最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

ウイスキーあかしの評価/レッド・シングルモルト・スペシャルブレンド・700の違いを解説

日本のウイスキーメーカーの有名どころといえば・・・

サントリーとニッカ

そして、この次にキリン、イチローモルト・・・

などが続きます

 

そんな日本のウイスキーメーカーの中で、最近徐々に勢力を伸ばしているのが、

今回紹介する

江井ヶ嶋酒造のあかし

 

f:id:saikootoko:20200917102517p:plain

引用元:http://www.ei-sake.jp

 

名前通り、兵庫県明石市にある酒造メーカーが造るウイスキーで、

安くてコスパに優れたウイスキー造りに定評のあるメーカーです

ということで今回は、そんなウイスキーあかしの特徴、歴史、ラインナップごとの違いを初心者の人にも一から分かるように解説してみようと思います!

 

 

ウイスキーあかしの評価/レッド・シングルモルトスペシャブレンド・700の違いを解説

 

f:id:saikootoko:20200917103043j:plain

引用元:https://www.sankeibiz.jp/business/news/150108/bsl1501080500001-n1.htm

 

ウイスキーあかしとは?

 

f:id:saikootoko:20200917102834j:plain

引用元:https://www.kuramotokai.com/kikou/52

 

兵庫県の港町、明石で生まれた地ウイスキーであるあかし

瀬戸内の播磨灘と呼ばれる海域に蒸留所が面しており、日本国内のウイスキー蒸留所の中では「最も海に近い蒸留所」となっています

そんなあかしを製造する江井ヶ嶋酒造は、創業1679年の大変歴史のある酒造メーカーで、実はウイスキー製造も大正8年(1919年)に免許を取得しています

ちなみに、サントリーが日本最古のモルトウイスキー蒸溜所「山崎蒸溜所」を造ったのが、大正12年(1923年)なので、江井ヶ嶋酒造は実は日本屈指の歴史を持つウイスキーメーカーだったりします

そんな江井ヶ嶋酒造、本格的にウイスキー造りに取り組み始めたのは1984年で、この年に現在の蒸留所の建物が建てられました

スコットランド風の蒸留所設備と、日本酒の蔵元の職人たちが取り組むウイスキー造りは、独特の味わいを生み出し、近年は2007年に発売した「あかしシングルモルト8年」が世界的にも高評価を得るなど、急速に知名度を伸ばしています

 

ウイスキーあかしの種類

 

f:id:saikootoko:20200917102517p:plain

引用元:http://www.ei-sake.jp

 

あかしレッド

 

 

あかしシリーズの入門的ボトルで、最もお手頃な価格で手に入るあかしレッド

1本1100円ほどで、最近ではスーパーやコンビニでも見かけることが多くなりました

3年程度熟成の原酒を使用しているので、アルコールの刺激は結構強めですが、日本の蔵元が造るあかしレッドはコスパは高め!

あっさり淡麗な飲み口が特徴となっており、値段と熟成年数の割には意外と飲みやすいです

 

ウイスキーあかし

 

 

あかしシリーズの定番である地ウイスキーあかし

あっさり、淡麗、爽やかな飲み口が特徴のあかしレッドの特徴を引き継ぎながら、カカオのような渋みやラムレーズンのような濃厚な甘みが加わっており、深みが増しています

1本1200円ほどと、あかしレッドとあまり値段が変わらないので、本格的ウイスキーを味わいたい人は地ウイスキーあかし買っておくのがおすすめ!

 

シングルモルトあかし

 

 

アメリカンオークのシェリー樽原酒と、バーボン樽原酒をブレンドして造られているのがシングルモルトあかし

熟成年数が表記されていない、ノンエイジにあたるボトルで、若いウイスキー特有のアルコールの刺激はそこそこに強いです

シェリー原酒由来のプラム、ドライフルーツ、ビターチョコのような風味と、バーボン樽由来のバニラのような甘みが絶妙に混ざり合い、王道のウイスキーの味わいを楽しめます

 

あかし700スペシャブレンド

 

 

最近勢いのあるあかしシリーズの新商品があかし700スペシャブレンド

2019年9月に発売され、3年熟成のモルト原酒にグレーンウイスキーが混ぜられたブレンデッドウイスキーとなっています

甘みと酸味のバランスが取れた、正統派ウイスキーの味わいで、1本2000円としては十分に納得できる味わい!

グレーンウイスキーブレンドされていることで、あかしシリーズの中ではおだやかで飲みやすさが特徴のボトルとなっています

 

まとめ

 

実は日本屈指のウイスキーの歴史を持ち、最近は世界的にも名前が知られている江井ヶ嶋酒造のあかし

日本の地ウイスキーを代表する銘柄のひとつで、現在ラインナップがどんどん拡大中!

また、最近は長期熟成のプレミアムなボトルも発売されており、ウイスキー好きも納得の高レベルなボトルも現れています

急速に知名度を上げる地ウイスキー銘柄として、今後も目が離せない江井ヶ嶋酒造のあかし、瀬戸内観光に行ったら、明石のたこ焼き片手に飲みたいご当地ウイスキーです!