最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【飲みやすさ最高】シーバスリーガル 18年の評価をレビュー!

基本的にウイスキー買う時は、

 

1本3000円程度・12年もの・シングルモルト

 

と勝手にマイルールを決めている筆者

 

だってお金ないんだもん・・・

 

そんな、どケチな筆者が、

政府から10万円給付金もらったし、

なんか良いウイスキー買ってこよーっと!

 

f:id:saikootoko:20200723213342p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2014/07/blog-post_3332.html

 

って、買ってきたどえらいウイスキーがこれ!


f:id:saikootoko:20200723231753j:image

 

シーバスリーガル  18年!

 

え?

10万円もらったのに、たった6000円のウイスキーかよ(笑)

とか言わないでください

 

ということで今回は、筆者が持っているウイスキーの中でもちょっとリッチなウイスキーである「シーバスリーガル  18年」を紹介しようと思います!

 

 

【飲みやすさ最高】シーバスリーガル 18年の評価をレビュー!

 

f:id:saikootoko:20200723231918j:plain

 

6000円以下なら最強のコスパと飲みやすさ!シーバスリーガル 18年

 

普通の人が想像する5倍ぐらいどケチな筆者

 

1本6000円のウイスキー買うぐらいなら、3000円の違う味のウイスキー2本買った方がいいや!

 

って躊躇なく考えるので、

高いウイスキーなんて滅多に買わない

 

ただ、このシーバスリーガル 18年は安い!

 

え?それも1本6000円じゃねぇか!

って声も聞こえてきそうだけど、

 

18年熟成のウイスキーが、1本6000円で買えるって、

おそらくこのシーバスリーガル  18年が最安レベル!

 

そこそこ評価の高い18年ものウイスキーで、

6000円台で買えるのは、筆者が知る限り、

この2本ぐらい

 

 

 

そんな感じで!

6000円で18年もの飲めるなんて、こりゃいいや!

ってことで買ってきた、

シーバスリーガル  18年

 
f:id:saikootoko:20200723231809j:image

 

とても楽しみ!

よく見ると既に5分の1ぐらい飲んでしまってるのは秘密・・・

 

「85種類の香りがする」が自慢のシーバスリーガル 18年 ゴールドシグネチャ

 

ということで、飲む前にシーバスリーガル 18年について軽く勉強してみましょう!

 

スコットランドのスペイサイド地方で造られたウイスキーを中心に、様々な蒸留所の原酒がブレンドされている、ブレンデッドウイスキーと呼ばれる種類であるシーバスリーガル

 

ブレンドされている原酒の数は非公表ですが、

このシーバスリーガル 18年は、

 

85種類のアロマの香りがする

 

f:id:saikootoko:20200723215952j:plain

引用元:http://vsmedia.info/2011/06/01/aroma-of-tokyo/

 

とよく広告に書いてあります

 

ちなみに性格の悪い筆者は、

 

おー!85種類の香りがするなんてすげー!!!

じゃなくて、

え?85種類も香りする必要ある?どうせ人間の鼻じゃ分かんないじゃん

って思ってしまいます・・・

 

f:id:saikootoko:20200723213245p:plain

引用元:https://www.irasutoya.com/2019/01/blog-post_148.html

 

はい!

性格悪いですね!

どうもすみませんでした!


世界中の大会で高評価!シーバスリーガル 18年 ゴールドシグネチャ

 

200年以上の歴史があるシーバスリーガル 

今回紹介する、シーバスリーガル 18年は意外と歴史が浅く、誕生は1997年

 

現在もシーバスリーガルのマスターブレンダーを務め、ウイスキー界の伝説的存在であるコリン・スコットが造り出しました

 

f:id:saikootoko:20200723213935j:plain

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000004201.html

 

ちなみに、コリン・スコットはシーバスリーガル 18年について、

「これ以上改良される余地はない」

とかなりの自信作のようです

 

現に、シーバスリーガル 18年は、

 

San Francisco World Spirits Competition(SWSC) 2018
ブレンデッドスコッチウイスキー 16年熟成以上部門 ゴールド賞受賞

 

をはじめ、数々の国際大会で高い評価を得ているウイスキー銘柄でもあります

 

また、ブレンド原酒の詳細は公表されていませんが、

シーバスリーガルによく使われる、ストラスアイラロングモーンがキーモルトだと言われています

どちらもスペイサイド地方を代表する、華やかな香り蜜のように甘い味わいに定評のある蒸留所で、特にロングモーン蒸留所はニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝ウイスキー造りを学んだ蒸留所としても有名です

 

f:id:saikootoko:20200723215041j:plain

引用元:https://www.nikka.com/agecheck/permission.html?href=https://www.nikka.com/story/

 

シーバスリーガル 18年 ゴールドシグネチャーをレビュー!評価は?

