最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【90点】クラガンモア12年をレビュー!【スペイサイド最高の評価】

スペイサイドで最も偉大なシングルモルト

 

と聞いて、おそらく多くのウイスキー好きが思い浮かべる銘柄といったら・・・

 

やっぱりマッカラン

 

 

www.piroriro.com

 

で、

2番目に偉大な銘柄といったら、みなさんは何を思い浮かべますか?

 

いろいろな銘柄があると思いますが、

あの世界的に有名なウイスキー評論家のマイケル・ジャクソンが評価していたのがこれ!

 

クラガンモア 12年!


f:id:saikootoko:20201010113838j:image

 

これ誰もが知るマッカランが91点なのに対して、

90点というほぼ僅差の高評価をゲットした銘酒!

 

マイケル・ジャクソンは、

 

・スペイサイドで最も偉大なシングルモルトのひとつ

・エレガントかつ厳粛な味わい

・口の中に様々なフレーバーが花開く

 

こんな感じで絶賛してました

 

f:id:saikootoko:20201007144453j:plain

引用元:https://tjederswhisky.se/idag-firar-vi-international-whisky-day/

 

ということで今回は、スペイサイド地方を代表する銘酒!「クラガンモア 12年」を紹介しようと思います!

 

3秒でわかる!ざっくり特徴レビュー

クラガンモア 12年

おだやか

飲みやすい

水で薄めた蜂蜜

強めの木の香り

フルーツのフレッシュさ

かすかにゴム

 

 

 

【90点】クラガンモア12年をレビュー!【スペイサイド最高の評価】

 

f:id:saikootoko:20201010114008j:plain

 

クラガンモアとは?

 

まずは、クラガンモア蒸留所について軽く勉強してみましょう!

 

1869年にスコットランド・スペイサイド地方に創業したクラガンモア蒸留所

 

創業者はジョン・スミスという人物で、

諸説ありますが、

 

世界で一番売れているシングルモルトウイスキー「グレンリベット」創業者、ジョージ・スミスの隠し子では?

 

と噂されている人物です

 

 

www.piroriro.com

 

ちなみに、このジョン・スミス、

むちゃくちゃ優秀な人物で、

マッカラン、グレンリベット、グレンファークラス、ダルユーイン、ウィショウ・・・

などなど、数多くの名門蒸留所のマネージャーを歴任した、

とても優れた経営者でした

 

そんな数々の蒸留所でウイスキーのノウハウを学んだジョンが最後にたどり着いたのが、スペイサイド地方でも特に良水があふれるクラガンモアの丘

 

f:id:saikootoko:20200715061158j:plain

引用元:https://www.raremalts.co.za/whiskypedia/distilleries-and-brands/diageo/

 

そして、

ただ蒸留所を建てて終わらないのが、ジョンのすごいところ!

 

名水の地ではあったけど、原料や完成したボトルの輸送が不便だったクラガンモアに、

当時はまだ珍しかった鉄道を、蒸留所専用の支線として引っ張ってきた!

 

f:id:saikootoko:20201009232156j:plain

引用元:https://westcoastrailways.co.uk/dalesman/settle-to-carlisle-line

 

この鉄道による大量輸送ができたおかげで、クラガンモア蒸留所は急速な発展と人気を遂げることが可能になりました

 

やっぱりジョンはすごい人だ!

 

ちなみに、クラガンモアの箱には、

こんなジョンの歴史を表すかのように、端っこに蒸気機関車が描かれています


f:id:saikootoko:20201010113858j:image

 

"クラガンモア創業者"ジョンが優秀すぎる件・・・

 

そんな優秀人間なジョン

経営者として抜群だったのはもちろんのこと、

ウイスキー造りに関しても一流で・・・

 

現在もクラガンモア蒸留所で使われている、ちょっと変な形の蒸留器(ポットスチル)は150年前にジョンが自ら設計したもの!

 

f:id:saikootoko:20200715061715j:plain

引用元:https://www.spiritofspeyside.com/listings/cragganmore-distillery

 

この蒸留器、

一番上のてっぺんの部分が、ストンと切り落としたような独特の形状をしており、

この変な形のおかげで、蒸留器内で大量の還流を引き起こし、原料の不純物を効率よく取り除けます

 

そして、この不純物の少なさが、クラガンモアの

「エレガントかつ厳粛な味わい」

という特徴を実現しているらしいです

 

ということで!

150年前に、蒸留の仕組みすらも理解して自ら蒸留器を設計するなんて・・・

ジョンはやっぱりすごい人!

 

ちなみに、クラガンモア蒸留所は、

マイケル・ジャクソンのレビューで異例の高評価をゲットしたのは、一番最初に紹介した通りですが、

他にも、ユナイテッド・ディスティラーズ(UD社)が提唱した、スコットランド各地方を代表する味わいの蒸留所を選出したリストでは、

スペイサイドを代表する銘柄

に選ばれています

 

 

このリスト、

スコットランドの地方ごとのウイスキーの特徴を知るには、 これを飲めば分かる!

的なリストで、クラガンモア蒸留所は50以上あるスペイサイド地方の代表となっています

 

ということで!

