最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【最強の煙】アードベッグ10年をレビュー!味・評価・感想を紹介!

煙くさいウイスキーが大好きな筆者!

 

家で飲むウイスキーは、

ボウモアラフロイグタリスカー、カリラ、アードベッグ・・・

って感じで、

とにかく煙くさいウイスキーばかり買ってる!

 

で、

そんな煙くさいウイスキーの中でも、

世界最強クラスの強烈な香りなのが・・・

アードベッグ


f:id:saikootoko:20200726040005j:image

 

筆者が持っているウイスキー最も強烈な香りなのはもちろんのこと、

世界で最も煙の香りが強いと言われているウイスキーのひとつです!

 

ということで今回は、世界最強ウイスキーアードベッグ 10年」を紹介しようと思います!

 

 

【最強の煙】アードベッグ10年をレビュー!味・評価・感想を紹介!

 

f:id:saikootoko:20200726040132j:plain

 

アイラ島最強で世界最高のウイスキーアードベッグ

 

スコットランドアイラ島で造られているアードベッグ

アイラ島には現在、8つの蒸留所があります

 

 

そんな煙くさいウイスキーの猛者たちが立ち並ぶアイラ島の中でも、

今回紹介するアードベッグは最強!

 

アイラ島で最強どころか、世界で最もピート香が強いと言われているウイスキー銘柄です!

 

アードベッグのエピソードがやたらと面白い!

 

f:id:saikootoko:20200705031426j:plain

引用元:http://www.ardbegjapan.com/products/

 

ということで!

世界最強クラスの強烈な香りのウイスキーを造るアードベッグ

 

ウイスキーが超個性的なだけでなく、

色々と面白いエピソードがある蒸留所で、これも筆者がアードベッグ好きな理由!

 

簡単にまとめるとこんな感じ!

 

  • アードベッグ蒸留所建設地はかつての密造蒸留所の跡地
  • ボトル詰め前にろ過を行わないので少し不純物が混ざっている
  • ウイスキー造りには「暗くて神秘的な湖」の水を使用
  • 映画『コンスタンティン』で主人公が愛飲していた

 

こんな感じで、

なんとなくダークなイメージのあるアードベッグ・・・

 

f:id:saikootoko:20200705031604j:plain

引用元:https://www.mhdkk.com/en/brands/ardbeg/

 

なかなか他の蒸留所にはない、面白いエピソードばかりなので、

アードベッグの味わいをレビューする前に、

ひとつひとつ簡単に紹介してみようと思います!

 

読んだらきっとあなたもアードベッグ好きになりますよ(笑)!

 

アードベッグ蒸留所建設地はかつての密造蒸留所の跡地

 

f:id:saikootoko:20200725201118j:plain

引用元:https://www.whisky.com/whisky-database/distilleries/details/ardbeg.html

 

1815年に創業したアードベッグ蒸留所

しかし、蒸留所建設前に、現在のアードベッグ蒸留所の建っている場所には、別の蒸留所が存在しました

 

ただ、この蒸留所、密造酒の蒸留所であったため、政府にバレて廃業に・・・

そして、密造蒸留所が取り壊された跡地に、アードベッグ蒸留所が建設されました

 

ボトル詰め前にろ過を行わないので少し不純物が混ざっている

 

f:id:saikootoko:20200725201424j:plain

引用元:https://www.whisky.com/whisky-database/distilleries/details/ardbeg.html

 

ウイスキーの製造過程では、どうしても不純物沈殿物が発生してしまいます

そして、これがボトルに入っていると、まるでゴミみたいでなんだか見た目が悪いので、多くの蒸留所ではボトル詰め前に「ろ過工程」を行います

 

しかし、この不純物、実は旨み香味成分も含まれており、人体にも無害!

ということで、アードベッグでは細かな沈殿物は取り除かず、なるべく原酒に近いままボトリングを行っています

見た目が多少悪くても、味わいを何より重視しているアードベッグらしい取り組みです!