 

f:id:saikootoko:20200723232032j:plain

 

とにかく甘くて飲みやすい!6000円以下最強!

 

ということで、シーバスリーガル 18年を実際に飲んでみようと思います!


f:id:saikootoko:20200723231918j:image
 

ボトルはラインナップの下位にあたるシーバスリーガル 12年とラベルを張り替えただけみたいな瓜二つのデザイン・・・

 

筆者がシーバスリーガルのデザイン、なんだかごちゃごちゃしてて好きじゃないってのもあるけど、

あまり高級感はありません(大暴言)


f:id:saikootoko:20200723231828j:image

 

ただ、外箱のデザインが良い!

この箱、蓋の部分がパカっ!と取れるようになっていて、ただの紙箱ウイスキーが多い中、とても高級感があります!

 
f:id:saikootoko:20200723231936j:image

 

また、箱の裏地にも印刷が施されていて、これまたおしゃれでかっこいいです!

同価格帯のライバルである、バランタイン 17年よりもよっぽどかっこいいです(暴言)


f:id:saikootoko:20200723231947j:image

 

ということで、グラスに注いで、

まずは香りをチェック!

 

一言で言うと、

とにかく甘い

ただ、ラインナップのひとつ下の12年が、蜜のようにどろどろした甘い印象だったのに対して、

こちらの18年は、水々しく華やかな甘さ

 

熟したりんごや洋ナシのような、いつまでも嗅いでいたい上品な甘い香りです

 

また、アルコールの刺激は皆無というほどありません!

12年では、お世辞にも「無い」とは言えないレベルのアタックを感じたけど、

18年は、ほぼ全くありません!

 

これはすごい!

グラスに鼻近づけて、深呼吸しても大丈夫!!


f:id:saikootoko:20200723232004j:image

 

そして肝心の味わいは・・・

甘い!

 

お前は甘いしか言えねーのか?

って思う人もいそうだけど・・・

 

やっぱりとても甘い!

 

ただ、味わいの甘さも、ライトでするするした甘さといった印象

少なくとも、ベタベタ、どろどろみたいな甘さではありません

また、味わいも甘さと同時に、りんごのようなフルーティさが感じられ、

とても上品!

 

後味は木の樽由来の香ばしい香りが、ふわっと口に広がり、とても心地良いです

 

てことで、

予想外にとても美味しかったシーバスリーガル 18年!

悪い点が全然思い浮かばないとても飲みやすいウイスキーでした!


f:id:saikootoko:20200723232018j:image

 

ただ!

 

なんか印象が薄い・・・

 

というのも、高いウイスキーの割には、後味がすぐ消える感じあるし、

なんだか余韻を楽しむということができない

 

全神経を集中させて飲むと、とても美味しいんだけど、

ボーッと飲んでると、「あれどんな味だったっけ?」って思い出せない

ってぐらい、

印象が薄い!

 

ということで、おそらく誰が飲んでも美味しいと思うウイスキーなんだけど、

マニアやクセのあるウイスキーばかり飲んでいる人には、ちょっと個性が薄いと思っちゃうかも・・・

 

まとめ

 

そんな感じでシーバスリーガル 18年!

甘くて、アルコールの刺激も無くて、とにかく飲みやすかった!


f:id:saikootoko:20200723232032j:image

 

ただ、

あまりにも優等生すぎて、なんだか面白くない感じ・・・

 

例えるなら、

 

別に嫌なこととかしてこないすごく良い人なんだけど、

一緒にいてもあまり面白くない・・・

 

みたいな真面目な人って感じ

 

筆者がクセのあるウイスキー好きってのもあるかもだけど、

1本6000円の対価が、そのウイスキー独自の個性ではなく、

とにかく飲みやすさに全振りした

といった印象のシーバスリーガル 18年でした!

 

やっぱり友達もウイスキーも、真面目な優等生より変わり者が好きな筆者でした!

 

香り:アルコールの刺激は皆無。とにかく甘い。またほのかに酸味を伴ったりんごのように上品な甘い香り。同時に樽や木の香ばしさも混ざる

味:甘みとかすかに酸味。だんだんと木の樽由来のビスケットのような香ばしさが広がり、同時に舌の奥にかすかに苦みが広がる。ただ後味はすぐに消えるので、かなりライトな印象

簡単なイメージ:かすかにりんごのような甘い香り → 甘みとかすかな酸味 → 舌に残らない苦み 

※味・香り・余韻全てにおいて主張が弱いけど、6000円以下で飲みやすいウイスキー探すなら右に出るものはいない

個人的おすすめ度:A

 

6000円以下でこんなに万人受けするウイスキーはないので、とにかく飲みやすいウイスキー探している人にはおすすめですよ!