最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

ガラスだけじゃない!おしゃれなデザインのウイスキーボトルまとめ!

ウイスキー飲むだけじゃなく、集めて飾っておくのも好きな筆者!

やっぱりどうせ買って飾っておくなら、かっこいいボトルが欲しい!

 

ということで今回は、ウイスキーボトルの中でも特に変わった形のデザインのボトルを紹介しようと思います!

 

 

ガラスだけじゃない!おしゃれなデザインのウイスキーボトルまとめ!

 

f:id:saikootoko:20200705034030j:plain

引用元:https://www.lifestyleasia.com/sg/food-drink/drinks/things-you-need-to-know-about-royal-salute-whisky/

 

 

ロイヤルサルート

 

 

「変な形のボトル」と聞いて、真っ先に思い浮かべる人も多い銘柄がこれ!

英国女王エリザベス2世の戴冠を記念して造られた、とても高貴なウイスキーであるロイヤルサルート

もはやガラス瓶ではなく、フラゴンと呼ばれる特殊な陶器製の器にウイスキーが詰められています

100m先から見ても、「あ!ロイヤルサルートだ!」と見分けられる、おそらくウイスキー界で一番特徴的で変わったボトル(笑)

 

ロイヤルサルートについてもっと詳しく知りたい人はこちら!

www.piroriro.com

 

 

プラット・ヴァレー・ストーン・ジャグ

 

 

アメリカ・ミズーリ州で造られるコーンウイスキー銘柄で、こちらも変わった形の陶器製のボトルが有名

同じ陶器製でも、ひとつ上で紹介したロイヤルサルートとは異なり、どこか懐かしくカントリーな雰囲気が漂う、古き良きデザインのボトルです

 

 

ディンプル

 

 

ボトルの側面が大きくえぐれていることで有名なスコッチウイスキーブランドであるディンプル

なんだか少しでもウイスキーの量をごまかすための水増し手段にも見えますが、

他の銘柄と同じくしっかりと700ml入ってます(笑)!

ボトルのくぼみは、「ディンプル=えくぼ」の意味を持つブランド名の象徴で、実は、ジョニーウォーカーバランタイン、シーバスリーガルに次ぐ世界第4位のブレンデッドスコッチブランドです

 

 

クーパーズタウン ディスティラリー アブナー・ダブルデイ ベースボールバーボン

 

f:id:saikootoko:20201002173154j:plain

引用元:https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=クーパーズタウン%20ディスティラリー%20アブナー・ダブルデイ%20ベースボールバーボン&ei=UTF-8&ts=100&aq=-1&ai=205a256d-090d-4628-acd6-54c609f52bb7&fr=top_ga1_sa#1a1d076fb4fe345c50655cd469899fa46d9905f3d715e66c8563aee13c914270

 

野球発祥の地と言われている、ニューヨーク州オチゴ郡クパーズタウンで造られているバーボンウイスキー

野球の街に乗じて、ウイスキーのボトルも野球ボール型になっています

また、クーパーズタウンには野球殿堂博物館もあり、イチローがメジャー最多安打を記録した際のユニフォームなど、メジャーのこれまでの歴史を一挙に見ることができる野球の聖地!

ちなみに、日本仕様のボトルは、箱に描かれるスコアボードが、しっかりと日本が勝利したスコアになっていたりと、意外と芸が細かい・・・(笑)

 

 

オールド セントアンドリュース クラブハウス

 

 

野球ボールのウイスキーボトルがあるかと思えば、ゴルフボールもある!

こっちはゴルフの聖地と呼ばれるイギリスのセントアンドリュースで造られるウイスキーで、一目でゴルフボールと分かるデザインとなっています

また、ゴルフボールを表現するために、複雑な彫刻がガラス瓶に施されており、光に当たるとキラキラと輝いて綺麗です

ちなみに、よく見ると真ん中のライオンの紋章がちゃっかりゴルフクラブを持っているのが、ちょっとかわいいです(笑)

 

 

サントリー ウイスキー ローヤル 干支ボトル

 

 

サントリーが毎年、数量限定で発売しているのが干支ボトル!

昭和57年から毎年発売しており、美濃焼のやきもので、ひとつひとつ手作業で造られたボトルは、もはや工芸品!

一度買うと、12年分全て揃えたくなること間違いなしのウイスキーです!

