最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【ボウリング場のワックス】オールドクロウをレビュー!【バーボン】

1本1000円台で買えるバーボンって結構たくさんありますが、

今回紹介するのは、

オールドクロウ


f:id:saikootoko:20201013163912j:image

 

医師であり化学博士であった人物が、化学の知識を駆使して、200年前に造り出したウイスキーで、

かつてはアメリカ屈指の名門バーボン銘柄として絶大な人気を誇りました

 

しかし、時代が経つにつれて、徐々に味を落としてしまい、

かつての名門の姿は見る影もなくなっていたけど・・・

ここ最近味が改良され、また美味しくなっていると評判のボトルです!

 

ということで今回は、オールドクロウを紹介しようと思います!

 

3秒でわかる!ざっくり特徴レビュー

オールドクロウ

ワックス

革製品

化学薬品

苦い

辛い

 

 

 

【ボウリング場のワックス】オールドクロウをレビュー!【バーボン】


f:id:saikootoko:20201013164059j:image

 

かつてはバーボン屈指の評価だったオールドクロウ

 

まずはオールドクロウについてざっくり紹介!

 

スコットランド生まれの化学博士医師でもあったジェイムズ・クロウという人が造り出したオールドクロウ

 

1820年頃に、バーボンの本場であるケンタッキー州に移住し、医師の仕事の合間にケンタッキー州の複数の蒸留所で働いてウイスキー造りを覚えたという、なかなかに風変わりな人物(笑)

 

f:id:saikootoko:20201015224957j:plain

引用元:https://www.whiskeyuniv.com/dr-james-crow

 

そして、1830年頃に、これまでの蒸留所での経験と化学博士の知識を活かして、オリジナルウイスキーを造り上げたクロウ

ちなみに、当時のバーボンウイスキーの製法は、職人の長年の経験による勘に基づくものばかり。味も品質も、その年によって安定しないという致命的な欠陥を抱えていました

 

しかし、誰よりも化学の知識を持っていたクロウは「サワーマッシュ製法」という革新的なウイスキー造りの方法を生み出しました

そして、クロウが造るバーボンウイスキーは、いつでも品質が安定しているのはもちろんのこと、深みのある味わいと香ばしく爽やかな香りが評判で、相場の倍以上の値段でも取引されるほどに!

 

f:id:saikootoko:20201015225152j:plain

引用元:https://www.flickr.com/photos/vintageads4u/2995278674/

 

残念ながら、クロウがこの世を去る際にウイスキー造りのノウハウとレシピを残さなかったため、

オールドクロウはクロウの死後、改悪を重ねてしまい、かつての名門の姿は見る影もなくなってしまいます

 

そして、1987年にはついにバーボン最大手のジムビームに買収されることになったオールドクロウ

現在は、ジムビームと同じ麦芽汁と酵母を使用した"ほぼジムビームの兄弟ボトル"として製造されています

 

f:id:saikootoko:20201015225817j:plain

引用元:https://www.jimbeam.com/visit-us

 

オールドクロウをレビュー!味と評価は?

 

f:id:saikootoko:20201013163946j:plain

 

味はとにかくボウリング場のワックス!

 

ということで!

オールドクロウを飲んでみます!


f:id:saikootoko:20201013163927j:image

 

まずは香りをチェック!

 

・・・・・・!!

 

これだ!

 

f:id:saikootoko:20201011162705j:plain

引用元:https://www.enjoytokyo.jp/amuse/spot/l_00000023/

 

あのボウリング場の独特のワックスの香り・・・

オールドクロウの香りはまさにこれ!

 

さすがにボウリング場のワックスほど強くはないけど・・・

ボウリング場のワックスを10倍に薄めたような香りがします


f:id:saikootoko:20201013163946j:image

 

ちなみに、

食べ物の香りは一切しません

 

ボウリング場のワックスっぽい香りと、革製品のような香りオールドクロウの香りです

 

てことで、次は味わいをチェック!

 

・・・・・・

 

ほぼ味がしません

 

かすかに甘みと苦みを感じる?

程度で、舌で感じる味に関してはほぼなし!

 

ただ、アルコールの刺激が意外と強いので、そこそこにピリピリはします


f:id:saikootoko:20201013164002j:image

 

で、

舌で感じる味はしないけど、

意外と口に広がる風味が強いのがオールドクロウの特徴!

 

まず樽の木の香りが強く、ナッツのような香ばしい風味が口いっぱいに広がります!

1本1000円のバーボンにしては、よく出来た風味です!

 

で、

ひと口目は、特に舌で味を感じなかったけど、

飲み込んだ後に、舌にじわじわと苦みと辛みが湧き出てくるのがオールドクロウの面白いところ!

 

また、同時に、

一番最初に香りで感じた、ボウリング場のワックスや革製品のような風味が余韻として残り、結構心地よい後味となっています


f:id:saikootoko:20201013164028j:image

 

まとめ

 

ということで!

甘いとか爽やかとか、そういうのは一切ないけど、

とにかくハードボイルドな味わいが詰まってるオールドクロウ


f:id:saikootoko:20201013164040j:image

 

 

簡単に特徴をまとめると・・・

 

ワックス・革製品・化学薬品・苦い・辛い

 

って感じで、かなりハードボイルドウイスキー

 

お世辞にも飲みやすいウイスキーではないけど、

なにか嫌なことあった日は、

一人でショットグラス片手にオールドクロウ飲んでたら、

映画の主人公ごっこできるかも・・・(笑)?

 

ちなみにこのオールドクロウ

昭和の名優・松田優作が好きだったウイスキーとしても有名です

 

f:id:saikootoko:20201124195251j:plain

引用元:https://eiga.com/movie/39996/


 余談ですが、筆者は松田優作の映画の中では、

蘇える金狼

が好き!

 

世間からはネタ映画扱いされているけど、

松田優作演じる朝倉の人生は、男のロマン(やっぱり筆者は変人)

 

f:id:saikootoko:20201124200631j:plain

引用元:https://twitter.com/e_lehnsherr/status/916618670016622594?lang=eu

 

香り:1本1000円程度のバーボンにしてはかなり穏やかな香り。ボウリング場のワックスの匂いをかなり薄めたような香りが中心。食べ物の香りはほとんどせず、化学薬品っぽい香りと革製品のような香りがとにかく印象的。アルコールの刺激はそこそこ

味:苦みが中心で味わい自体はバーボンにしては薄い。意外とアルコールの辛さが強い。口に含むと樽の木の香りが口に広がり、ナッツのような香ばしさを楽しめる。後味は、苦みと辛みが結構強く舌に残り、また最初に感じた革製品やワックスのような薬品臭が余韻に漂う

簡単なイメージ:革ジャンやボウリング場のワックスっぽい香り → ウッディでナッツのような香ばしさ → 舌にじわじわと残る苦みと辛み → 革製品やワックスのような薬品っぽい後味

個人的おすすめ度:B−

 

 

あわせて読みたい

www.piroriro.com