最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【煙臭い】スモーキーなウイスキーくさい順ランキング!【おすすめ】

煙くさいウイスキーが大好きな筆者

 

ウイスキーは基本的に煙の香りがするものばかりを飲んでいる

 

そんな筆者が飲んでいるウイスキー

どれぐらい煙の香りが強いかというと・・・

 

普段タバコを吸う人ですら嫌がるレベル

 

飲むのを嫌がるどころか、

グラスに注いだだけで、

「くっさ!」

ってみんなして騒ぎ出す、筆者が大好きなウイスキー・・・

 

ということで今回は、10人中7人ぐらいは嫌いだけど、

ハマる人には一生手放せないレベルでどハマりする煙くさいウイスキーのおすすめを紹介しようと思います!

 

好きなところから読んでください

 

【煙臭い】スモーキーなウイスキーくさい順ランキング!【おすすめ】

 

f:id:saikootoko:20200602184139j:plain

引用元:https://www.whiskyadvocate.com/most-heavily-peated-whiskies-peatiest/

  

【18-22ppm】タリスカー 10年

 

 

潮の香りがすることで有名なタリスカー 10年

スコットランドの北西の離島であるスカイ島という場所で造られており、

数々の絶景遺跡が残るまるでおとぎ話に出てくるような、とても風光明媚な島

 

そしてこのタリスカー香りがなかなかに面白いウイスキーで、

潮の香りが強いだけでなく、なぜか胡椒の香りがするウイスキーとして有名!

当たり前だけど、ウイスキーの中に胡椒は一粒たりとも入っていない

 

そして、 

煙の香りはそれほど強くなく、煙、潮、胡椒の香りがどれもバランスよくまとめられている

 

ハイボールに抜群に合うウイスキーとしても有名で、

タリスカーハイボールにブラックペッパーを少々振りかける「スパイシーハイボールは、

バーテンダーなら知らない人がいない!と言えるぐらい人気のハイボール

 

タリスカー10年をもっと知りたい人はこちらの記事で詳しくレビューしています!

www.piroriro.com

 

【25-30ppm】ボウモア 12年

 

 

筆者が一番大好きウイスキー

煙の香りの強さでいったら、まだまだ上から数えた方が早いレベルだけど、

味わってウイスキー飲むならぶっちゃけこれぐらいで十分!

 

これより下のウイスキーは、

とにかく煙!煙!煙!

って、煙の香りに全振りされているようなイメージ・・・

 

てことで、そんなボウモアは、

結構強めの煙の香りがするのはもちろんのこと、

煙の香りの裏には、

潮の香り、チョコレートのような苦み、ちょっぴり柑橘の爽やかな香り

とかなり複雑な香りが隠れていて、とても上品!

 

筆者が一番好きということもあるけど、

とりあえず煙くさいウイスキー初めて買う人にはおすすめ!

 

ボウモア12年をもっと知りたい人はこちらの記事で詳しくレビューしています!

www.piroriro.com

 

【34-38ppm】カリラ 12年

 

 

煙くさいウイスキーの中ではかなり軽やかでライトな部類に入るのがカリラ

数字的には結構強めの煙くささなんだけど、

に負けじと、なしやりんごのようなフルーティな香りお花のような華やかな香りがするので、

上で紹介したボウモアよりも飲みやすいと思う人もいるかも?

 

フローラルな香りを両立したウイスキーって実はカリラぐらいなので、

煙の香りの奥に、フルーティやお花のような香りを味わいたい人にはおすすめしたいおしゃれウイスキー

 

カリラ12年をもっと知りたい人はこちらの記事で詳しくレビューしています!

www.piroriro.com

 

【34-38ppm】ラガヴーリン 16年

 

 

ちょっと敷居が高いことで有名なラガヴーリン

というのも、一言で言って、

高い!

ラインナップの一番下のモデルにあたる、8年もので1本5000円ぐらい、

16年もので1本7000円ぐらい

 

他の蒸留所と価格勝負する気あるの?

って思うぐらい、独自の価格体制を維持している

 

そんなラガヴーリン、かつてはアイラ島で一番人気の蒸留所だったんだけど、

品質に異常なほどの熱意を注いでいたら、原酒が枯渇してしまい、

現在、販売価格にしわ寄せが来ている状況・・・

 

味もボウモアラフロイグの中間ぐらいなので、

ボウモアラフロイグアードベッグって全部揃えて、

よほど次に欲しいウイスキーなかったら、買うぐらいで良いかも・・・?

 

【40-45ppm】ラフロイグ 10年

 

 

これまた筆者が大好きなウイスキー

筆者はいつも上で紹介したボウモア 12年とこのラフロイグ 10年をその日の気分でローテーションして飲んでる!

ってぐらいおすすめ!

 

で、

数字を見て分かるように、ボウモアとは比べ物にならないほど煙くさいラフロイグ

ウイスキーを飲み込んだ後も、

まるで胃の中から煙の香りが漂ってきてる?

って感じるレベル

とても面白い!

 

煙くさいウイスキー初めて買う人には、

絶対におすすめしないけど、

とりあえずボウモア買ってみて、煙くさい香り気に入った人にはおすすめ!

 

ラフロイグ10年をもっと知りたい人はこちらの記事で詳しくレビューしています!

www.piroriro.com

 

【55ppm】アードベッグ 10年

 

 

一番煙くさいシングルモルトは?

と聞かれたら、ウイスキー好きが口を揃えて答えるのがこのアードベッグ

 

で、

煙くさいのは良いんだけど、1本5000円のウイスキーにしてはアルコールの辛みも結構強めで、

とにかく何かと刺激が強いウイスキーアードベッグ

筆者は、あまりアルコール辛いの好きじゃないので、ひとつ上のラフロイグの方が好き!

 

煙の香りの奥には、りんごのようなフルーティで爽やかな香りも隠れており、

ラフロイグの消毒液くささとは対照的に華やかなウイスキーでもあるので、

アルコールの刺激が苦手じゃなくて、繊細な香りを楽しみたい人にはアードベッグはおすすめ!

 

ちなみに悪魔祓いを題材にした、キアヌ・リーブス主演の映画コンスタンティンで、

キアヌ演じる悪魔祓いの主人公がアードベッグを愛飲しているのが、

筆者個人的には超面白い(笑)

 

余命わずかの悪魔祓い師が飲むウイスキーって、

ボウモアでもラフロイグでもなく、

やっぱり武骨で刺激が強いアードベッグがぴったりだよね!

 

アードベッグ10年をもっと知りたい人はこちらの記事で詳しくレビューしています!

www.piroriro.com

 

まとめ

 

ということで、最後に筆者のおすすめは、

とりあえず初めての1本ボウモア 12年を買ってみて、

もし気に入ったら、次の2本目ラフロイグ 10年

 

 

 

で、ボウモアラフロイグの煙くささに飽きてきたら、

煙くさいだけじゃなく、

潮の香りがするタリスカー 10年や、

お花やフルーティな香りがするカリラ 12年

あたりを買い足すってのがベストな楽しみ方だと思います!

 

 

 

この4本持っていれば、きっとその日の気分によって、

ウイスキーの雰囲気ガラッと変えることできて、

かなり面白いですよ!