最愛の彼女に浮気された男の努力記

彼女に浮気されてフラれた車好き25歳。起業してお金持ちになってスーパーカー買ってもう一度彼女を振向かせるまでの記録。

【初心者向け】グレーンウイスキーとは?おすすめ銘柄と特徴・違いを解説!

ウイスキーを好きになってくると、「グレーンウイスキー」という言葉をよく見かけると思います

クセが少なく、ウイスキー初心者でも飲みやすいウイスキーとして、世界中で流通しているグレーンウイスキー

また、安くておいしい銘柄が多く、毎日の晩酌のお供にもおすすめ!

ということで今回は、グレーンウイスキーについての定義や特徴、またおすすめ銘柄を紹介しようと思います!

 

 

【初心者向け】グレーンウイスキーとは?おすすめ銘柄と特徴・違いを解説!

 

f:id:saikootoko:20200831224147j:plain

引用元:https://www.financialexpress.com/economy/gst-impact-on-food-grains-it-is-win-win-win-situation-for-traders-fci-and-centre/795051/

 

ウイスキーとは?

 

f:id:saikootoko:20200831212743p:plain

引用元:https://www.kilcamblodge.co.uk/blog/around-scotland/scotch-whisky-secrets-how-its-made-plus-the-difference-between-single-m

 

そもそもウイスキーってどんなお酒かご存知でしょうか?

ウイスキーとは、大麦麦芽やとうもろこしなどの穀物を原料にして、発酵、蒸留を行い、最後に樽で熟成させたお酒のことを言います

ちなみに、原料はビールとほぼ同じで、製造工程も発酵まではほぼ同じ!

ウイスキーとビールの違いは蒸留と樽による長期熟成を行っていることで、ビールを蒸留するとウイスキーの原酒とほぼ同じになると言われています

また、熟成により樽の木の成分が溶け出すことで、ウイスキーの褐色の液色と独特の風味が生まれます

 

グレーンウイスキーとは?モルトウイスキーとの違いは?

 

f:id:saikootoko:20200831212605j:plain

引用元:https://www.express.co.uk/news/uk/806931/scotch-whisky-barley-crops-drought-threat

 

大麦麦芽やとうもろこしを原料として造られているウイスキー

この原料をとうもろこしや小麦、ライ麦などの穀類を主原料にして造られるウイスキーを「グレーンウイスキー」と呼びます

グレーンとは英語の「穀物」を意味するGrainを指し、大麦麦芽のみを原料とするモルトウイスキーに比べて、クセが少なく軽やかな味わいになるのが特徴!

また、グレーンウイスキー造りには、18世紀後半のイギリス産業革命で誕生した「連続式蒸留器」が用いられています

これによりモルトウイスキーで主流の「単式蒸留器」でいちいち中身を入れ替える必要がなくなり、短時間でアルコール度数の高いウイスキーを大量生産できる仕組みが生まれました

 

グレーンウイスキーの役割

 

f:id:saikootoko:20200831214217j:plain

引用元:https://blog.thewhiskyexchange.com/2017/05/what-is-blended-whisky-a-beginners-guide/


個性が強く蒸留所ごとの性格が現れているモルトウイスキーに比べて、クセがなくおだやかな味わいが特徴のグレーンウイスキー

あまりそのまま飲まれるということは少なく、ほとんどはブレンデッドウイスキーと呼ばれるウイスキーの原料として使われます

ブレンデッドウイスキーは、モルトウイスキーとグレーンウイスキーブレンドしたタイプのものを指し、誰にでも飲みやすい味わいが特徴です

ここで大きな役割を果たしているのがグレーンウイスキーで、たいていのブレンデッドウイスキーは、グレーンウイスキーの比率が高く、骨格として使われています

ということで、蒸留所ごとの個性が豊かなモルトウイスキーを薄めるための原料と思われがちなグレーンウイスキーですが、実はブレンデッドウイスキーの主役的存在として重要な役割を果たしています

 

グレーンウイスキーのおすすめ銘柄

 

f:id:saikootoko:20200831213423j:plain

引用元:https://www.liquor.com/articles/single-grain-whisky/

 

ほとんどがブレンデッドウイスキーの原料として使われるグレーンウイスキー

しかし、中にはグレーンウイスキー100%で商品化された銘柄もあり、軽やかで飲みやすい口当たりは、女性やウイスキー初心者の人にも人気となっています

また、近年はグレーンウイスキーの特徴を極限まで高めた、プレミアムな銘柄も多く発売されており、モルトウイスキーとは異なる魅力で市場の人気を掴んでいます

ここからは世界各地の代表的なグレーンウイスキー銘柄を紹介しようと思います!

 

サントリー ウイスキー知多

 

 

グレーンウイスキー製造を専門にする愛知県のサントリー知多蒸留所で造られるシングルグレーンウイスキーが「知多」

世界的にも珍しい「グレーン原酒の造り分け」を行っており、ホワイトオーク樽やワイン樽など、多様な樽熟成を組み合わせて、グレーンウイスキーの風味を最大限に引き出しています

また、熟成前の原酒も合計3種類を造り分けているというのが知多のすごいところ!

力強い穀物の香りが特徴の「ヘビータイプ原酒」、すっきりとした「クリーンタイプ原酒」、旨味があり、マイルドな口当たりの「ミディアムタイプ原酒」の3つを、サントリーのブレンダーが絶妙な組み合わせを行うことで、バニラのような甘い香りやフルーティーで濃厚な風味を生み出しています

CMでもおなじみの、「風香るハイボール」として楽しむことはもちろん、グレーンウイスキーとは思えない複雑で濃厚な味わいは、ストレートで飲んでも十分に楽しめる世界的にも人気の銘柄です!

 

サントリー ウイスキー知多をもっと詳しく知りたい人はこちら!

www.piroriro.com

 

 

ニッカウヰスキー カフェグレーン

 

f:id:saikootoko:20200831213804j:plain

引用元:https://product.rakuten.co.jp/product/-/6012b93f95ef8b1ca3dda75392e7dab5/


世界的にもいち早くグレーンウイスキーに着目し、グレーンウイスキーを商品化するさきがけとなったのがニッカウヰスキー カフェグレーン!

グレーンウイスキー製造の主流である連続式蒸留器よりもさらに旧式の、「カフェ式連続式蒸留機」という蒸留器で製造を行っており、世界的にもニッカウヰスキーぐらいしか使っていないようなとても珍しい製法で造られています

グレーンウイスキー特有の軽やかな口当たりはそのままに、蜂蜜、チョコレート、カスタードクリームのようなコクのある甘みも感じられ、飲み手を選ばない甘いウイスキーとして評判です

最近は世界中で評判になっているおかげで品薄状態が続いているので、もしも売っているのを見かけたらぜひ買ってみたい1本!

 

ニッカウヰスキー カフェグレーンをもっと詳しく知りたい人はこちら!

www.piroriro.com

 

 

まとめ

 

軽やかな味わいで誰にでも飲みやすいグレーンウイスキー

最近はシングルグレーンウイスキーの人気も高まり、次々と新商品が発売されている注目のウイスキーでもあります

また、シングルモルトウイスキーに比べて価格が安めの銘柄が多いというのも嬉しいポイント!

モルトウイスキーと飲み比べてみると、かなり特徴が違うので、きっとウイスキーの世界が広まり、新たな楽しみが生まれるはず!