こんなどえらい歴史を持つクラガンモア・・・

まずいはずがありません!


f:id:saikootoko:20201010113911j:image

 

クラガンモア12年をレビュー!味と評価は?

 

f:id:saikootoko:20201010113934j:plain

 

クラガンモア12年は、味はあっさりだけど、木の香りがとにかくすごい!

 

ということで!

クラガンモア 12年を実際に飲んでみようと思います!


f:id:saikootoko:20201010113920j:image

 

香りはかなりすっきりしており、アルコールの刺激はほぼ無し!

 

これ本当にウイスキーか?

 

って思うぐらい、鼻にツーン!とくる刺激がありません!

グラスに鼻突っ込んで深呼吸しても大丈夫!


f:id:saikootoko:20201010113934j:image

 

そして、香りの強さ自体はかなり弱めで、

蜂蜜を水で薄めたような、かすかな甘い香りが中心!

 

また、スペイサイド系のウイスキーというと、

 

フルーティな酸味とお花のように華やかな香り

 

と表現されることが多いですが、

そういうの一切ありません

 

むしろ樽っぽい香ばしくウッディな香りがクラガンモアの特徴で、

蜂蜜のような甘さ香ばしいウッディな香りが合わさり、

とても心地よいです!

全体的にとにかく香りが穏やかなので、いつまでも嗅いでられます!

 

ただ、香りの奥にどこかゴムプラスチックのような、

ちょっと「うん?」と思うような香りも混ざっているけど、

これはこれでアクセントっぽくて、また良いです!

 

ちなみに、このかすかなゴムっぽい香り、筆者は、

子供の頃に遊んだマクドナルドのプレイランド」「ボールプール」を思い出しました・・・

 

f:id:saikootoko:20201009233402j:plain

引用元:https://裏メニュー.com/mcd/4272/

 

はい!

 

なに言ってんだ、お前?

 

って感じですね!

 

てことで、

次は味わいをチェック!


f:id:saikootoko:20201010113946j:image

 

ひとくち口に含むと・・・

 

あ!これはスペイサイドだ!

ってすぐに分かるような、

ほどよく酸味のあるフルーティな味わい!

 

青りんごと洋ナシの中間・・・

みたいな、フレッシュと芳醇を両立したようなフルーツぽっさ!

 

そして、口に含んでしばらくすると、

最初のフルーツの味わいは消え、ナッツや木のような香ばしい後味がやってきます!

この香ばしさの余韻がかなり強めなのが、クラガンモアの特徴!

 

飲み込んでしばらく経っても、口の中には香ばしいナッツのような風味がふわふわと広がっています!

筆者は木の香りがするウッディなウイスキー好きなので、

これは良い!

 

飲み込んで30秒ぐらいこのウッディな余韻が口に広がり1分ぐらい経つとさっぱりと消えていくので、

風味は強いのにしつこくないのもポイント!

 

樽、木、ナッツのような香ばしい風味ウイスキーが好きな人にはもってこい!

だと思います!


f:id:saikootoko:20201010113959j:image

 

まとめ

 

ということで!

香りも味わいも穏やかで、とても飲みやすいクラガンモア 12年!

 

しかし!

そこで終わったら、ただの特徴のないウイスキー

 

クラガンモア 12年は、

とにかくウッディな風味の余韻が強く、

じっくり味わうと、奥深い味わいともクセとも取れるような独特の深みがあります


f:id:saikootoko:20201010114008j:image

 

ちなみに、味の系統としては、

同じスペイサイド地方のグレンフィディック」「グレンリベット」と似ていて、

味わいやクセの強さで言うと、

 

グレンフィディック < クラガンモ < グレンリベット

 

ってイメージ!

 

グレンフィディックじゃ薄すぎるけど、グレンリベットの独特のりんごの香りと苦みはちょっとキツい・・・

という人にクラガンモアはぴったりだと思います!

 

www.piroriro.com

www.piroriro.com

 

また、グレンフィディックとグレンリベットが洋ナシやりんごのフルーティな風味に全振りしているというイメージに対して、

クラガンモアは木のような香ばしい風味に全振り!

 

ウッディな香りが好きな人には、ぜひ飲んでほしいおすすめウイスキーです!


f:id:saikootoko:20201010114019j:image

 

一見、薄くて特徴のないウイスキーだけど、

じっくり味わうと、実はかなり奥深いクラガンモ

 

さすがマイケル・ジャクソン90点をつけたウイスキーだと思います!

 

香り:香りの強さはかなり弱め。水で薄めた蜂蜜のような甘い香りと樽っぽいウッディな香り。ほんのかすかにゴムっぽい香りが混ざってる

味:口に入れてすぐは、りんごと洋ナシを合わせたような爽やかなフルーツの味わい。少し時間が経つと、ナッツや木のようなかなり香ばしいウッディな風味。飲み込んだ後の余韻も、このウッディさがしばらく続く

簡単なイメージ:かすかに甘い香り → 爽やかなフルーツの味わい → かなり強めのウッディな香ばしい余韻 

個人的おすすめ度:A−