最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

お金持ちはどんどん金持ちになる→ピケティ『21世紀の資本』で解説する!

f:id:saikootoko:20200301181520p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2017/02/blog-post_90.html

「お金持ちはどんどん金持ちになる」って言葉みなさんは聞いたことありますか?

そんなの嘘だ(笑)!って思っている人は、ちょっとこの記事読んでみてください。読み終わる頃には考えひっくり返ってるはずです。

 

お金持ちはどんどん金持ちになる→ピケティ『21世紀の資本』で解説する!

f:id:saikootoko:20200301181629p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2016/04/blog-post_644.html

 

トマ・ピケティ『21世紀の資本』を10秒で解説する!

 

5年ぐらい前に、ピケティの『21世紀の資本』という本がベストセラーになりました。

1冊5,000円近くするのに、日本の本屋どこにでも置いてあるという異例のヒットでしたよね。

 

で、あの5,000円の本に書いてある一番重要なことはこれ!

 

「 r > g 」

   

そしてこの式を今から10秒で誰でも分かるように説明します。

  

結論:「お金持ちはどんどん金持ちになる」  

  • r : お金持ちが働かなくても自然に入ってくるお金
  • g: 経済成長率 

 

つまり、毎日家でゴロゴロしている資本家が手にする「不労所得の方が、

1日8時間働くサラリーマンの「給料」よりもどんどん大きくなっている。

 

そしてこの格差が18世紀以降、rが年5%gが年1〜2%というとんでもないスピードで広がっており、21世紀も格差は広がり続ける。

 

と警告したのが、トマ・ピケティ『21世紀の資本』の結論です。

 

政治家の子供は政治家に、医者の子供は医者に、東大生の子供は東大生に・・・

なんて話は週刊誌の片隅にたまに書いてあるかと思いますが、

これ本当ですよ。

 

本当どころか、もう200年以上毎年3%の差を付けられて、

今年も来年も金持ちと一般人は3%ずつ差が開いています。

 

この話聞いても、まだサラリーマンやろうと思っている人、

ちょっとヤバいかと思います。

 

「お金がなくても普通の暮らしができれば幸せ」→できません

 

こういうこと言うと、

「金持ちさんは金持ちさんの世界で勝手に暮らしていればいい、オレは"普通の暮らし"が出来れば十分!」

という人がいる。

 

"普通の暮らし・・・"

 

え。今後何十年も今と同じ水準の生活出来ると思ってるの?

どんどん下がるだけだよ。

 

金持ちは「税金の富の再分配」から逃れます

 

ピケティはこうも書いてます。

  

金持ちと一般人の格差が「r > g」で広がるのに加えて、

金持ちがタックス・ヘイブンへ資産を逃して節税することで、さらに不均衡が拡大している。

   

これ、もしもみなさんがお金持ち側の立場だったら当たり前ですよね。

 

「なんで大したサービスも受けられないのに、自分の金減らして、一般人の年金や医療費負担してやらないといけないんだ!

てか日本税金高すぎ!税金安い国に引っ越すわ! 」

 

ということで、

「金持ちさんは金持ちさんの世界で勝手に暮らしていればいい、オレは"普通の暮らし"が出来れば十分!」

という人!

 

金持ちに金持ちさんサイドの世界行かれたら、そもそもあなたの暮らしが成り立たなくなります。

 

そして残念ながらピケティの指摘通り、世界はいまどこの国もこの流れが加速しています。

 

金持ちになりたいなら投資家になればいい

f:id:saikootoko:20200301181824p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2018/10/blog-post_384.html

 

結論:じゃ、投資家になればいいや!

 

月の手取り17万、リストラ、年金・・・サラリーマンの筆者はとても焦ってる

 

ということで、サラリーマンサイドの筆者もとても焦っている。

26歳月の手取り17万円の筆者・・・

 

しかもおそらく筆者の将来は、

  • 45歳早期退職制度
  • 70歳定年制

という最近話題のオプション付き!

 

よし!サラリーマン辞めた!投資家になろう!

 

と思い始めたのが、このブログ書いている最近の筆者の考え。

 

金持ちになりたいならまずは労働者を抜け出すべし!

 

「いやいや・・・投資家とか無理でしょ(笑)」と思う人も多いと思う。

だけど、これしか道はない。

 

ということで、26歳の筆者が投資家を目指す計画はこんな感じ!

 

労働者→事業家→投資家

   

手取り17万円の筆者、投資するお金なんてどこにもない。

ということで、一番最初の目標は投資資金を作ること。

かと言って、サラリーマンの給料じゃいつまで経っても増えないから、

起業する!

 

そして筆者の起業がこのブログ。

このブログでまずは月20万円稼げるようになって、会社辞めて、どんどん入ってくるお金を増やす。サラリーマンの給料なんか比にならないぐらいのお金を作り出す! 

 

労働者がお金持ちになれない理由って、「自分の労働力をお金に変えているだけ」だから。一方ブログなら、寝ている間もどこかの誰かが記事読んでくれたり、amazonリンクから買い物してくれるおかげで24時間お金が入ってくる。

 

これが労働者を抜け出し、事業家になるための第一歩。

 

金持ちになりたいならそれぞれの「r」を総動員するべし

 

そろそろまとめに入ります。

また最初のピケティの『21世紀の資本』の話に戻ると、

ピケティは「r > g」の格差の拡大に警告を促してはいるものの・・・

もう「r > g」の格差止めるのなんてぶっちゃけ無理だよね(笑)てことで、みんな自分が持ってる「r」を総動員して稼げ!

簡単に言うと、こう言ってます。

 

つまり、「r」は何も投資家の「金」だけじゃない。

人脈知識ノウハウキャリア・・・

自分が持っている「資産」を総動員して収益化する。

いつまでも「g:労働力」に頼ってちゃダメってこと。

 

そして、筆者にとっての「r」はこのブログ。

昼間会社行っている間も、夜寝てる間もこのブログに稼いでもらって、いつか本業を上回る稼ぎにする。

 

ということで、ここまで読んだ方は、

いつまでもサラリーマンの収入に頼ってないで、ブログやYouTubeなり始めることをおすすめします。

スマホ一つあればタダで始められますし、昼間の仕事頑張る気力あるならきっとお金持ちになれますよ。

世の中気付いて動き出した人が勝ちです。