最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【2019最新版】おすすめの安い外車ランキング!【最安は200万以下!】

外車と聞くとなんとなく高いイメージがあるけど、ここ最近は手頃に買える安い外車が増えている。ということでまだまだ国産車に比べると割高だけど、なんとか手が届きそうなおすすめの安い外車をまとめてみたので紹介したいと思います!

 

【2019最新版】おすすめの安い外車ランキング!【最安は200万以下!】

 

フォルクスワーゲン・up!

f:id:saikootoko:20191211203437j:plain

引用元:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/up.html

161〜229万円

フォルクスワーゲンが販売する最もコンパクトな車で、実は日本で買える一番安い外車。安い外車という側面だけじゃなく、実はあえてエンジンのエキゾーストノートを車内に響かせるような設計にしているなど、趣味性の高い楽しい車としてもおすすめ。5ナンバーでコンパクトで運転しやすいサイズであり、手頃で安い価格帯であるためお母さん世代の買い物車としてもおすすめできる万能な一台。

 

ルノー・トゥインゴ

f:id:saikootoko:20191211203553j:plain

引用元:https://carview.yahoo.co.jp/article/detail/3ffa7e51c72ddebd69b45449860db7b69d74d6b0/

177〜239万円

細い道が入り組むパリの市街地を軽快に走れるように作られたコンパクトな外車であるトゥインゴ。フランスっぽいおしゃれな見た目も取り入れられており、可愛い見た目はちょっと周りに差を付けたい人におすすめ。狭いフランスの路地での使い勝手を考えられたサイズのトゥインゴは価格も安いので、日本で使うにも抜群におすすめ!

 

フィアットフィアット 500

f:id:saikootoko:20191211204046j:plain

引用元:https://carsmeet.jp/2019/02/01/88883/

184〜277万円

イタリアが誇る小さくて可愛いフィアット 500。外車に興味のない女性からの人気も高く、おしゃれな人には真っ先におすすめしたい外車。こんなに可愛いデザインなのに実は日本の軽自動車並みに新車価格は安いという、決して安くは見えないギャップが何よりものおすすめのイタリア車。

 

プジョー・208

f:id:saikootoko:20191211204159j:plain

引用元:https://www.webcg.net/articles/-/646

199〜322万円

パリの石畳を走るためにしなやかな足回りで有名なフランス車。そんなフランス車のコンパクトハッチバックでありながら、なぜかドイツ車よりも硬い足回りを持つのがプジョー208。明らかに世界的ベストセラーであるフォルクスワーゲン・ポロを意識しており、ポロよりも10万円以上安い価格で勝負している。ラリーのベース車としても使われるほど車のポテンシャルは高く、スポーティなフランス産外車が欲しい人にはおすすめ。

 

ルノー・ルーテシア

f:id:saikootoko:20191211204315j:plain

引用元:https://motor-fan.jp/article/10011630

199〜244万円

フランスで最も売れている人気外車がルーテシア。弟分はトゥインゴでるが性格が全く違う。トゥインゴが街乗り重視なのに対して、ルーテシアはバカンスの国フランスが産んだ遠乗り重視のグランドツーリングカー。200万円を切る安い価格ととてもじゃないが200万円以下の安い車には見えないかっこいい見た目がおすすめのコンパクトな外車。

 

フォルクスワーゲン・ポロ

f:id:saikootoko:20191211204425j:plain

引用元:https://minkara.carview.co.jp/car/volkswagen/polo/

211〜348万円

フォルクスワーゲンの名作ゴルフの少し小さい外車コンパクトカー。ゴルフより安い廉価版と思われているが、実は価格はそんなに変わらない。一番の違いは車両サイズで、全長で20cm、全幅で10cm近くポロの方が小さく街乗りに便利になっている。日本の街乗りでは小さくて運転しやすいポロの方がおすすめかも。

 

フィアット・パンダ

f:id:saikootoko:20191211204529j:plain

引用元:https://response.jp/article/2019/02/27/319580.html

213〜261万円

いかにもイタリアが作りそうな何よりもデザイン重視の外車。本当にパンダみたい。で、特徴的な見た目に目を取られるが、実はかなり車体サイズも小さくてコンパクト。スペックもサイズも日本の軽自動車とほぼ変わりなく、日本の狭い道にはおすすめ。ただ外車らしく213万円という決して安くない価格で日本の軽自動車とほぼ同じスペックなので、よほど見た目を気に入った人じゃないとおすすめできないかも。

 

シトロエン・C3

f:id:saikootoko:20191211204703j:plain

引用元:https://minkara.carview.co.jp/car/citroen/c3/

222〜258万円

自動車評論家がみんなで大絶賛している超おすすめの外車。デザイン、スペック、価格全てに抜かりなく作られておりまさに100点の外車。こんなに良い車なのになぜか日本ではあまり売れていない。サイドには空気が入ったエアバンパーが付いており、実際に衝突時に衝撃を和らげるという、珍しい機能が付いている。内装はとても220万円台の車には思えず、とにかく良い外車が欲しいという人には真っ先におすすめ。

 

スマート・スマート フォーフォー

f:id:saikootoko:20191211204827j:plain

引用元:https://www.webcg.net/articles/-/33953

222〜318万円

メルセデスベンツルノーが共同開発したとっても小さな外車。メルセデスベンツの販売戦略もあり、日本でもそこそこに売れている。ベンツとルノーという世界の二大巨頭が本気出して作った車がたった222万円という安い価格で買えるというのはかなりコスパが良くおすすめ。

 

ミニ・MINI ONE

f:id:saikootoko:20191211205052j:plain

引用元:https://response.jp/article/2014/11/12/237194.html

238〜472万円

みんな大好きな外車ミニ。実は250万円以下で買えるほど安いモデルも存在する。で、そんなコスパに優れた安いモデルがONE。装備や性能は色々と簡略化されているが、見た目はミニそのまま、ミニの見た目が好きでとにかくミニが欲しいという人には真っ先におすすめしたいおしゃれ車。

 

まとめ

外車って200万円以下のお手頃価格なのにとても安い車には見えない不思議とかっこいい車が多いですよね。ということで、国産車買おうと思っているなら安くてかっこいい外車を検討してみるのもおすすめですよ!