最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

高学歴は大企業に就職するな!むしろ勝ち組から転落するぞ【20代から考える35歳で後悔しない人生】

いま自分が働いている会社、社員数数万人以上売上高数兆円以上の大企業。

そして社員のほとんどは、東大、早稲田、慶應を始めとした日本でも一流と言われる高学歴大学出身者

ということで、日本社会では平均以上の給料がもらえて、ボーナスもしっかり出る大企業で働いているなんて幸せだと思われるかもしれない。

だけど筆者には、この会社にいる社員は幸せそうには見えない

 

高学歴で大企業に就職は勝ち組じゃないと思う理由

f:id:saikootoko:20200308145409p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2018/01/blog-post_370.html

 

高学歴が大企業に就職すると「楽な仕事&人生転落」

 

というのも、筆者は人生のピークって35歳だと思う。

自分の夢である、 

「お金持ちになって、最愛の女性と結婚」

など成功する期限としているのが35歳

 

正直、35歳過ぎたら起業なんて無理だし、結婚も厳しいと思う。

いわば筆者が思う、人生の終わりが35歳。

 

一方、うちの会社の35歳前後の先輩を見てみると、

大したことない人ばかり。

むしろこんな大人にはなりたくないと思うような反面教師しか見つからない。

例えば、

  • 上司から与えられる業務をこなすことだけが仕事だと思い込んでおり、自分の頭で何も考えていない
  • 自らリーダーシップをとってグループや部下を率いる経験など皆無
  • リスクのある仕事や新規プロジェクトなどに関わった経験も皆無
  • いまの会社を辞めて、起業や転職などで稼げるかと言われたら絶対に無理

 

こんな人ばかり!

あわせて読みたい

www.piroriro.com

 

大企業は高学歴の優秀な人材も無能にさせる

 

要は、筆者の会社にいる35歳って、

26歳のいまの自分でもこいつらには勝てるんじゃね?

と思うような人たちばかり。

 

元々は、超がつくほどの一流大学を出た高学歴なのに、

みんないつの間にか、しがないサラリーマンになってしまうのがうちの会社。

 

10年間何してたんだ!という言葉がぴったりな人たち。

 

ということで、こんな35歳なんて筆者の目指す35歳にはほど遠い。

筆者は大学のサークルの大先輩である与沢翼みたいに、

こんな35歳になりたい!

こちらも参考>>>【秒速1億男】与沢翼の経歴を大学サークルの後輩がまとめてみた! - 最愛の彼女に浮気された男の努力記

 

大企業を選ばなかった高学歴の友人たちはどんどん勝ち組になっていく

 

一方、20代前半でも責任ある仕事を任されメキメキと力を付けている大学の同期たちもいる。

  • 起業して2年で会社を売却し25歳で12億稼いだ先輩
  • キー局の女子アナになり毎日テレビ出ている先輩
  • 外資に入り、就職3年目にして既に年収1000万円の会社に転職している同期
  • 登録者数40万人のYouTuberになり月収400万円の同期

 

これ全部筆者の大学時代の知り合い! 

www.piroriro.com

www.piroriro.com

 

こんな感じで、就職して3年経ったいま、

予想以上に大学の同期たちが出世の階段を急上昇している!

 

一方の筆者はというと・・・

なんの力も付いてないどころか、この会社に10年居たとしても、なれるのは年収500万ぐらいのしがないサラリーマン

 

つまらない仕事から帰りテレビを付けると、3年前は肩を並べて飲みに行っていた同期が、美人女子アナ扱いされてバラエティ番組に出ている!

悔しい!

このままだと、10年後の35歳時点では圧倒的な力の差ができてしまう。

ということで非常に焦っているのが現在の自分。

あわせて読みたい

www.piroriro.com

 

「高学歴が大企業に就職」は楽な仕事と引き換えの人生の転落

f:id:saikootoko:20200401143235p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2014/06/blog-post_28.html

 

20代の大企業の仕事はとっても楽だけどつまらない

 

うちの会社には、

「新人はどうせ何も分からない」

と考える風習がある。

 

だから、

「新人はどうせ自分で考えた仕事をしてもロクなことにならないのだから、余計なこと考えずに、上司に言われた仕事だけを一生懸命やってればいい!」

と考えるバカ上司が非常に多い。

こんな会社に10年も居てしまうと、大学時代の優秀な同期たちとの差はどんどん開くばかり

あわせて読みたい

www.piroriro.com

筆者が配属初日に上司から頂いたありがたい言葉↑↑↑

 

一方、

このままだとこんな仕事をしてる昔の仲間と、

35歳の時点では取り返しのつかない決定的な差がついてしまう!

