最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【超高評価】フェイマスグラウスをレビュー!【2000円以下で最高】

ウイスキーの本場といったら、やっぱり・・・

スコットランド

 

f:id:saikootoko:20200615144102j:plain

引用元:https://www.scotlandshop.com/ja/tartan-finder/spirit-of-scotland

 

バーボンジャパニーズなど色々と人気の種類はあるけれど、

やっぱりスコッチウイスキーは歴史的に見ても、

他の地域とは比べられないぐらいの重鎮!

 

で、

そんなスコットランドで最も売れているウイスキー

ってみなさんは何だと思いますか?

 

マッカラン

 

グレンリベット!

 

ジョニーウォーカー

 

なんて思う人もいるだろうけど・・・

 

実は、

フェイマスグラウス!

 
f:id:saikootoko:20201019162533j:image

 

日本では、

 

フェイマスグラウス?なにそれ?

 

って感じで、ちょっとイマイチな知名度ですが、

スコットランドでは30年以上に渡って、

売上げNo.1!

 

ということで今回は、フェイマスグラウスを紹介しようと思います!

 

 

【超高評価】フェイマスグラウスをレビュー!【2000円以下で最高】


f:id:saikootoko:20201019162628j:image

 

フェイマスグラウスとは?

 

まずはフェイマスグラウスについてざっくり紹介! 

 

1897年に発売されたフェイマスグラウス

実は当初は、「ザ・グラウス・ブランド」という別の名前で販売されており、

ローランド地方とハイランド地方のちょうど境目あたりにある「パース」という観光地を訪れる観光客向けウイスキーでした

 

f:id:saikootoko:20201020220152j:plain

引用元:https://www.dailyrecord.co.uk/news/local-news/pricey-perth-uks-fifth-dearest-12218393


しかし!

フェイマスグラウスの味わいが良かったのはもちろんのこと、

パースの街に雷鳥狩りに訪れる上流階級の人々が、

「あの有名な雷鳥(グラウス)のウイスキー

と呼び始めたことで、

一気に知名度が拡大!

 

そしてパースから戻った観光客たちが、グラスゴーエディンバラなどの都市部で、

「あの有名な雷鳥(グラウス)のウイスキー

と呼んでいたことから、「ザ・グラウス・ブランド」は「フェイマスグラウス」へとボトル名を変更した

 

というのが、フェイマスグラウス誕生の背景!

 

ちなみに、

雷鳥スコットランドの国鳥で、

国鳥でありながらスコットランドではよく食べられているジビエでもあります

 

f:id:saikootoko:20201020220321j:plain

引用元:https://nature.mdc.mo.gov/discover-nature/field-guide/ruffed-grouse

 

締まりの良い赤身肉独特の深みのある香りは、

フランス料理をはじめとした珍味として根強い人気があります

 

日本では天然記念物に指定されているため、狩猟は北海道以外の場所では禁止されています

また、江戸時代の日本では雷鳥火除け、雷除けの信仰の対象として崇められていました

 

そんな雷鳥を大事にしていた日本人、

明治時代にイギリス人がやってきて、長野でバンバン雷鳥狩りを行っているのを見て、

ドン引きしていた・・・

という記録も残っているほど(笑)

 

f:id:saikootoko:20201020220427p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2017/12/blog-post_63.html

 

ちなみに、現在の日本のレストランでは、

本場スコットランドのハンターが仕留めた天然の雷鳥が使用されており、

仕留めてすぐに空輸された、羽根と内臓付きの雷鳥はフレンチの高級食材として人気があります

 

f:id:saikootoko:20201020220821j:plain

引用元:https://www.greatbritishchefs.com/recipes/grouse-with-figs-recipe

 

森の針葉樹のような香りがする独特の味わい・・・

らしいので、

筆者も一度食べてみたいです!

 

フェイマスグラウスをレビュー!味と評価は?


f:id:saikootoko:20201019162757j:image

 

こんなウイスキー初めて!1500円ではありえない味わい!

 

ということで!

フェイマスグラウスを飲んでみます!


f:id:saikootoko:20201019162607j:image

 

まず香りは・・・

 

え?

これ1本1500円??

 

って思うような香り!

 

いや!

決して悪い意味ではなく、

 

シェリー樽の華やかさ樽の香ばしさの調和がとても絶妙で、

1本1500円とは思えない、かなり上質な香りです!


f:id:saikootoko:20201019162628j:image

 

また、

1500円というスコッチの中ではかなり格安な価格帯なのに、

アルコールの刺激もほとんどなし!

 

ヘタな4000円クラスの12年ものウイスキーよりも、

よっぽどマイルドで飲みやすいです!

 

これはマジですごい!!!

 
f:id:saikootoko:20201019162650j:image

 

そして次は味をチェック!

 

味わいはとにかく甘みが中心で、

やっぱり飲みやすい!

 

また、甘いだけじゃなく、

フルーツのような爽やかな酸味も合わさり、

まさにスコッチのお手本のような味わいです!

 
f:id:saikootoko:20201019162716j:image

 

そして、甘い味わいと同時に、

口の中には、カカオのような香ばしい風味が広がります

 

ナッツや樽の香ばしさというよりも、

ちょっと燻した感じが強く、

深みのあるカカオのような香ばしさは、

筆者個人的にはかなり好み!

 

最後に後味は、そのままカカオの風味が口の中に残り、

 

なんだか良いウイスキーを飲んだな〜・・・

 

と思えるような余韻が残ります

 

なんかとりあえず安かったから大して期待せずに買ってきたんだけど・・・

これはマジですごい!


f:id:saikootoko:20201019162733j:image

 

まとめ

 

ということで!

1本1500円で、スコットランドで最も売れているウイスキー

と最初は聞いて、 

 

どうせ角瓶レベルだろ・・・(笑)

 

って思ってた筆者

 

全然違った!

 

これ、

おそらく1本2000円以下で買えるウイスキーの中では、

最高のコスパ

 

こんなに美味しいウイスキー見たことがありません!


f:id:saikootoko:20201019162757j:image

 

いや!

やっぱ本場スコットランドで最も売れてるウイスキーってすごいね!(小並感)

 

ちなみに、

1本1500円というと、日本で最も売れているウイスキーである角瓶と大体同じ価格

 

ま、角瓶も悪くはないけど、

フェイマスグラウス買った方がおそらく3倍ぐらい幸せな気分味わえると思います・・・

 

ウイスキー好きなら、全員が一度は飲むべき!

ってレベルでおすすめですよ! 

 

香り:シェリー樽の華やかさと樽の香ばしい香りをちょうど足して2で割ったイメージ。香ばしさと華やかさの調和が絶妙で、1本1500円とは思えないかなり良い香り!また、アルコールの刺激はほとんどなし

味:甘みが中心。まず、やさしく深みのある甘みと、果実のような酸味ある爽やかさを舌で感じる。そしてカカオの香ばしい風味が口に広がり、後味はひたすらカカオのような余韻。「え?これ1本1500円??」って二度見するほどの美味しさ!また安いウイスキーなのに、アルコールの刺激がほとんど感じられず、とにかく素晴らしい!

簡単なイメージ:シェリーと樽の香り → 甘みが中心でかすかにフルーツの酸味 → カカオ風味の余韻 

個人的おすすめ度:A+

 

 

あわせて読みたい

www.piroriro.com