最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【爪研ぎ】ガリガリウォール スクラッチャー プラスを使ってみた感想

猫を飼う時に必要なグッズって色々ありますが、意外と忘れがちなのが爪研ぎ!

爪研ぎグッズを用意していないと、おそらく猫はほぼ100%壁や家具でガリガリ爪研ぎを始めます・・・

というのも、猫にとって爪研ぎは食事やトイレと同じ生理現象みたいなものなので、やめさせるのは無理!

ということで、大事なもので爪研ぎされて高額な出費かかる前に、爪研ぎグッズで対策しましょう!

 

そして今回おすすめしたいのがこちら!

お値段約2500円と手頃な「ガリガリウォール スクラッチャー プラス」

猫飼いのみなさんにぜひおすすめな爪研ぎグッズなので詳しく紹介したいと思います!

 

 

ガリガリウォール スクラッチャー プラスをおすすめする理由


f:id:saikootoko:20200313030121j:image

筆者がガリガリウォールをおすすめする理由は以下の3つ!

  • 安い
  • 壁で爪研ぎしなくなる
  • 捨てるの簡単

ひとつひとつ詳しく紹介していきますね!

 

ガリガリウォール プラスのおすすめポイント1:安い!たった2500円!

 

ガリガリウォールを一番おすすめしたい理由はこれ!

とにかく安い!

筆者もたった2500円なので、

「ま。使ってくれれば儲けもん!最悪使わなくてもいいや」

とお試しがてら買ってみました

 

結局うちの猫は使わなかったのですが、

壁で爪研ぎされて退去費用請求されることを考えたら、

お守り代わりに2500円でガリガリウォールを買っておく方がおすすめです!

 

ガリガリウォール プラスのおすすめポイント2:壁で爪研ぎしなくなる

 

壁に立てかけるタイプの爪研ぎであるガリガリウォール スクラッチャー プラス

壁で爪研ぎするのが大好きな猫が多い心理を逆手にとって、

壁に見立てた形状をしています。

 

猫はなるべく爪が引っかかる素材で爪を研ぐ習慣があるので、

ガリガリウォールを部屋に置いておけば自然と壁ではなくガリガリウォールで爪研ぎしてくれるはずです!

 

ガリガリウォール プラスのおすすめポイント3:捨てるの簡単

 

全て紙で作られているガリガリウォール

もし不要になったら、筆者の住んでいる地域では、

段ボール回収のゴミの日に畳んで捨てるだけです

とっても簡単!

 

いろいろな材質の爪研ぎグッズがありますが、

段ボール製の爪研ぎグッズは捨てるのがとにかく簡単なのでおすすめです!

 

ガリガリウォール スクラッチャー プラスの微妙な点・悪い点

 

実際に商品を使ってみた筆者目線で、

ガリガリウォール スクラッチャー プラスの微妙な点も書きます

  • 両面テープの粘着が弱くパーツが剥がれる
  • 見た目が安っぽい
  • 段ボールのカスが周囲に散乱・・・

 

ガリガリウォール プラスの微妙な点1:両面テープの粘着が弱い

 

ガリガリウォール プラスは3箇所両面テープで接着する場所があります
f:id:saikootoko:20200313030135j:image

こことここ

で、真ん中のメインの部分はしっかり接着出来ているのですが、

サイドのパーツがどう頑張っても自然に剥がれてくる!
f:id:saikootoko:20200313030150j:image

こんな感じ

接合部分を補強するストッパーらしいですが、

壁に立てかけて使用しているなら、正直いらないパーツです

ということで筆者は剥がれたまま使っていますが、

気になる人はちょっと注意が必要かもしれません

ちなみにホームセンターで強力な両面テープ買ってくればおそらく解決します

 

ガリガリウォール プラスの微妙な点2:安っぽい

 

段ボール製の爪研ぎグッズの宿命ですが、

 

安っぽい・・・

 

例えるなら

幼稚園の頃に本のおまけについてたペーパークラフトの大きいやつ

amazonの写真ではいいな!と思ったのですが、実際に見ると「紙感」が思ったよりも強くて、筆者は安っぽいなーと思ってます

 

あと接合面が商品のイメージ写真だとほぼ見えないけど、

実際に買うとかなり目立ちます
f:id:saikootoko:20200313030206j:image

正直かっこ悪い

 

ガリガリウォール プラスの微妙な点3:段ボールのカスが散らばる

 

これも段ボール製の爪研ぎグッズの宿命ですが、

段ボールなので猫がガリガリやるたびに、ボロボロカスが落ちます

一応、ガリガリウォールの外側には飛び散らないような設計にはなっているけど、

底面にはどんどんカスが溜まっていきます

もし掃除が面倒な方は、麻製の爪研ぎグッズを買うのがおすすめです

   

ガリガリウォール スクラッチャー プラスの手入れ方法

 

デメリットに書きましたが、段ボールのカスは周りにはそれほど飛び散らず、

ほとんどが底面でキャッチできるように設計されています

 

ということで、猫がガリガリやっているとここにカスがどんどん溜まっていくので、

定期的に掃除しましょう!

 

方法は簡単!

掃除機で吸うだけ


f:id:saikootoko:20200313030227j:image

定期的に掃除機で吸っておかないと、窓を開けた時や扇風機の風でカスが部屋中に散乱するという悲惨なことになるので、忘れずに掃除しましょう!

 

我が家のガリガリウォール スクラッチャー プラスの使い方

 

ちなみに、うちのガリガリウォールはこうやって置いて使ってます


f:id:saikootoko:20200313030237j:image

通常の壁掛けでも見向きもしなかったうちの猫

部屋掃除している時に横にして置いてたら、

なぜか寄ってきて、それからずっとこうやって置いてます

 

ちょっと場所は取りますが、もしガリガリウォール買って見向きもしなかった場合は、

この置き方試してみると良いかもしれません

 

普通のガリガリウォール スクラッチャーとプラスの違いは?

 

amazonの購入ページをよく見ると、

ガリガリウォールにはサイズの選択欄があります

f:id:saikootoko:20200311053936p:plain

で、この記事で紹介しているのは、「H90cm」のプラス

ちなみにこの記事書いている時点でのお値段の違いはこんな感じ

・H70cm:1,955円

H90cm:2,445円

・ワイド H90cm:4,937円

筆者はコスパ的に「H90cm」がおすすめです!

高さが高くなるだけなので場所の問題はおそらくほとんど気にならないと思います。

そしてたった500円足すだけなのでよほど特殊な事情がない限り大は小を兼ねるで、「H90cm」を買っておいた方が良いと思います!

 

まとめ

 

ということで、amazonの爪研ぎグッズでも大人気のガリガリウォール スクラッチャー プラスの紹介でした!

2,500円と比較的手頃なお値段なので、お試しがてらとりあえず買ってみるのがおすすめです

賃貸住宅の壁で爪研ぎされて退去費用請求されることを考えたら、

転ばぬ先の杖でとりあえず置いておくか!的なノリで買っておいた方が良いです