ちなみに、ボトルのデザインが凄すぎて忘れがちだけど、中身はサントリー ローヤルが使われています

 

サントリーローヤルについてもっと詳しく知りたい人はこちら!

www.piroriro.com

 

 

ニッカウヰスキー フロム・ザ・バレル

 

 

もはやここまで紹介してきたウイスキーボトルが強烈すぎて、なんか大したことなく見えるけど、地味に変わったデザインがニッカのフロム・ザ・バレル

ブレンダーが普段、研究室で飲んでいるウイスキーを消費者の人たちにも味わって欲しい

というコンセプトで造られており、ボトルは研究室の試験瓶をイメージしてデザインされています

ちなみに、デザインを担当したのは、「明治 おいしい牛乳」のデザインもした、実はすごいデザイナー

 

フロム・ザ・バレルを実際に飲んでみたレビューはこちら!

www.piroriro.com

 

 

ジョージアムーン コーンウイスキー

 

 

試験瓶つながりでもう一つ紹介したいのが、ジョージアムーン!

てか、そもそも無色透明な液体なので、

 

これはウイスキーじゃない!!

 

と思う人も多いだろうけど、これ熟成期間たった30日ほどのウイスキーで、着色する前にボトリングが行われています

というのも、「ジョージアムーン」というブランド名は密造酒を意味する「ムーン・シャイナー」から取られており、このボトルはかつての密造酒を再現したウイスキーとなっています

100均でも売ってそうな安っぽいビンに、透明な液体・・・

見るからに怪しいウイスキーです(笑)

 

 

カバラン チューブボトル

 

f:id:saikootoko:20201002173433j:plain

引用元:https://www.amazon.co.jp/カバラン-カバラン50ml-チューブボトル(10本)ギフトセット/dp/B07C24X9W5

 

台湾の新興ウイスキーブランドであり、誕生からたった2年で世界の頂点に登り詰めたとんでもないウイスキー蒸留所であるカバラ

ウイスキー好きなら誰もが憧れる、どえらいブランドですが、ここも面白いボトルを出しています!

それが、10種類の味を楽しめるテイスティングセット!

10種類のウイスキーが、まるで理科の実験の試験管のようなボトルに詰められており、カバランの様々な味わいを楽しみたい人はもちろんのこと、飾っておいても面白いボトルです!

ちなみに、筆者個人的には、なんだかバイオハザードで見るような、ヤバいウイルスが詰められている容器みたいで、とてもかっこいいです中二病

 

カバランについてもっと詳しく知りたい人はこちら!

www.piroriro.com

 

 

ハイランドパーク 12年

 

 

2017年にボトルデザインを一新したハイランドパーク

新デザインでは、ノルウェーの壁画のデザインがボトルに刻まれており、まるでガラス細工の彫刻のように美しいです

ちなみに限りなくノルウェー寄りのスコットランドで造られているハイランドパーク

あえて隣国のノルウェーの象徴をボトルに取り入れる反骨精神が、ちょっと面白いです・・・(笑)

 

ハイランドパークを実際に飲んでみたレビューはこちら!

www.piroriro.com

 

 

I.W ハーパー 12年

 

 

宝飾品を思わせるような複雑なカットが施されている、通称:クリスタルデキャンタボトル

都会的で洗練された異質のバーボンウイスキーであるI.W ハーパーを象徴するようなデザインで、間接照明の前に置くと、キラキラと輝く姿がとても美しいです!

 

I.W ハーパーについてもっと詳しく知りたい人はこちら!

www.piroriro.com

 

 

ブラントン

 

 

凝ったデザインのボトルで忘れちゃいけないのがこれ!

アメリカを代表するプレミアムバーボンブランドであるブラントン!

競馬が盛んな街で、世界屈指の名馬の産地としても有名なケンタッキー州を象徴するかのように、ボトルキャップには馬の彫刻が施されています

ちなみに、この馬の彫刻、重厚な金属で造られており、かなり重い!

もしも投げて人の頭に当たったら、スコッ!って刺さるんじゃないかってぐらい、絶妙な重さをしています

筆者はよくブラントン飲んで酔っ払ってくると、壁にダーツがわりに投げたい衝動に駆られます(危険です。絶対にやめましょう)

 

ブラントンについてもっと詳しく知りたい人はこちら!

www.piroriro.com

 

 

まとめ

 

ということで!

変わったデザインのウイスキーボトルの紹介でした!

 

奇抜なデザインのボトルって、

 

もはやネタ枠で、味は大したことないだろ・・・(笑)

 

って思う人も多いだろうけど、上で紹介した銘柄って、意外と味もしっかりとしている銘柄が多い!

 

そんなわけで、部屋のインテリアにはもちろん、おしゃれな夜のひとときを満喫するウイスキーとしても、上で紹介したウイスキーはおすすめですよ!

 

ちなみに、筆者はブラントンが大好きです!