3年前に肩を並べ合って飲みに行っていた友人たちが、まるで遠い世界に行ってしまう!

 

同じ高学歴でも35歳で年収も仕事も決定的に差がつく!勝ち組は大企業じゃない

 

35歳といったら、大学卒業後の23歳で就職したとして12年後。

このたった12年で大学時代の友人たちと決定的に違う未来が出来てしまう。

だって、大企業なんて上司から言われて仕事こなしてるだけの歯車の一つ。

自分の頭で考えて利益を生み出す経験なんて皆無。

 

そして35歳になったその時に気付いてももう遅い。

 

だからこれから就活する大学生に声を大にして言いたい!

最初に働く場所を選ぶことは本当に重要。

 

とりあえず大企業に入ればいいや。

と思っている大学生!

いつしか僕みたいに後悔するハメになるかもしれないよ。

 

「ネットで稼ぐ」が当たり前な現在、

35歳で50億近く稼いでいる与沢翼みたいな人も世の中には存在する。

もし彼のような成功を目指したいなら、

20代のいまから始めないと一生間に合わなくなる。

あわせて読みたい

www.piroriro.com

  

人生の勝ち組に入りたい高学歴20代は大企業にいてはダメ!

 

いまこの記事を読んでいる20代で、

「将来成功したい」

と思っているなら、いま働いている自分の会社を見渡してみよう。

 

  • 35歳前後の先輩は「すごい人」だと思える人たちか?
  • 全く発言しない人が何人も出席する会議を延々とやっているような会社ではないか?

 

こんな会社に3年もいると、

20代前半から競争社会に出ていき、どんどん鍛えられていった同期たち決定的な差がついていく。

 

そして残念なことに、高学歴であるほどこういうぬるい会社に就職できてしまうのが日本の就職活動。

不幸なことに、日本の大企業のほとんどが学歴フィルターを絶対的に信仰しているため、高学歴就活生はごっそり大企業に誘拐されていく。

組織がしっかりしており予算も人材も余裕があるから、

20代の新人に成長することなど求められない。そして20代どころか40代で課長になるまでリーダーシップなど一切求められない。

これが大企業に就職したサラリーマンの人生。

 

だからこれから就職する高学歴学生やいま大企業で働いていてどこか違和感を感じている高学歴の20代は、

大学卒業後の数年をいかに過ごすか本当に気をつけるべきだ。

 

まとめ:高学歴の大企業就職は「勝ち組からの転落」のはじまりかも

 

  • 「平均的なそこそこの給料もらって、普通の生活ができればいい」
  • 「仕事でストレスを感じるなんて絶対に嫌!」
  • 「毎日20時には家に帰って、家族団欒の時間を過ごしたい」

 

そう思ってる人には大企業は間違いなくベストな選択肢!

 

ストレスフリーの仕事に、過労死とは無縁の残業時間、平日夜は趣味や家族と過ごす

 

こんな幸せな生活が十分に遅れる。

 

ただ、東大、早慶などの高学歴な就活生!

確かに、大企業は就活も大して苦労せずに入れるし、就職した後もものすごく楽

 

しかし!

いまサークルで肩を並べ合って飲み会やっている傍ら、就活死ぬほど頑張って外資マスコミに行った同期たちと、

3年後まるで違う生活になるよ。

 

そんな未来嫌だ!こいつらに負けてたまるか!!

と思うなら、

大企業への就職は止めるべき。

 

まだ就活が終わってないなら遅くない!

外コン、外銀、マスコミ、起業・・・。など、

大企業のぬるーい生活とは無縁の選択肢を選ぶことをおすすめしたい。

あわせて読みたい

www.piroriro.com

www.piroriro.com

www.piroriro.com

www.piroriro.com

www.piroriro.com