 

ウイスキー造りには「暗くて神秘的な湖」の水を使用

 

f:id:saikootoko:20200725201656j:plain

引用元:https://nature.desktopnexus.com/wallpaper/882052/

 

ウイスキー造りには欠かせない材料である

アードベッグでは、蒸留所の裏の丘にあるウーガダール湖の水を使用しています

この「ウーガダール」という名前、ゲール語「暗くてミステリアスな場所」という名前の、なんともアードベッグらしいダークな名前(笑)

 

ちなみに、湖にはアイラ島特産のピート層から湧き出た水が含まれており、これがアードベッグの香味には欠かせない成分となっています

また、前述した通り、ボトリング前のろ過は行わないアードベッグですが、ウイスキーの仕込み水は浄水器でろ過を行っています

意外なことに、浄水器を使用しているのは、アードベッグスコットランドで唯一の蒸留所です

 

映画『コンスタンティン』で主人公が愛飲していた

 

f:id:saikootoko:20200725201802j:plain

引用元:https://www.kinoafisha.info/news/sluhi-v-rebute-konstantina-mozhet-poyavitsya-zlodeyka-iz-dc/

 

キアヌ・リーブス主演の2005年の映画コンスタンティンで、キアヌ演じる主人公のジョンが愛飲しているウイスキーアードベッグ

1日30本のタバコとアードベッグで余命わずかな悪魔祓い師、ジョン

これまでの行いで既に地獄行きが確定しているけど、何がなんでも地獄に行きたくないジョン

そんなジョンが自身の運命を変えるために、天国・人間界・地獄を巻き込んで、天使や悪魔すら欺くアメリカンコミック映画です

一見、悪魔を祓うヒーローに見えながら、中身は自己中心的で、言い訳とごまかしが得意で、親しい人さえも躊躇なく騙して裏切り、冷淡・・・

というアメリカンコミックのヒーローとしては、類を見ないぐらいのとんでもない人間

そんなジョンが現実逃避するかのように、飲んでいるのがアードベッグ

アードベッグがジョンのイメージにぴったり!なのはもちろんのこと、ストーリーもかなり面白い映画なので、おすすめですよ!

 

f:id:saikootoko:20200725202215j:plain

引用元:https://www.rogerebert.com/reviews/constantine-2005

 

ということで、

ダーク・黒い・荒々しい

みたいな、どこか暗い感じのイメージのあるアードベッグ

 

f:id:saikootoko:20200725212425j:plain

引用元:https://www.esquiremag.ph/food-and-drink/drink/the-cult-of-ardbeg-one-of-the-world-s-most-misunderstood-whiskies-a00225-20180517-lfrm

 

世界最強の強烈な香りのウイスキーに、なんだか妙にマッチするイメージだと思いませんか?

筆者個人的には、

なんか厨二っぽいかっこよさがあって、アードベッグのエピソード結構好きです(笑)

 

最強に煙くさい!アードベッグ10年をレビュー!味と評価は?

 

f:id:saikootoko:20200726040103j:plain
 

アードベッグは思ったよりも大したことなかった・・・?

 

ということで、アードベッグ 10年を実際に飲んでみようと思います!


f:id:saikootoko:20200726040024j:image

 

まずグラスに注いで一番に思うのが、

色薄過ぎ!なんだこれ!?

 

強烈な香りと味わいとは対照的に、まるで白ワインかと思うぐらい薄い見た目をしています・・・

とてもウイスキーとは思えない色です


f:id:saikootoko:20200726040037j:image

 

そして、香りは・・・

意外と煙くさくない!

 

アイラ島最強!世界で最も強い!フェノール値55ppm!

といった、前情報を聞くと、

どれだけヤバいウイスキーなんだ・・・

って思う人も多いだろうけど、

拍子抜けするぐらい、案外普通です!

 

イメージ的にはアイラ島2番目に煙くさいラフロイグとそんなに変わらない

てか、人によっては、ラフロイグの方が強い!

と思う人もいるぐらい、香りはそこまで強くない!


f:id:saikootoko:20200726040050j:image

 

そして、煙の香りの奥には、

消毒液のような薬品臭海の潮の香りも感じられます

 

ただ、しつこいけど、

想像したよりも5分の1ぐらいの香りの弱さです

「世界最強」っていうから、ボトルを開けた瞬間に部屋中に強烈な香りが・・・

みたいなのはありません

 
f:id:saikootoko:20200726040103j:image

 

そして肝心の味わいは、

 

うん?なんか大したことないぞ・・・?

 

口に含んでまず思うのが、

 

あれ、これ世界最強のアードベッグ??

