最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【初心者でも完璧】世界5大ウイスキーの特徴・味の違い・おすすめ銘柄

約500年前にイギリスの一部地域で始まったウイスキー造り、その後世界各国に伝わり、各地で独自の進化を遂げたウイスキー

現在はスコッチ、アイリッシュアメリカン、カナディアン、ジャパニーズの5つが「世界5大ウイスキー」と呼ばれ、それぞれがまるで別のお酒と思うぐらい特徴がはっきりと分かれています

ということで今回はそんな世界5大ウイスキーについて、初心者の人でも分かるように簡単に特徴を解説してみようと思います!

 

 

【初心者でも完璧】世界5大ウイスキーの特徴・味の違い・おすすめ銘柄

 

f:id:saikootoko:20200615144000g:plain

引用元:https://www.suntory.co.jp/whisky/flight/about.html

 

今や世界中あちこちで造られているウイスキーですが、その中でも特に歴史があり有名な5つの生産地を 「世界5大ウイスキー」と呼んでいます

 

 

そしてこの5つの国では、製法もまるっきり異なり、それぞれ独自の個性を持ったウイスキーが造られています

それぞれのウイスキーの特徴や味の違いを知っておくと、きっとウイスキー選びにも役立つと思うので、ざっくり見てみましょう!

 

スコッチウイスキー

 

f:id:saikootoko:20200615144102j:plain

引用元:https://www.scotlandshop.com/ja/tartan-finder/spirit-of-scotland

 

5大ウイスキーの中で一番有名なのがこれ!

イギリスの北部の大部分を占めるスコットランド、ここだけで100以上の蒸留所が存在し、全世界のウイスキーの約60%を造っているというまさにウイスキーの聖地!

大麦を原料とし単式蒸留器で製造を行うモルトウイスキー、とうもろこしなどを原料とし連続式蒸留器で製造を行うグレーンウイスキー 、その2つを混ぜ合わせたブレンデッドウイスキーなど、様々な種類のウイスキーが造られています

 

スコッチウイスキーの特徴

100以上の蒸留所があるため、それぞれの蒸留所独自の個性が強く反映されている。おそらく一生かかっても「スコッチウイスキーとは何か」を理解するのは無理

 

スコッチウイスキーの有名銘柄

 

 

 

スコッチウイスキーについてもっと詳しく知りたい人はこちら!

www.piroriro.com

 

 

 

アイリッシュウイスキー

 

f:id:saikootoko:20200615144233j:plain

引用元:https://www.trafalgar.com/en-eu/tours/t/best-of-ireland

 

イギリスの向かい側の島であるアイルランドで造られるウイスキー

かつては2000以上の蒸留所が存在し、スコッチウイスキーに並ぶほどのウイスキーの生産地でした。

一時期は生産量世界一を誇っていたけど、アメリカの禁酒法の影響などで出遅れてしまったことで、現在はすっかり衰退してしまいました

ウイスキーの主原料である大麦だけでなく、小麦、ライ麦、オート麦など様々な麦を原料として造る、シングルポットスチルウイスキーの製造を行う珍しい生産地です

 

アイリッシュウイスキーの特徴

オイリーかつ穀物の香り。複雑さや奇抜な香りはそれほどなく、ライトで飲みやすい

 

アイリッシュウイスキーの有名銘柄

 

 

 

アイリッシュウイスキーについてもっと詳しく知りたい人はこちら! 

www.piroriro.com

 

 

アメリカンウイスキー

 

f:id:saikootoko:20200615144508j:plain

引用元:https://hiconsumption.com/best-american-whiskey-distilleries/

 

「バーボン」で有名なのがアメリカ産のアメリカンウイスキー

ケンタッキー州で造られた「バーボン・ウイスキー」と、テネシー州で造られた「テネシーウイスキー」が有名です

元々はスコットランドアイルランドからのアメリカ大陸開拓民が持ち込んだウイスキー造り、しかしアメリカで取れるとうもろこしを原料としたものへと徐々に変化し、スコットランドとは異なるアメリカ独自のウイスキーへと進化しました

 

アメリカンウイスキーの特徴

味も香りもとにかく甘い。バニラやカラメルのような香りを通り越して、ものによってはメイプルシロップやチョコレートのような香りがする

 

アメリカンウイスキーの有名銘柄

 

 

 

アメリカンウイスキーについてもっと詳しく知りたい人はこちら! 

www.piroriro.com

 

 

カナディアンウイスキー

 

f:id:saikootoko:20200615144347j:plain

引用元:https://www.agoda.com/ja-jp/country/canada.html

 

アメリカンウイスキーと同じように、イギリスからの移民がウイスキー造りの技術を持ち込んで、カナダで独自の発展を遂げたのがカナディアンウイスキー

現在、スコッチウイスキーに次いで、世界2位の生産を誇るカナディアンウイスキー1920年代のアメリ禁酒法の影響で、アメリカンウイスキーが低迷している中、アメリカ国内へバンバン密輸して発展を遂げました

ライ麦を原料としたフレーバリングウイスキー、とうもろこしを原料としたベースウイスキー、その2つを混ぜ合わせたカナディアンブレンデッドウイスキーが有名で、日本でも見かけることが多いです

 

カナディアンウイスキーの特徴

薄くてライトで飲みやすい。あまり主張が強くないことからカクテルベースとして好まれている

 

カナディアンウイスキーの有名銘柄

 

 

 

カナディアンウイスキーについてもっと詳しく知りたい人はこちら! 

www.piroriro.com

 

 

ジャパニーズウイスキー

 

f:id:saikootoko:20200615144824j:plain

引用元:https://osaka-info.jp/en/page/suntory-yamazaki-distillery

 

スコッチウイスキーをモデルに日本で独自の発展を遂げたのがジャパニーズウイスキー

サントリー創業者・鳥井信治郎ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝、この2人の情熱により発展を遂げたウイスキーとも言えるジャパニーズウイスキー

NHKドラマ『マッサン』でジャパニーズウイスキーの歴史が分かりやすくまとめられているので、日本のウイスキー好きは必見ですよ!

スコッチウイスキーと同じように、モルトウイスキー、グレーンウイスキーブレンデッドウイスキーの3種類が有名で、日本人のモノづくりのこだわりがとことん反映されているジャパニーズウイスキー

緻密で優雅な味わいが世界的に評価され、生産量は少ないけど、価格は年々高騰している大人気ウイスキーとなっています

 

ジャパニーズウイスキーの特徴

スコッチウイスキーをお手本としているので、スコッチ同様これと言った特徴はない。ただ、繊細で緻密な味わいは世界中のウイスキーと比べても屈指の完成度で、最近は100万円で買った山崎が3000万円になったりと、もはや芸術品のような扱いを受けている

 

ジャパニーズウイスキーの有名銘柄

 

 

 

ジャパニーズウイスキーについてもっと詳しく知りたい人はこちら! 

www.piroriro.com

 

 

まとめ

 

ということで世界5大ウイスキーの紹介でした!

同じウイスキーと言っても、その地域によって製法も原料もまるっきり違うウイスキー造り

ウイスキーの味わいもそれぞれに個性があるので、飲み比べてみると面白いと思います!