最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

与沢翼から学ぶお金持ちの海外移住おすすめ都市と物件まとめ

お金持ちを目指す僕の究極の目標である与沢翼。大学時代のサークルの大先輩であり、自分もいつか与沢翼みたいになりたいと思っている。そしてこのブログにはあまり書いていないが、自分実は物件大好き!現在給料の7割は家賃に使っており、我ながら日本でも中々見ない珍しい物件に住んでいるほど住む家にはこだわりがある自分。なぜ今必死にお金持ちになりたいという夢を追いかけているかというと、ランボルギーニ買うことが第一。第二に、都心の良いマンションに住みたいというのも理由。そんな僕が10年後、20年後のいつか住むかもしれない東南アジアの各都市と物件を与沢翼の移住歴を基にまとめてみた。調べてみた結果、やっぱりどこの国に行っても高級タワーマンションって良いな!!

 

シンガポール→ドバイ→フィリピン!与沢翼の海外移住先と所有物件まとめ 

 シンガポール

2014年の自己破産後、与沢翼が最初の海外移住先として選んだのがシンガポール。移住の決め手としては日本よりも税金が安いから。

しかし実際に住んでみると、そんなシンガポールの税金も高いと思い、のちにドバイに移住を決める。

というのも与沢が税金にこだわるのは、2014年の自己破産は3億円超の法人税未納が原因で起きた。そして、本人も「税金には懲りた」と述べているぐらいなため、日本に比べ法人税所得税を始めとした各種税金が安いシンガポールは事業をする上で魅力と考えたようだ。

またシンガポールで事業をする上でのもう一つのメリットがある。

アジアの一都市として現在も発展が進み、また世界のハブ都市として地の利があり、治安も良いシンガポールは大いなる可能性を秘めている。

この可能性に与沢はビジネスの可能性を見出した。「ジョホールは今は荒野に近いが、10年後はとてつもない都市になる」とブログで述べており、ジョホールの不動産にも積極的に投資しているようだ。

そしてシンガポールにて見事に再起した与沢翼

デイトレーダーになり、シンガポール生活のわずか二年間で月収3000万円を稼ぐまでに復活した。

 

アイオン・オーチャード・レジデンス(49F)

f:id:saikootoko:20190120202318j:plain

引用元:http://www.penta-ocean.co.jp/project/work/facility/construct/022.html

低層階には数々の世界的ブランドショップが入居するショッピングモールが併設された56階建てタワーマンション。斜め向かいには伊勢丹も出店。

自宅はレジデンスフロアの最上階である49Fに構えており、ラルフローレンなどの高級ブランド家具の総額は3000万円、家賃は月200万円のシンガポール屈指の高級物件。

またシンガポールでの愛車は赤のフェラーリ 458スパイダーを購入。

しかしシンガポールは車の維持費がかなり高いらしく、日本では4000万円ほどで買えるこの458スパイダーがシンガポールでは1億円の価格になるという。

次なる海外移住先ドバイ移住に際して、売却した模様。

 

関連記事 

saikootoko.hatenablog.com

 

ドバイ

シンガポールの生活コストと税金が高いことから、第二の海外移住先として与沢が選んだのがドバイ。

物価はシンガポールよりも安く、関税がないため、高級車も世界で最も安い価格で購入できるという。

またシンガポールは日本人が多すぎて、「与沢翼」というキャラクターのメリットあまり活かせないというビジネス上の理由もあり、派手なドバイのイメージを求めての移住とのこと。

シンガポール同様に、ドバイを含めた中東の成長にも可能性を感じており、アフリカ、南アジア、中東は経済成長の可能性が残る最後のフロンティアと述べている。

ドバイ在住の2017年の仮想通貨バブル時に、リップルで大きく儲け年収25億円を叩き出した。

現在の総資産は65億円で、毎年利息だけで9000万円が入る生活を送る。

ドバイでの愛車は、ロールス・ロイス ゴーストⅡと白のフェラーリ 488ピスタでどちらも4000万円。

ロールス・ロイスは移住直後にディーラー在庫車を買い即納された模様。488ピスタはフェラーリのディーラーで内装からホイールまでオーダーしたもので、6ヶ月待ちで納車された。内装は全て赤で揃えられている。

与沢曰くフェラーリの納車に関しては「思ったより早いし、安かった」とのこと。

 

ブルジュ・ハリファ(31F)

f:id:saikootoko:20190120202620j:plain

引用元:https://www.tripadvisor.jp/LocationPhotoDirectLink-g295424-d676922-i291061677-Burj_Khalifa-Dubai_Emirate_of_Dubai.html

言わずと知れた世界一高い建造物。全高828m・206階建ての31Fに自宅を構える。3LDK・186平米のこの部屋は2億5000万円で、「人生で一番高い買い物」と述べている。世界最大の噴水ショー「ドバイ・ファウンテン」も部屋から見ることができ、度々Youtubeの本人のチャンネルに登場する。

ちなみにとてつもなく大きな夢だが、

僕もいつかドバイに住みたい! 

