最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

新人研修時代「安全研修」で天才的アイデアを発表したら人事にガチギレされた話

「お前が真面目にしている時が一番面白い(笑)」と同期たちによく言われる筆者です! 

 

多分、どこのメーカー系企業もそうだと思うけど、

工場がある会社って、事故とか怪我についてものすごくうるさい

 

というのも筆者の働く自動車会社

東北の山奥の村とかにも工場がある

 

だけど同じ会社と言えども、

大卒総合職は40年働いても一度も行くことがないと言い切れるぐらい普段の業務に関係ない工場

 

そんな工場の社員が滑って転んで全治1週間の打撲したってだけで、

全社メールでおしらせが入ってくる

 

・・・

 

え?

 

ということで今回はメーカー企業のうるさすぎる労災対策について考えてみようと思う!

 

新人研修時代「安全研修」で天才的アイデアを発表したら人事にガチギレされた話

f:id:saikootoko:20191220210321p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2017/05/blog-post_419.html

 

誰かが転んだぐらいで全社中で大騒ぎする自動車メーカー→筆者「いちいちうるせーんだよ!」

 

話を整理して考えてみよう!

 

同じ工場で働く社員はもちろん事故の情報共有するべきだと思う!!!

そりゃ「工場のあそこは塗料で常に床が湿ってて滑りやすいから通るときは注意しよう!」

みたいな対策効果はあると思う

 

で、次

工場違えど現業社員や期間工の人たちにもまあ共有するべきだと思う!!

全く違う仕事内容の生産ラインに就いていても、

定期的に事故のおしらせを耳に入れることで気が引き締まる

 

で、また次

工場を管理する立場である生産部門

ラインの効率化や工場の人員配置、また現業社員同士のトラブル対応などしている生産部門の社員にも共有してもいいかなとは思う!

一応工場を管轄することが仕事の人たちなんだから、トラブルが起きやすい箇所を把握しておくことは改善活動に効果あるかも

 

で、筆者

400km離れた全く別の拠点の開発部門で働いており、事故現場の工場は40年間で一度も足を踏み入れることはないと思う

 

そもそも開発部門って普段から工場に足を踏み入れることがない

 

だって10年後に世に出る車の設計が仕事なんだから、

2019年現在生産されている車なんて全く業務の範囲外

 

自動車の開発部門がそんなしょっちゅう工場に足繁く通ってたら、

そりゃリコール頻発しているヤバい自動車会社

開発部門にとって工場なんてまるで数あるグループ企業の一つかと錯覚するぐらい遠い存在

 

え?

僕も「400km先で誰かが転んだ情報」知る必要ある?

 

筆者が忘れられない思い出深い研修→入社1ヶ月目の「安全研修」

 

で、こんな感じでいちいち怪我とか事故にやかましいメーカー系企業

全社おしらせメールの存在は配属されてから初めて知ったけど、

思い返せば研修中からうるさかった

 

というのも、

「安全研修」

という名の研修があった

 

ちなみに250人近くいる大卒総合職社員

もれなく全員がペンパソコンで完結するようなデスクワーク

 

工場で働くとか工具使うとか命に関わるような危険なんて全くない仕事

誰かがペン持って暴れだして刺されたりしない限り怪我とは一切無縁

 

てことで、研修のコンセプトからし

何言ってんだ?

って感じ

 

こんな感じで世間がイメージするホワイトカラーど真ん中の仕事している筆者たち

 

もしかしたらテレビ局社員の方がカメラが頭上から落っこちてきたり、

航空会社社員の方が空港が近いからオフィスに飛行機が突っ込んできたりして、

よっぽど危険なんじゃないか?

って思えてしまうぐらい安全な職場

 

で、その安全研修

「これから配属される職場で起こりうる危険なポイントをみんなで考えてみましょう!」

ってのが研修コンセプト

しかも丸1日かけて・・・

 

は?

 

おまけに一人最低4件

 

いやいやいやいや!

何言ってんの?

 

デスクワークでどうやって怪我しろってんだよ?

てか何?うちのオフィスって常に周囲の危険に対して神経張り巡らせないといけないほど危険なオフィスなの?

 

だけどまだ真面目だった研修時代の筆者、

必死に頭を絞って考えた!

てことで筆者が考えた渾身のデスクワークオフィスの危険4つを紹介しようと思う!

 

セロテープの台座が机の上から降ってきてちょうどよくスネに直撃して全治1ヶ月

f:id:saikootoko:20191220204558p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2013/03/blog-post_9377.html

 

まず思いついたのがこれ!

机の周りで真っ先に思いつく凶器的なものといったら・・・

 

あ!セロテープの台座だ!

