最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

配属初日に「早く会社に染まれ!」と言った上司→おかげで伝説のモンスター社員が誕生した話

元カレに仕込まれたテクニックに興奮する筆者です! 

 

配属初日に上司に言われた言葉がある

 

「いち早く〇〇自動車の色に染まって、早く一人前の社員になってほしい」

 

え?

 

それ本気で言ってる?

 

今でこそ配属わずか3年にして伝説級の問題行動起こしまくる、

社内中で有名な問題児になっている筆者だけど

saikootoko.hatenablog.com

saikootoko.hatenablog.com

saikootoko.hatenablog.com

 

当時は配属初日の真面目な新入社員だった筆者、

 

ぴちぴち新人筆者「はい!頑張ります!!」

 

なんて真っ黒なスーツ着て元気良い返事をしていた

 

だけど今になって思う

 

何言ってんだこいつ

 

B級ドラマに出てくるサラリーマン上司みたいなクサいセリフ言ってんじゃねーよ!

 

てことで今回は会社に染まることについて考えてみようと思う!

 

配属初日に「早く会社に染まれ!」と言った上司→おかげでモンスター社員の筆者が誕生!

f:id:saikootoko:20191122060129p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2016/06/blog-post_23.html

 

「〇〇自動車の色に染まれ!」という上司←どんだけ上から目線でモノ話してるの?

 

新入社員だった筆者、

上司に元気の良い返事をしていたものの、

心の中では「会社に染まる」という言葉に対してどこか違和感を感じていた

 

ちなみに自分がもしも上司の立場だったらこう言う

 

「早く〇〇自動車に馴染んで欲しい」

 

一方繰り返すけど僕の上司が言った言葉

 

「いち早く〇〇自動車の色に染まって欲しい」

 

色に染まる

 

なんかちょっと上から目線じゃないすか?

 

これって僕の本来の色が青色だとすると、

それを打ち消して、

〇〇自動車のイメージカラー「赤色」になれ

ってことでしょ?

 

つまるところ、

自分を押し殺して、

部長が「右向けーみぎっ!!」と言ったらみんなで一斉に同じ方向見る、

金太郎飴みたいな量産型〇〇自動車社員に、

僕になれと?

 

やなこった!

 

「会社に染まる」なんて一言でも言う上司は無能なバカの典型例!全力で無視するべき!

 

僕の上司が言った「会社に染まる」

30年以上この会社一筋で生きてきて、そこそこの地位にまで上り詰めた上司なりの親心、

この会社で偉くなるための成功法則を一言にまとめたアドバイスかもしれない

 

だけど考えが古すぎる

 

・30年後この会社があるかどうかもわからない

・早期退職という名のリストラを45歳で受けるかもしれない

・終身雇用が崩壊しつつある現代、色々な会社を転職するのがこれからのサラリーマン

 

もう〇〇自動車の赤色一色に染まって30年平穏に生きていける時代じゃない

 

それをこれから40年近いサラリーマン人生を送ろうとしている新入社員に、

こんなこと言うなんてあまりにも無責任すぎる

なんも考えていない無能な上司の典型例

 

てなわけで出会ってわずか5秒で、

あ、こいつバカだ

と筆者に認定される禁句ワードを発した上司

 

配属初日の上司のこの言葉のおかげもあって、

なんかこの会社も上司もヤバくない?

と常に思い続けた結果、

無事こんなブログを書いている筆者に進化しました!

 

ありがとう!木原さん!

 

「会社に染まる」とか言う上司は「長いものには巻かれる」中身ペラペラの薄っぺらい人間

 

収入も人間関係も何もかも、いま働いている会社に依存している人

 

20年前だったら、確かにそれが日本での成功法則だった

 

だけど働き方考え方がものすごいスピードで多様化している現代

相当ヤバいと思う

 

自分の考えを持たずに大きな流れに身を任せているだけのイワシの群れみたいな人たち

「長いものには巻かれる」という言葉がぴったりな人たち

 

これも一つの能力っちゃ能力だけど、

成功やお金持ちになるための能力ではないし、

何よりそんな人生楽しくない

 

自分の考えを持たずに、本来それぞれが持つ価値観も前面に出さない、上からの方針にただただ従う人たち

 

日本の会社ではそれなりの居場所は確保できると思う

 

その代わりに自分の軸を持たない薄っぺらい発言しか出来ない人間へとまっしぐら

 

50代半ばにもなって、26歳の若者に「こいつバカだ」と思われるような中身ペラペラ人間の完成!

 

周りに疑問を抱き、自分の頭で考えるって辛いし苦しさを伴う一方、

組織に染まることなんて簡単

 

40年間ゆるく楽に生きたい!

と思っている人は「長いものには巻かれる」能力をひたすら磨いていけばいいと思うけど

筆者はそんなの絶対に嫌だ!

 

絶対になりたくないかっこ悪い男の典型例!

 

まとめ

 

「いち早く〇〇自動車の色に染まって、早く一人前の社員になってほしい」

 

上司のスピーチとしてはもっともらしい、無難な言葉だと思う

 

だけど逆に言うと、

何も考えてない中身ペラペラな上司が言う言葉

 

金太郎飴みたいな中身ペラペラな部下はこういう上司にもホイホイ付いていくだろうけど、

筆者の心には1ミリも響かなかった

 

そしてこういう上司に限って、

若者はこうあるべき! とか会社のために尽くせ!とか言いたがる

だって本来青色の筆者を無理やり赤色に染め直すというような、

この上ない上から目線の考えを出会って初めての筆者に開口一番にしてしまうような上司

 

2年間横で見てきた結果、

案の定化石みたいな人だった

 

てことで部下を持つ人は常に自分の価値観や信念を振り返ってみるべきだと思う

 

目の前の業務をこなすことには関係ないだろうが、

こういう普段の何気ない発言が上司として何より大切な人望や説得力に大きな影響を与える

 

そして逃げてばかりの人生を送っていると、

ふとした時にボロが出てしまったり、部下に対してはっきりとした答えを言えない薄っぺらさが露呈してしまう

 

業務さえ円滑にこなせればそれで良いと思うならそう思ってれば良いけど、

筆者は絶対にこんな上司にはなりたくない

 

尊敬される上司というのは人一倍業務をこなせる「よく回る歯車」じゃなく、

人望で若者を惹きつける人

 

価値観や信念など持たず、業務遂行能力だけで成り上がってきた上司

職場ではそれなりの地位についてそれなりに部下に慕われるが、

筆者みたいな生き方している部下からは即行で見限られてしまう

 

会社に染まる

 

日本で生きていくためには最適解な生き方かもしれない

しかしそんな生き方なんてまっぴらごめん!

自由をこよなく愛し、元カノがやってくれた対面●位が忘れられない筆者でした!