 

タイ

シンガポールやドバイと違い英語が通じないことや、店員のやる気ない対応に対して世界適当な国ランキング上位などと愚痴りながらも、なんだかんだタイが好きだと述べる与沢。

「健康に平和に長生き出来、今まで行った数々のアジアの国の中でもこんなに面白い国はない」と述べている。

タイでの愛車はトヨタ アルファード

購入時に書類の準備に1時間半待たされるなどタイクオリティの洗礼を受けた。

 

リッツカールトン・レジデンス(66F)

f:id:saikootoko:20190120203126j:plain

引用元:https://www.thaich.net/news/20160722mh.htm

タイで最も高い314メートルのタワー「マハナコン」の23〜73階に入居するのがリッツカールトン・レジデンス。

ネットのまとめサイトなどでよくおかしな建造物として取り上げられているあの有名なタワー。

77階建ての66階に194平米の部屋を構えており、購入金額は2億4000万円。

このリッツカールトンレジデンスには賃貸物件もあるようで、価格は日本円で約50万円。東京のタワーマンションに比べると格安に思える。

また物価が安いタイでは、これ以外の物件でも、プール・ジム・サウナ・付きのマンションが5万円以下で住めるなど、日本に比べて物件の相場はかなり低い模様。

 

 

フィリピン

タイに続き4カ国目の移住先。

リタイヤメントビザ(SRRV)取得とセブ島語学学校のQQEnglishでの英語習得とダイエットが目的。

日本人設立でフィリピン最大のこの語学学校での、マンツーマンレッスンのボディーメイクプランはストイックな与沢も「バカじゃねーの!」とCEOに苦情を入れてメニューを変えさせたほど過酷。

ちなみに当のCEOも公式ブログの紹介であまりのキツさに挑戦する人がいるのか不明と述べるほど過酷だった模様。

10年後、マレーシアやタイを差し置いて、フィリピンがASEANナンバー1の成長を遂げると与沢は予想している。

 

グランドハイハットレジデンス

f:id:saikootoko:20190120203850j:plain

引用元:https://sekainoshisan.com/estate/1741.html/attachment/grandhyatt-gaikan03

シンガポール、マレーシアの物件に似ており、5つ星高級ホテル「グランド ハイアット ホテル」が入居する66階建てのタワーに位置する。

低層階にはやはり三越伊勢丹HDが開発する複合商業施設「サンシャイン・フォート」が併設されており、近所には日本でも人気の子供向け職業体験施設であるキッザニアなどがある。

 

マレーシア

居住はしていないが、シンガポールから車で40分ほどという立地のため、よく訪れていた模様。投資用物件を何件か持つ。

シンガポールの対岸にあるジョホールバルは、マレーシアの巨大都市開発「イスカンダル計画」により、マレーシア政府により12兆円が投じられており、クアラルンプールに次ぐ第二の都市として開発予定である。

与沢はシンガポールの目の前にあるという立地からシンガポール富裕層の休日の別荘機能を持つ都市として発展することと、シンガポール政府がジョホールバルの開発に積極的協力をしているという理由から、ジョホールバルシンガポール並みの発展を遂げ、10年後にはとてつもなく栄えている都市になると見込んでいる。

マレーシアという国に対しても、世界有数の富裕国シンガポールに隣接しており、シンガポールの人口が500万人に対して、マレーシアは3000万人の人口を有していることや、シンガポールの半分という物価の安さ、産油国として国家の税収が非常に安定しており、国民の税率負担や失業率の低さなどからマレーシアの経済安定は今後もしばらく続くと予想する。

 

フォーシーズンズレジデンス(43F)

f:id:saikootoko:20190120204043j:plain

引用元:https://www.booking.com/hotel/my/four-seasons-kuala-lumpur.ja.html

投資用物件として購入した模様。65階建ての43階に位置しており、観光名所としても有名なペトロナスツインタワーの向かい側にあり、世界に名だたる5つ星ホテルブランドフォーシーズンズホテルと一体のレジデンス。

上層階のみ部屋直結のプライベートエレベーターがあり人に会うことなく直接部屋と地上を行き来できる。

シンガポールのアイオン・オーチャードに似ており、低層階にはロビンソンというショッピングモールが併設されており、やはり下には伊勢丹が出店されている。

与沢曰く、日本でもミッドタウンヒルズのような複合商業施設の中のレジデンスはまず値上がりする確率が高いと言う。

 

サザンマリーナレジデンス

f:id:saikootoko:20190120204225j:plain

https://www.foreland-realty.com/?post_type=fudo&p=1183748

マレーシアのジョールバルに購入した物件。2018年10月現在未完成。

バンコク、マニラ、クアラルンプールと比べて格安だという。

与沢翼のブログや動画を見ていると、まるでこちらも金銭感覚が麻痺してくるようだが、

187㎡が4,902万円なので確かに安い。

 

 

まとめ

一見、住みもしない不動産を買い漁り、豪遊しているように見える与沢翼。しかし、与沢が買う不動産は全て数年後の値上がりを見込んで購入しており、実際与沢は購入後も賃貸などに出さず未使用で物件を寝かしている状態。いわゆる転売益=キャピタルゲインを稼ぐ目的。また、不動産投資において一番大切なのは、担保となる資産をたくさん持つことによって、金融機関からの格付けが上がることだという。格付けにより信用が上がり、資金調達額が増えれば投資におけるレバレッジも増えるので、資本主義の本質をさらに活かすことができるという。

与沢翼は天性のお金を稼ぐ能力に加えて、動画やブログを見ているとお金の使い方を非常に考えている。そして最近金を稼ぐことにも飽きた与沢が無料で発信しているこれらの情報は第二の与沢を目指す人たちにとってとても有益な情報ばかりだ。世間からは胡散臭いなど賛否両論の与沢翼だが、僕は目指すべき第一の目標として今後も追いかけ続けたい。

 

合わせて読みたい

saikootoko.hatenablog.com

 

saikootoko.hatenablog.com