 

あれ先っぽにかなり鋭利なキバみたいなの付いてるし、

結構な重さある

 

で、次にこのセロテープの台座がどうやったら自分に危険をもたらすのかまた必死に考える・・・

(なんかもうほぼこじつけ・・・)

 

あ!あれ結構な重さあるし空から降ってきたら危ないよね!

 

だけど靴履いてれば、まあ落ちても痛くないか・・・

 

じゃちょうどよくスネに当たるってことでいいや!

 

はい1つ目完成!

 

ボーッとしてて紙ではなく自分の手をホチキスで留めてしまって緊急手術が必要になった

f:id:saikootoko:20191220204659p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2013/03/blog-post_1812.html

 

これもまたひどいこじつけ

 

ホチキスを綴じるときにボーッとしてて、

挟もうと思ってた場所にちょうどよく親指が置いてあり、

パチン!ってしてしまったという状況

 

絶対にありえない

 

てか挟もうと思っても、

針が出てくる側ってちょうどよく爪があるから、

多分爪の方が硬さ的に勝つ

 

そもそもホチキスで挟もうとしている場所に指置いていたり、

挟んだ後も指に針が貫通するまで全力でホチキスを挟もうとしているそいつに問題がある

 

とは思うけど・・・

会社さんサイドから無理やりアイデア出せ!と言われてるんだからしょうがない

 

てことで2つ目完成!

 

コピー機の蓋を閉め忘れてかつたまたまガラス面を直視してしまい半日間目がくらんだ

f:id:saikootoko:20191220204802p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2014/04/blog-post_3046.html

 

これまた配属されて2年間こんなこと一度もない状況

 

コピー機のフラッシュって結構眩しいじゃん?

で、あれ直視するとまあそこそこのダメージあるようなないような・・・

 

ということで、

蓋を閉め忘れちゃって、なおかつコピー原稿の場所を数ミリ単位で調整しているのに夢中になってそのままボタンを押してしまって・・・

 

うわー!!目がー!!!

 

ってなった状況

 

うん。絶対ない!

てか、もし仮にこの状況になったとして、

 

「課長!いまコピー機に目を眩ませられたので今日は帰ります!」

 

なんて言ってたら完全にヤベー奴

 

多分次の日からそいつだけコピー機使用の際はサングラス装着を義務付けられると思う

 

かなりのこじつけだけどなんとか3つ目も完了!

 

職場の同僚と口論になりシンプルにカッターナイフで切られて死亡

f:id:saikootoko:20191220205102p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2016/05/blog-post.html

 

で、最後の4つ目!

これがなかなか思いつかなかったので正攻法!

 

デスク周りにある一番危なそうな凶器であるカッターナイフ

 

だけど我ながら僕手先器用だし間違いなく自分の手なんか切ることないと思う!

 

じゃ何が危険か?

 

あ!誰かに切られることだ

 

で、どうやったら切られるか?

 

ま、口論でも起こしたら切られるか!

 

てな感じでもはや職場のデスク周りの安全とか全く関係ない!

こんなの家で恋人と口論になっても発生する

 

こじつけもいいとこ

 

てな感じでなんとか4つの職場の危険を思いついた筆者!

ちなみにこんなくだらないこと4つ考えるのに45分も費やすといううちの会社

まじでどうかしてる

 

みんなで渾身のネタを考えた後は全員の前で発表→案の定筆者は・・・

 

ちなみに筆者が苦労して職場の危険ポイント4つ考えたのは上に書いた通り

 

同期もそれはそれはみんな苦労してた

 

で、一番多かったのが、

 

・シュレッダーに手を巻き込まれる

・ドアに手を挟む

・重い資料を運んで腰に負担がかかる

 

みたいなみんな似通った内容

 

で、各人がアイデア考えた後は10人一組のグループで話し合って、

番役に立ちそうなアイデアを考えた人が同期全員の前で発表するということになり・・・

 

案の定選ばれた筆者!

 

この4つみんなの前で読み上げたら・・・

 

同期大爆笑!

m9(^Д^)m9(^Д^)m9(^Д^)m9(^Д^)

 

研修担当の人事真顔でこっち睨んでる・・・

 

とまあこんな感じで筆者にとっては大変思い出深い研修だった

 

もしも筆者の同期がこの記事読んでたら一瞬で身バレするけど、

このブログ書いてる人、

「同僚にカッターで切られる」って研修で発表した人ですよ(笑)

 

まとめ

 

こんな感じで給料もらいながら、バカらしい研修やってたうちの会社

 

ちなみに最近でこそ毎日つまらないつまらない書いてるけど、

研修中は会社がむっちゃ楽しかった筆者

 

250人いる同期全員に名前知られている超有名人な筆者でした!