彼らのどのタンが取れるまで諦めることなく咳払い続ける

 

逆にのど痛くないの?って思うんですけど、

彼らの諦めない精神と周りを気にしない強い心にはある種の感心すら覚えます

 

そしてもう一つうるさいのが鼻をかむ音

すっきりしたいのは分かりますが、子供の頃に「耳が悪くなるよ」って教えられなかったのですかね?

他人事ながら将来難聴になるんじゃないかって心配になります

 

で、最後に

鼻すする人

最悪です。気持ち悪い

 

職場のうるさい音その4:物を置いたり引き出しを強く閉める音

f:id:saikootoko:20200312040043p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2017/05/blog-post_667.html

ガラガラ---がシャーん!!!

 

なんかやたらと物へのあたり強い人っていますよね

もし自分の不満をモノに当たって解消しているなら、

「小さい男だなー。関わらないようにしよ」

って思いますが、どうもそうでもないみたい

 

単に、

無機物には常に力を込めて対応する主義

の人みたいですね

 

これも筆者みたいなねじ曲がった人間は、

「・・・(うっせーよバカが)」って心の中で思いますが、

女性は大きい音に怖がっている人多いのでやめましょう

 

職場のうるさい音その5:電話の話し声

f:id:saikootoko:20200312040227p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2017/03/blog-post_758.html

「あのですねぇ〜〜〜!それは違うんですよぉっ〜・・・!」(電話)

 

隣の人の声が大きすぎて、こっちの電話の音が聞き取れない

スマホで話すと静かなのに、なぜか会社の電話だと張り切っちゃって声大きい人っていますよね

ちょっと1週間で良いので、電話オペレーターのバイト体験してきてほしいです

 

で、筆者はこれに関しては、会社の電話の話は基本80%以上聞いてないので、

別に聞き取れなくても構わないのですが、

やっぱり隣の人の話し声のせいで自分の電話聞き取れなかったりしたら、

ほとんどの人はイライラしますよね

 

職場のうるさい音その6:下手くそなペン回し

f:id:saikootoko:20200312040354p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2016/05/blog-post_348.html

これ中学生をピークに、大人になるにつれてどんどんいなくなりますが、

良い歳しても頑なに続けている人いますよね

 

はっきり言って、

頭悪そうに見える+ダサい

の最悪のコンボですね

 

ちなみに筆者は上手にペン回し出来る人も嫌いです

なんかアピールでもしたいのですかね?

 

ペン回しが上手→夜の指遣いも上手→素敵!抱いて!

 

ってなるなら筆者もこれみよがしにペン回しに励もうと思いますが、

けん玉ぐらいの難易度でしかないと思っている筆者

 

良い歳して、

「俺けん玉できるんだぜ (ドヤ)??」

という人だと心の中で思ってます

 

職場のうるさい音その7:ボールペンカチカチ

f:id:saikootoko:20200312040502p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2013/02/blog-post_6735.html

カチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチ×100

 

個人的に職場で一番レベルに頭にくる行動がこれ!

近くでやる奴いたら、ペン強奪して半分に折ってやりたい衝動に駆られます

 

何がムカつくって、他の騒音は割と悪気がなかったり、無意識だったりするけど、

このボールペンカチカチに関しては、周囲への配慮が圧倒的に欠けているということ

 

こんなのちょっと考えれば、明らかにうるさいって分かるだろ!

 

てことで、ボールペンカチカチする上司には、

ノック式ではなく、キャップ式のボールペンを誕生日にプレゼントしてあげたいぐらいです

 

職場のうるさい音その8:大きすぎる足音とハイヒール

f:id:saikootoko:20200312040643p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_9119.html


これ筆者はむしろ興奮します

最高かよ・・・

 

だけどうるさいと思う人もいるみたいなので注意が必要ですね

 

あ!

だけど男性の足音ふくよかな女性の足音はもれなくイライラします

 

ドスドスと音を立てて振動まで響かせようものなら、

心の中で間違いなく「関取」ってあだ名付けてます

 

もし口にでも出そうものなら、逆に筆者がなんとかハラスメントで終わりですね

 

職場のうるさい音その9:度を超えた独り言

f:id:saikootoko:20200312040852p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2016/03/bluetooth.html

ふぁぁ〜〜〜あっ!どうぅっすっかなーーー!!(壁に向かって一人でしゃべってる)

 

まるで誰かと話してるの?

って思ったら、一人で壁やPCに向かって話してる人

 

特に50代以上のおじさんに多いです

 

そもそも独り言を言っている時点で気持ち悪いですが、

度を超えた独り言は独り言ではありません。騒音です

 

で、何かすごいこと考えてるのかと思いきや、

たいていがしょーもないこと

 

別に自分から「私はバカです」ってアピールしなくて結構です

 

まとめ

 

どれくらいの音が「うるさい」と感じるかは個人差があります

そしてここで上げたほとんどの音は、

音量どうこうの問題というよりも、

周囲への配慮のなさにイラッとくる人が多いと思います

 

筆者は新人研修時代に、1日かけてコンプライアンス研修」というものを受けましたが、

講師の人が言っていたのが、

「相手がいやだと思えばそれはハラスメントです」

 

これを聞いて、

おー。社会人って厳しいもんだな〜・・・

とびくっとしていましたが、

いざ職場に配属されてみたら・・・

こいつら全員にコンプライアンス研修受けさせろ!!!

 

やっぱり心から50代おじさんが嫌いでしょうがない筆者でした!

あわせて読みたい

www.piroriro.com

www.piroriro.com

www.piroriro.com

www.piroriro.com