と思うぐらい、

味わいは弱くライトであっさり!

 

また、舌で転がしていると、ほのかな潮っぽいしょっぱさが感じられ、

海のウイスキーっぽくて美味しいです!

 

で、ここで

な〜んだ。大したことないじゃん(笑)

って思って、口に含んでちょっと時間が経つと・・・

 

強烈な煙の味わいがやってきます!

 

これがアードベッグの特徴!

香り第一印象は大して強くないけど、

少し時間が経つと、突然やってくる強烈な煙の香り!

 

アイラ島で2番目に強いラフロイグよりもよっぽど強い!

まさに煙を食べているような味わいです!


f:id:saikootoko:20200726040113j:image

 

また、強烈な煙の味わいで忘れがちだけど、

アードベッグって、意外と軽くてあっさりした飲み口!

 

まるで水で割ってるかのように、透明感ある飲み口は強烈な味わいとは対照的でなんだか意外です

煙の香りさえなければ、かなり薄くて特徴のないウイスキーになるってぐらいライトです


f:id:saikootoko:20200726040132j:image

 

てことで、

美味い!

 

筆者が煙くさいウイスキー大好きってのもあるけど、

ラフロイグと双璧をなす、とても完成度の高いウイスキーです!

 

香りがちょっと弱いのが意外だけど、

味わいは間違いなく最強!

 

まさに、

煙を食べている

を体験するなら、右に出る者はいないウイスキーだと思います!

 

また、

強烈な煙くささに注目しがちだけど、実はかなり薄くて軽い飲み口であるアードベッグ

このギャップがなんとも絶妙で素晴らしい出来栄えだと思います!

 

絶対に万人にはおすすめしない味だけど、

夜に一人でハードボイルドごっこしながら飲むウイスキーとしてぴったりだと思います!

 

アードベッグ飲んでる時の筆者の自画像・・・↓

(ちなみにタバコは健康に悪いから吸わない)

 

f:id:saikootoko:20200725201802j:plain

引用元:https://www.kinoafisha.info/news/sluhi-v-rebute-konstantina-mozhet-poyavitsya-zlodeyka-iz-dc/

 

はい!

26歳にもなって、厨二キモいですね

どうもすみませんでした!

 

まとめ

 

ということで!

どんだけヤバいウイスキーなんだ・・・

と思って身構えて飲んでみると、

案外大したことない

と拍子抜けするアードベッグ

 

ぶっちゃけ煙くささランキング2位のラフロイグとさほど変わりません

 

ただ、

ラフロイグ香りを前面に押し出しているのに対して、

アードベッグ味わいを押し出しているイメージ

 

筆者個人的には、アードベッグ口いっぱいに広がる余韻がとにかく心地良くて、とても美味しかったです!

 

また、煙の香りは強烈だけど、意外とあっさり軽い飲み口なのもアードベッグの特徴!

色々な香りや味がごちゃごちゃ混じっているよりも、

煙の香りを楽しむのに特化している感じがあって、絶妙なバランスだと思います!


f:id:saikootoko:20200726040147j:image

 

てことで、

世界最強の武骨なウイスキー

かと思いきや・・・

意外と繊細で計算されているアードベッグ

 

1本4600円ぐらいと、ちょっと高いと思うかもしれないけど、

ウイスキーの世界観広げるには、かなり優秀な面白いウイスキーだと思います!

 

ウイスキー初めて買う人には絶対におすすめしないけど、5種類ぐらい買って、もっとウイスキーのいろいろな味わい知りたい!と思っている人には超おすすめ!

 

香り:拍子抜けするぐらい弱い。革製品のような上品な煙の香りが中心。かすかに磯っぽい海の香り。またアルコールの刺激は意外とない

味:口に含んだ瞬間は意外とあっさり。上品なフルーティな酸味と海の塩味が中心のウイスキーかと錯覚するぐらい軽い。しかし、少し時間が経つと強烈な煙の香りがやってくる。後味は意外と軽く、ほのかに舌の奥に苦みが残る程度で、煙の余韻も案外すぐに消える

簡単なイメージ:革製品と海の香り → ほんのり塩味とフルーティ → 強烈な煙の香り → 濃い煙がすーっと消え去るように心地よい余韻 

個人的おすすめ度:B+

 

 

あわせて読みたい 

www.piroriro.com